急に初夏…大谷騒動の結末

 一昨日から日中は半袖で良い気温になった。今日も26度になるとか、今頃からまさかの鍔広帽子を被り(もちろん素材的には夏っぽくないものにしているが)、初夏用の薄手のスーツを着て、中は半袖のインナーにした。事務所の窓を開け放し、暖房をようやく仕舞って、代わりに扇風機を出す。まだ4月もようやく半ばでしかないのに…。昨年10月末に和服を着てちょうどよい気温にやっとなり、1月~3月の行事には重宝していたが、雨がよく降るし風も強い日が多いし、しばらく着ないでいたら一気にこの暑さである。袷から単衣への衣替えは暦上は6月だが(7~8月は夏物)、前倒しで5月連休目処でよいとかねて言われるものの、この暑さでは、単衣でも汗だくになりそうだ。着物は冬は暖かくて重宝するが夏は大変である。下着、長襦袢、着物と3枚重ねるうえ帯でお腹を締める故である。絹の着物は自分では洗えないし、私はポリエステル製は持っていないし(ポリは洗えるが風通しが悪く、絹より暑い)、悪くするとこのまま秋まで着られないなんてことが、ある…?(ショック)

 大河ドラマ『光る君へ』は紫式部を主人公にした創作ドラマで、あまりに現代的な脚色が過ぎることもあり、ただピアノ協奏曲をメインにした音楽が出色で(脚本家・音楽家共に女性)見るというより聴いている。ベートーベンのピアノソナタ17番「テンペスト」3楽章のモチーフもゆっくりしたテンポで使われ、雅楽でなくても合うものだと感心したりする。しかし、いくら当時が今ほど暑くないとはいえ、十二単(実際はもっと枚数は少ないが)を着たら、どれほどか重いし(10キロ以上あったという)、また暑かったことだろう。素材はやはり絹ではあったらしいので、洗濯はどうしたのだろう。水でじゃぶじゃぶ洗うわけにはいかないからきっと洗わないままだったのだろうと思うのだが(現代でも洗いに出すと大変な作業となる)、汗まみれになれば匂うし、傷むし、どうしていたのだろうと関心がある。おまけにあの長い髪! くくって上げることもできないのでは、どんなにか暑かろう。

 ところで、大谷事件。私の推理は完全に外れ、大谷は全く関与せず(本人の声明通りである)、水原ひとりが勝手に送金をしていたということで、連邦裁判所に銀行詐欺容疑で起訴されたとのことである。金額は7億円どころか、24億円! なぜ大谷に知られることなくそんな勝手なことが出来たかといえば、当初の口座設定に水原が関わり、途中から勝手にパスワードなどを変更して、送金通知が大谷には行かないようにしていたとのことである。根っからの悪だなあとつくづく思わされる。報道によれば、大谷に成り代わって銀行に電話をしたともいうが、そんなことで銀行を信用させることなど、少なくとも日本では考えられない。日本の銀行の本人確認は大変ハードルが高く、老齢の親のために子供が金を引き出すことさえ委任状を出させたりその他大変な手続きが必要でる(もちろんキャッシュカードを使えば日に50万円限度で引き出すことは出来る)。大学の先輩が長年取引のある銀行で皆自分を知っているのに(彼はその銀行の役員で退職した)、電話で依頼をしても断られたと、嘆いておられたくらいである。

 なぜそんなにハードルが高いかといえば、損害賠償請求を恐れているからである。アメリカではその恐れがないのだろうか。24億円の被害は、水原本人からは取り返せない。本人に支払い能力がないからである。あとは違法な胴元(送金先)か銀行相手か。胴元は水原が違法賭博の主体でそれを大谷の口座から送金していることは分かっていたので、取り戻せるはずだが、実際にお金があるのかどうか(どこかに隠していると思われるが、その追及は捜査機関のやることである)。また、銀行は送金先が違法賭博胴元であることが分かっていたというから、そこに大谷口座から1万回以上とも言われる回数送金があるのに、怪しいと思ってストップをかけなかったのでは、請求されても仕方がないように思われる。銀行は保険に入っているので、賠償するとしても実害はないはずだ。銀行詐欺罪の構成において被害者である銀行が、過失がある以上民事としては損害賠償の責めを負うというのもありえる話と思われる。

