『交通事故で息子を亡くしました。裁判の被害者参加とは何ですか』

自由民主党月刊女性誌「りぶる7月号」
カテゴリー: 執筆 | コメントは受け付けていません。

日大アメフト事件に思うこと

もうずいぶん日にちが経ったように感じる。多くの記者の前で単独会見に応じた宮川選手は,その真摯な受け答え,逃げない態度で,日本中の共感を得た。まだ20歳(私の周りには(反則だとすぐに分かる)あんな下手なタックルをして,と非難していた変わり者が約1名いた)。

どう考えても,直ちに記者会見に応じるべきは監督なり大学側であって,学生(=顧客)を守ることこそが彼らの使命である。それを放棄し,学生を単独で会見に応じさせるなど,一体頭の回路はどうなっているのだ!? そのあとようやく会見に応じた監督とコーチの一部始終は,聞くに耐えなかった。学生が指示を取り違えたとの弁解は,客観的事実とまるで合わないし,醜い責任回避であるのが明瞭に見て取れる。もし万歩譲って事実がそうであったとしても,自らがひとり被り,一切の責任は自分にあると言い切るのが上に立つ者の流儀である。まあもちろん,そんな人たちであったならば,こうした反則行為及びその後のひどすぎる対処は起こりようがなかったのだが…。

今に至るも理事長は雲隠れしたまま,一言の発言もない。会社が不祥事を起こした際,もし当の課なり部が対応するだけで社長が表に出てこなければ,あるいは出てきてもその対応を間違えれば,その会社は潰れる。そんなことは今どこでも常識だが,この大学には組織としての危機管理能力が完全に欠如している。日本の大学で初めて危機管理学部を作ったと喧伝されていたが,今となっては悪いジョークにしか聞こえない。

日大は,今流行りの第三者委員会に事実調査を委ねることで(内田監督・井上コーチが告訴されたので,警視庁による捜査もあるが),当座の責任逃れをし,時間稼ぎを意図している。監督が大学の経営権を握っているという事態はよく分からないのだが(通常の大学ではそんなことはないはずだ),内田前監督は理事長に次ぐナンバー2の常務理事であり,田中理事長は相撲部総監督でもある。彼らが膨大な日大予算を握り人事権も握っているようでは,周りはイエスマンばかりになり,どんな不正行為もまかり通るようになっていたであろう。国からの多額の私大補助金は適正に使われていたのだろうか。私腹を肥やしていたのではないだろうか。

宮川君を含む多くの日大生,同窓生,関係者が気の毒で仕方がない。就職戦線で,日大の学歴が不利に働くことは大いに考えられる。でなくてもあちこちで,日大卒です,と胸を張って言えない事態を招いた責任をどう考えるのだろうか。いずれは日大経営陣は総取っ替えされるのだろうが,その後はどうなるだろうか。

しかし,宮川君の勇姿を見て,改めて思うことがあった。20歳の学生が「加害者」として顔と名前を出して堂々と受け答えをしたのに,なぜ,福田事務次官のセクハラ「被害者」は記者という立場でありながら,なぜ堂々と顔と名前を出して,思うところを述べないのか。アメリカで今にわかに流行になっている?セクハラ告発運動は当然ながら,実名で名乗り出ている。自らはリスクを取らない,蚊帳の外にいたまま相手を一方的に論難,告発できるというのがフェアでないことは普通の人であれば分かるはずである。女性だから保護されて当然と思うのだとしたらそれは甘えであり,そもそもが自らを男性に劣後させている証左である。女性であることを利用してネタを取るのはOK,その際卑猥なことを言われるのはNG…そんな勝手な理屈は通らない。

さて,ワイドショーを見るのは,よほど興味のある事件があった時だけだが,今は和歌山のドンファン,77歳富豪の怪死事件である。死因は覚せい剤服用による循環器不全。注射痕がないので致死量が服用されたと見るべきだ。少し前に,彼が全遺産を譲ると言っていた(遺言書はない)愛犬が急死しているが,これも覚せい剤服用だった可能性があるだろう(検視・解剖はされていない)。自死ではなく殺人だろうし,となると,その動機はもちろん金であろう。この2月に入籍していた22歳の若妻と家政婦はいずれも東京に家があり,互いに親しいらしい。死亡当日も両者家にいた。和歌山といえば,例のカレー事件だ。警察も鋭意,真実を明らかにしてほしいと切に願う。

カテゴリー: 最近思うこと | コメントは受け付けていません。

『離婚した夫に息子を会わせたくありません』

自由民主党月刊女性誌「りぶる6月号」
カテゴリー: 執筆 | コメントは受け付けていません。

新潟女児遺棄殺害犯人検挙に思うこと

連休明けの7日(月)、新潟で小学2年女児が猥褻目的で誘拐・殺害され、線路上に置かれて轢断されるという痛ましい事件が起きた。単線の電車通過わずか10分の間を縫って死体を置くのは土地鑑がなくては出来ず、目撃情報も様々寄せられていたので、早晩逮捕に至るとは思っていた。果たして、1週間後の昨日(14日)逮捕された23歳は、近所に住む男だった。少女に対する条例違反で書類送検された前科があるという。

