一年を振り返って

 早いもので,今年も残りわずか。事務所も明日で閉める。
 社会には悪いことが多く起こった一年だったが,私自身にはとても良い年であった。理由は,3つ。
 
 1つには,仕事のペースが自分なりに掴めてきたのである。1つ1つ着実にこなせるようになったと思う。思い起こせば,最初の頃はあたふたしていたかもしれない(そうは見えなかっただろうけれど!?)。経験を経て,ずいぶんと慣れたのである。

 弁護士になって思うのだが,生の相談を受けてお金を貰う以上,勉強にも身が入るし,実際に身についていく。振り返って,検事のときは扱う法律が限られるし,何といっても公務員の限界がある。依頼者の信用を得て,依頼者のために最大の利益を図ろうという発想はそもそもない。国会議員のときは扱う法律は幅広くて面白いのだが,これは法律の実務ではない。

 今日は火曜で,通常は大学に行くのだが,冬季休暇に入り,すごい雨の中,事務所に来た。昨日依頼された案件に早速取りかかっている。性格がイラチのせいか,ためておくのが好きではなく,すぐにやるのである。もちろん勉強や法律が好きだということがある。仕事が好きなのである。このところ,受任したのに仕事にいっこうに着手しないと懲戒を申し立てられる弁護士が相次ぐが,その人たちはどだいこの仕事に向いていないのであろう。
 弁護士を趣味でやれたら最高だねと言う弁護士がいたが,私はたぶんそれであろうと思う。いろいろな方々に助けられ,維持費や収益をあまり気にすることがないのは本当にありがたいことである。

 理由その2は,「りぶる」12月号でも書いたが,自分でも信じられないほどピアノが上達したからである。今「熱情」を弾いていて,来夏の発表会には,ベートーベンの最難曲ソナタ,ハンマークラビアに挑戦する予定である。成果が如実に形として現れることほど嬉しいことはない。

 理由その3は,先の理由2つとも関連するが,人生の達人に少しだけ近づいたことである。

 まずは時間の使い方が非常に上手になった。人生は時間。いい人生を送るためには時間を賢く使わなければ。そんなことがようやく分かってきたのである。
 加えて,性格の改造。生来短気なのを,できるだけ抑える。人はそれぞれだと寛容になる。人がやってくれることに感謝して,やってくれないことに憤らない。つまりは全体に丸く優しくなる。面白いもので,自分がそうなると人も丸く自分に接してくれるものである。他人は自分を映す鏡なのだ。
 来年はこれを土台に,さらに充実した年にしたいものである。
 この1年,どうもありがとうございました!! 来年もどうぞよろしく。
カテゴリー: 最近思うこと   パーマリンク

コメントは受け付けていません。