 決着が早かったのは、いわゆる司法取引のせいである。アメリカでは9割の刑事事件が司法取引で決着する。アメリカの司法取引のほとんどは、被告人が罪を認めたり捜査当局に強力したりする見返りに検察官が求刑を軽くするなどの減軽措置をとる「自己負罪型」司法取引であり、これが成立すれば公判審理は行われず速やかに量刑の検討に入る。本来の刑罰よりも30~40%減軽されることが多いと言われる。銀行詐欺罪の罰則は「100万ドル以下の罰金もしくは30年以下の禁錮、またはその併科」とのこと。水原にお金はないので(保釈金400万円弱及び弁護士費用はどうやって払っているのだろう)、罰金の求刑はしないと思われるから、禁錮刑になるのではないか。金額は多額に上るし、犯行態様は悪質だし、いくらなんでも禁錮10年位はいくのではないか。

 ちなみに日本でも数年前司法取引を導入したが、アメリカで多用されている「自己負罪型」ではなく、非常に少ない「捜査公判協力型」のみである。法廷を開かず、当事者の取引で減軽するというのは日本人の正義感(メンタリティ)に合わないというのが理由である。捜査公判協力型というのは、基本的に組織犯罪において雑魚の協力を得て供述を引き出すために不起訴にするなどの特典を与えるというものだが、それでさえ、まだようやく4件の実施例のみである。どうやら、自分が助かりたいために捜査に協力する者(の供述)を信用できるか?という思いがあるようである。

 日本では不起訴は検察の裁量権として広範に認められ、刑事事件の約3分の2が不起訴となる(その以前に1万円以下の自転車盗など微罪処分も多い)。起訴のうち7割は略式請求(100万円以下の罰金)で公判を開くこともなく、その残りのみが正式な公判請求事案である。公判では被告人が有罪を認めても証拠調べは省けない。その理由だが、日本の法定刑は幅が広いので、起訴状記載の公訴事実だけでは適正な量刑が決められないということが大きいと思われる。犯罪なり犯罪者なり、あるいはその周りの環境なり、いろいろなことを知ってからでないと決められないのである。もちろん日本は幸いアメリカのように刑事事件が多くはなく、ベルトコンベヤーに乗ったような処理をしなくても済むということも大きいだろうと思われる。

 

カテゴリー: 最近思うこと | 急に初夏…大谷騒動の結末 はコメントを受け付けていません

4月! 新入幕力士優勝、大谷のことなど

 3月は行事・会合続きで、事務所になかなかおられず(例年こんなに忙しかったかなあ。まあ、コロナで会合なしが続いていたせいもあるだろうが)、その合間を縫っていろいろ片付けていたという感じだった。4月になり、少しは楽になったかと思いきや、来週から大学が始まるし、やはりとにかく毎日が体力勝負である。体力なくして気力も知力もない。体調維持は仕事だから、早寝早起き、健康的な食事、そして出来るだけ歩くことは必須である。タクシー代をほぼ使わなくって久しい。

 さて毎日テレビ観戦でわくわくしていた大相撲(大阪場所)が劇的に終わった。新入幕尊富士(24歳)の13勝2敗という素晴らしい成績(負けたのは大関豊昇龍と元大関朝乃山)。相撲内容が速攻相撲で素晴らしく、文句のつけようのない圧倒的な強さかつ技能であった(三賞も受賞)。1月場所観戦のとき、十両にいたこの人を知らなかった(読み方も分からなかった)のは、初関取だったからで(十両も優勝)、昨年は幕下にいたからだと今回分かった。所要10場所で幕内優勝、この間計10敗という驚異的な強さである。青森出身だが、鳥取城北高校→日大という相撲エリート校に在籍しながら、怪我でさほどの成績は残していない。大卒といえば幕下10枚格付け出し(遠藤、御嶽海、そして大の里)のイメージが強いが、彼はいわゆる叩き上げである。