この種犯人はほぼ例外なく、小児性愛者(ペドフェリア)である。新潟と言えば、去る28年前、9歳少女が誘拐された後、犯人の家の2階に監禁されたまま、9年余の後に発見された。犯行時28歳の犯人は、親に溺愛されて育った引きこもりで、事件当時は別の少女への強制猥褻未遂で執行猶予中の身だった。同種前科前歴者を洗うのがこの種捜査の常道なのに、全くの捜査対象外だったのは信じられないミスである。最高裁で懲役14年の刑が確定して、刑に服した彼は、すでに釈放済みのはずである。

奈良の、毎日新聞販売店員による小学1年女児誘拐殺害事件も記憶に残る。14年前、当時36歳だった男には強制猥褻の前科があった。死刑判決を受けた後控訴権を放棄し、死刑は執行された。昨年には千葉で、よりにもよってPTA会長がベトナム女児(小学3年)を殺害し、死体を遺棄した。逮捕後完全黙秘のまま、来月からようやく裁判員裁判が始まる。争点はただ一つ、犯人性だそうである。だが、真犯人を示す証拠はいくつもあり、犯人性が揺らぐことはない(彼でないのならば、他の一体誰が、女児を殺して死体を捨てたというのだ!?)。

やっていないのであれば、アリバイを上げるなりなんなり、その旨きちんと弁明すべきである。弁明することがない故の黙秘だとしか思えない。公判廷でも依然黙秘は続くはずで反省などまるでなく、裁判員の心証もさぞや悪かろう。真犯人たるもの、自分が犯した罪を心より反省して洗いざらい真実をしゃべり、遺族に対して心からの謝罪をすべきなのである。被害者が1人だとかにこだわらず、この種事犯にはどうか死刑判決をと心より願うものである。

こういった性癖は──誤解を恐れずに言えば──およそ治らないだろうと思っている。大体において、原因の分からない「病気」に治療法はないだろう。「病気」は自ら好んでなった訳ではなかろうし、遺伝その他未だに解明されていない原因があるのだろうとは思うが、無期懲役には仮釈放がつきまとう。小児性愛者については再犯のおそれが消えないとしてなかなか仮釈放が認められないと言われるが、いつまでも釈放しないわけにもいかない。性癖が治らない以上、釈放されればまた被害者を生むおそれがあるということだ。

被害者をいかにして作らないようにするか、アメリカでは小児性愛殺人者である隣人に娘を殺されたミーガン夫妻の運動により、性犯罪者の居場所を公開する法律が出来ている。犯人の人権というが、それをはるかに超えて、被害者の人権こそ尊いものである。自らを自力で守れない児童の場合はなおさらだ。電子監視装置をつけるなど、なんらかの方策を考えてもよいのではないだろうか。

今回の犯人は、近所に住む被害女児を物色済みだったと思われる。その日の決行を決めこみ、会社を休み、車で出かけた。女児が友達と別れて一人になった時に無理矢理車に乗せる。その後の行動は分からないが、女児を黙らせるなどの用意はしてあったと思われる。車内でわいせつ行為をし、殺害した。よくある弁解として、殺す気はなかったが抵抗されたので咄嗟に殺したというのがあるが、知らない場所であればともかく、近所なので、顔を見られたが最後発覚は必至であり、最初から殺す気だったと思われる。自分の欲望のためには人の命など歯牙にもかけない、人間の顔をした野獣が近所にいたのである。女児のご家族はもちろん、近所の方々の衝撃も計り知れず、慰めの言葉もない。

この後の死体遺棄行動はよく分からない。遺棄するのであれば、普通はすぐには見つからない所にするだろう。山に埋めるか海に捨てるか。死体がなければ、行方不明にしかならない。それをなぜ、すぐに見つかる場所に遺棄したのか。電車による轢断が死因だとごまかしたかったのか? であればあまりに稚拙である。酔っ払いでなし、自殺祈念もなし、線路に寝そべっているはずもない。当然ながら、死体解剖によって絞殺が死因だとばれてしまった。事件後、彼は会社に行かず自宅にも帰らず、車内で寝泊まりしていたようである。いつまでもそんな生活が出来ようはずもなく、逮捕された時にはおそらくほっとしたのではないか。素直に供述しているという。願わくば、本当のことを供述してほしい。それがせめてもの仏様への供養である。

最愛の奥様を、逆恨みした顧客によって理不尽にも殺害された岡村勲弁護士は、この20年来、全国犯罪被害者の会(あすの会)を作り、被害者の地位向上のために様々に尽力をされた。その結果、蚊帳の外だった被害者に法廷参加が認められ、質問及び独自の論告求刑ができるようになった。損害賠償請求も同じ手続きの中ですることができる。殺人などの時効も撤廃された。およそ隔世の感のある改革を果たした岡村先生も90歳になり、会も解散の運びになった。来月3日(日)午後1時、アルカディア市ヶ谷にて最終大会が開催される。一般人の参加も歓迎だそうである。