 稀勢の里の弟子である大の里(23歳)も期待の力士で、この2人が今後大相撲を引っ張っていってくれるだろうと期待している。くれぐれも怪我に気をつけてと願う。その反面、横綱休場、大関が4人もいて優勝争いに絡まないのだから、一体番付の意味はどうなっているのだろうと思わされた。三役が新鋭の壁になるどころか、あっけなく完敗したりして、一体どちらが大関か分からないような取組は、気持ちの良いものではない。それぞれ稽古方法も見直して、鍛え直してほしいと願うばかりである。白鵬については身から出た錆だと思うが、その増長を長年にわたって許していた相撲協会は、決して単なる被害者ではないはずだ。理事長に何のお咎めもなく、あまつさえまた2年やるって、それはおかしいのじゃないか。やはり体制として抜本的な刷新が必要だと思わされる。なにせ1リーグの独占企業だし、力士は自分の意思で他の部屋に替わることもできないのである。

 大谷の案件。通訳である水原に口座管理も完全に任せていて、7億円もの高額な金が知らないうちに送金されていたというのは、もしそれが本当ならばずいぶん間抜けな話だし、実際そんなことが出来るだろうかという根本的な疑問がある。一回の送金には限度額があり、多数回にわたって送金しなければならないし、その都度本人のスマホなり何なりに通知が来るようになっていないだろうか。水原としても、バレれば解雇が待っているのだ。私が考えているのは、水原が、連帯保証人になったか何か、家族なり友人のことで多額の借金を背負ったと嘘を言い、水原を信じきっている大谷は送金の許可を与えたというストーリーである。大谷としてはそれで終わっていた話が、送金先が違法賭博胴元で、そこに捜査が入って、大谷の送金が分かり、結局水原の嘘もバレて、大谷が巻き込まれたということではないだろうか。となると、大谷は窃盗被害ではなく詐欺被害ということになり、どのみち被害者であることに変わりはない。大谷自身が賭博をやっていて水原はスケープゴートだという悪意の見方をしている人がいるが、大谷は一切の遊興に興味が無く、野球一筋で来た人間であり、それはありえないと思う。

 水原は学歴も詐称している。根本的に詐欺師の素質があるのだ。詐欺師は人に取り入るのがうまい。欺しているとの認識もなく、ごく自然に嘘が口をついて出るから、誰もが本当のことだと思ってしまうのだ。長年にわたって信じ切り、一番親しかった人間に裏切られた大谷の痛みは相当のものだろうと思う。ちょうど、支えになってくれそうな方と結婚していて、本当に良かった。詐欺師かつギャンブル狂に、まともな金銭感覚などあろうはずはなく、おそらく他にも借金だらけで、真っ当な人間関係はおよそ営めない人だと思っている。人間は、自分の分かる範囲でしか物事を認識できないので、真っ当な人間ばかりの間で育った人にはこういう人間がいるとさえ想像もつかない。

 しかし、いるのだよなあ、まともな金銭感覚のない人が。事件関係者(被疑者)がそうならば大して驚きもしないが、例えば普通に公務員を長年にわたって勤め、かなりの給料を貰っていながら、60歳位にもなって、ほとんど一銭の貯金もないといった人が実際いるのである。銀座での豪遊とかホストクラブとかではなく、ちょっとした飲み食いなどで、今あるだけを使ってしまうのだ。もちろんすぐにタクシーに乗るのは当然のこと。まもなく定年になり、年金は支給されるだろうが、給料に比べて微々たるものなのに、生活感覚は直らないから、老後破産まっしぐらである。くらばらくわばら。人間の本質はなかなか分からないものだから、何かおかしいと感じたら、以後決して関わらないようにしなくてはいけない。