カテゴリー: 最近思うこと | コメントは受け付けていません。

明日から尾道に帰省、財務省次官のセクハラ騒動に思うこと

4連休の勉強用に、アマゾンをクリックして、3冊を仕入れた。経営やITの実務書だ。その日のうちに配送されるのは大層便利なのだが、宅配業者さんが気の毒にもなる。

日本中を騒がせた捕物劇で、尾道もすっかり有名になった。先月8日、愛媛県今治市から脱走した受刑者は、盗んだ車を広島県尾道市の向島で乗り捨て、以後潜伏していると思われた。警察犬なども投入しての両県警の大捜索にもかかわらず見つからず、結局、30日に広島市内で拘束された。丸23日の逃走劇である。供述によると先月24日、雨の中を泳いで本州に渡り、その後電車に乗って広島まで来たという。西に向かったのは、出身地の福岡に帰るつもりだったのか。

動機は、当初報じられていたとおり、刑務官に叱られて嫌になったことだという。刑務官と受刑者の関係はいわゆる特別権力関係であり、受刑者に規律や秩序を守らせることこそが刑務官の仕事である。それを、嫌だからと逃げ出すのは、学校や職場を逃げ出すのとは訳が違うだろう。職場では普通、嫌なことが多いので、もし社会復帰ができたとしてもすぐにまた逃げ出し、安易に窃盗稼業に戻っていく姿がつい想像されてしまう。受刑の繰り返しは社会復帰をますます難しくし、家族や故郷での人間関係も根こそぎ奪ってしまう(帰りを待っていてくれるのは老いた親だけである)。刑務所の主たる目的は、応報もさることながら受刑者を更生させることなのだが、実際には累犯者が多く、再犯率を下げることが大きな課題である。

受刑者を逃亡させない、万一逃亡すればすぐに身柄を確保できる態勢にするのは今後の課題だが、逃亡させないために今回の造船作業所のような開放処遇をなくす方向はどうか止めてほしいと思う。基本的には受刑者も社会に戻っていくべき存在だ。受刑のフィニッシュとして、急に娑婆に戻るのではなく徐々に、こうした開放施設で過ごすことは大事なことである。

財務省事務次官のセクハラ辞任は今でも大層後味が悪い。この人は酒に弱く、酒席での下品な発言はよく知られていて、お気に入りの女性記者を呼び出すこともよくあったという。超一流の学力や学歴が教養や知性と残念ながら一致しないのは、先ほどの新潟県知事と相通じるものがある。この女性記者も次官の性癖を知り嫌がっていたというから、まずすべきは、毅然とした態度で応じないことであった。

だが記者は出て行った挙句、予想済みのセクハラ発言を録音した。意図は、これを証拠に次官の首をとることだったと思われる(それによる安倍内閣の支持率低下を狙った? 麻生大臣の辞任、果ては内閣総辞職か? 一体、誰と共謀のうえだろうか?)。発表してくれと上司に言うと拒否され(オフレコの場での録音はルール違反であり、その後の取材に明らかに支障をきたすので、発表などできるわけがない)、あろうことか、マスコミに提供した。あとの騒動は知られた通りである。

「正当防衛」(刑法36条)は違法性阻却事由である。「急迫不正の侵害」が要件であり、予期された侵害に対しては成り立たない。本件でのセクハラ発言は「不正」ではあるが急迫性はないので、録音はもちろん防衛のためではない。積極的に利用するためなのを、被害者だとばかりに言うのはおかしいだろう。麻生大臣が「はめられた」と言って叩かれ、下村議員が「犯罪」と言って叩かれていたが、どちらも言葉が足りなかったのであって、その違和感はよく分かる。よく誤解されるが日本にはセクハラ罪はなく、違法な行為・言辞は民事上の損害賠償(慰謝料)の対象になるだけである。もちろん裁判に録音を持ち出しただけでは違法性は認定されず、二人の関係性、これまでの経緯、どういう状況でどういう発言がなされたのか、すべてを明らかにしたうえでの認定となる。

録音は怖い手段である。依頼者に録音を勧めると、「えっ、いいんですか?」と聞かれることもあるが、もちろん構わない。積極的にこちらから反訳を出すというよりむしろ、弾劾用である。相手が録音している場合、やり取りを合成される可能性もあるから、反撃用に証拠にとっておくのである。今回の録音では「被害者」の声音は消えている。一方的に、何の許可もなくされた録音が、編集されていない保証はどこにあるだろうか。もちろん、次官のぞっとするほど下品な発言自体は明白だし、こうした人が高位に就くべきではないという気持ちはよくわかる。だが一般の人であればともかく、記者がとるべき方法ではない。こうしたやり方は報道の自由にとって今後マイナスにしかならないと思われる。

セクハラ=被害者と一方的に決め込み、異議を差し挟むことを一切許さないのは民主主義とはいえないのではないか。民主主義は最終的には多数決によるが、言論の自由や反対意見の尊重があってこそ適性に機能するものである。「被害者」が匿名のまま、一切の動機・経緯を語ることなく、一方的な録音で「有罪」が簡単に決せられた今回の案件。野党などのヒステリックな対応には見せしめにも似たものを感じ、息苦しさを覚える。

カテゴリー: 最近思うこと | コメントは受け付けていません。