カテゴリー: 最近思うこと | 4月! 新入幕力士優勝、大谷のことなど はコメントを受け付けていません

『負債だけを残して亡くなった知人。ご家族がふびんでなりません。』

自由民主党月刊女性誌『りぶる』2024年4月号

カテゴリー: 執筆 | 『負債だけを残して亡くなった知人。ご家族がふびんでなりません。』 はコメントを受け付けていません

『運動脳』の感想など

 3月に入って1週間が経った。この間予期せぬことも起こったりして、バタバタしていたが、今日は金曜日である。金曜朝に目覚めるときはとても嬉しい。今日一日を乗り切れば明日週末なのだから。窓から外を見ると、懸念されていた雪は降っていない! 雪予報が外れたのだ。ああ、なんとラッキーなことだろう。今日はまもなく大学に出なければならないのだが、もし雪だったら大変だった。

 知人から強く勧められていた『運動脳』(アンデシュ・ハンセン著)をようやく読んだ。著者はスウェーデンの精神科医である。基本的に脳に関する話なので専門用語も頻繁に登場するのだが、そこいらはさらっと流して要約すれば、脳を健全に保つためには「運動すべし!」。人間の体は脳を運ぶための容れ物に過ぎない。鬱病に対して、抗うつ剤を飲むのと変わらない効果を運動はもたらし、認知症や老化を防ぐのも運動である。筋トレではなく、いわゆる有酸素運動だ。少しのジョギングで良く、ジョギングが難しければ歩くことである。散歩をすると体も脳もリフレッシュする。起案で煮詰まったときに事務所近くの千鳥ヶ淵をよく散歩したが、その折りにいい案も浮かんで、新鮮な気持ちで起案が出来たのは実証済みである。というわけで、とくに目新しいわけではなかったが、人類の長い歴史からの解き明かしや歴史上の偉人らの話も盛りだくさんで、教養書としてもお勧めである。とにかく歩くこと! 運動嫌いなのに幸い歩くことは好きなので、タクシーにはついぞ乗らないため、無駄なお金もかからず、一石二鳥である。

 ところで、昨夏の例の自民党女性局事件のとき、同行者であった弁護士出身広瀬めぐみ参院議員のことについても触れたが、この度やってくれました! 週刊新潮に不倫記事が掲載されたのである。男との写真は昨年10月に撮られたものなので、世間を騒がせたその事件から何ほども経っていない。そのことにまずは呆れた。この方、反省とか恥とか、きっと無縁に生きてこられたのであろう。写真を撮られたのがまずかっただけで、何が悪いと未だに思っておられるように思う。赤いベンツを自ら運転して、ひときわ背の高い外国人と堂々と2人で歩いているのだから、見せびらかしたかったのかもしれない。不倫をやるならば、せめてこっそり、見つからないようにやらなくては。それが社会のルールというものである。「秘すれば花」と世阿弥もおっしゃっておられる。

 この件に関して、不倫は犯罪ではない、夫が許したのなら周りがとやかく言うことではない、と某コメンテーターがのたまっていたが、それは違う。姦通罪は戦後刑法から削除されて犯罪ではなくなったが(韓国ではわりと近年まで残っていたし、イスラム圏では未だに立派な犯罪である)、違法ではあり、だからこそ離婚原因になるし、慰謝料請求原因になるのである。要するに違法にはレベルがあって、犯罪とされるのは最も違法のレベルが高いだけである。この方、弁護士なのだから、まさかそんなことを知らないはずはないだろう。このコメンテーターにお聞きしたい。お金を借りて返さないのは盗んだのではないから犯罪ではないのですが、そうしたらそれはいいのですかと。もちろんダメだというであろう。債務不履行は立派に損害賠償の対象である。姦通罪が未だに犯罪である国があるのと同様、債務不履行が犯罪の国は普通に存在しているのである。

 もちろんこの方が一般人であれば、写真週刊誌も寄ってはこなかった。公職故なのである。そして公職にあることを本人が自覚して身を引き締めなくてどうするというのだろうか。かつて公職に就いたことがないので分からない、今回国会議員になったのが初めてなので…なんて寝ぼけたことを思っているのだとしたら、即刻辞職すべきである。あまりに軽すぎる。同じ弁護士としても情けなさすぎて、言葉もない。

カテゴリー: 最近思うこと | 『運動脳』の感想など はコメントを受け付けていません

明日から3月…

 最近気がついた。この7月で法律事務所を開いてからちょうど20年になることに。検事15年余、国会議員6年で併せて21年、それにほぼ匹敵するのである。だが、濃さは全く違う。一つにはこの間事務所も自宅も引っ越していないので代わり映えがしないということもあるし、年齢的なことも大きいだろう。経験的に言えることだが、加速度的に年月は早く経っていく。

 先般来られた方が言われた。こんな広い事務所では勿体なくないですか? もっと安い所に替わるか、あるいは自宅を事務所兼用にすればよいのではないですかと。長年の親しい方なのでもちろん悪気はないのである。10年近く前になるが、そろそろ事務所を替わってもよいなと思いあちこち見て回ったけれど、せせこましかったり見晴らしが悪かったり、結局今以上の所はないとの結論になった。賃料を月10万円位安くすることはできるかもしれないが、引っ越し代、原状回復やその他、移転に伴う多大の費用やストレスを考えると、全くもってペイしない。とにかくここは場所が良い。大通りから離れているので静かだし、千鳥ヶ淵すぐだし、まもなく桜が咲くと思えばワクワクする。せっかくの人生、衣食住の、とくに住は大切にしたいのである。

 事務所と自宅を近くにすれば便利だと、実は20年前、事務所近くの賃貸マンションを探したことがあるが、景観や日当たりその他今の自宅以上の所は全くなかったし、第一、職住があまりに接近していると、ストレスの軽減ができないのである。まして自宅に事務所を置けば、事務所賃料が不要のうえ税金も大きく減らせるものの、通勤がなければ私の運動はゼロになる。それに週末も夜も、ずっと仕事を引きずることになる。挙げ句は仕事を忘れたくて、気分を変えたくて、自宅から離れたくなる図が容易に想像出来る。あれやこれや、結局やはり今の生活をできるだけ続けようとの結論に達した次第である。

 私は不動産は所有しない主義で賃貸で良いのであるが、困ったことには近年、事務所用も居住用もどこも定期借家権に切り替えていて、それもあって新しい所に引っ越すのは難しくなっている。従来の借家権だと自動更新であるし、大家が自ら住むなどの「正当事由」があるか相応の立退料を払わない限り退去を求められないが、定期借家だと次の契約を結ばない限り出ていかざるをえず、賃料も上げられればそれまでなのだ。買うつもりはないのに、マンションのチラシはよく入っているので見てはいるが、2億円は普通で5億円位のマンションも珍しくもなく、一体どういう人が買うのだろうかと不思議で仕方がない。5億円だと単純に計算して50年住んでようやく年間1000万円である。おまけに管理費修繕積立金が月20万円!固定資産税は多大だし、修繕すべて自分持ちだ。一軒家ならば土地だけは残るが、マンションでは資産価値も目減りするばかりである。まして相続させる者のない私には使用料のみの話だから、絶対に賃貸に限るのである。

 今日は閏年の29日。これまで本当にたくさんの人に知り合ったが、親しい人はその中でごく一部である。亡くなられた後、折に触れて思い出す人もいて、生きていてくれればこの話が出来たのにと懐かしい人もいる。去る者日々に疎し、で、いないことにもだんだんと慣れてくるのだが、会いたい人懐かしい人にはできるだけ会っておきたいと思うようになった。昔の職場の方が上京する折りに訪ねてくれることがあり、本当に有り難いと思う。今日昼は、かつての顧問先が来てくれ、近くのインド料理店でランチをした。今、政治倫理審査会を見ている。

カテゴリー: 最近思うこと | 明日から3月… はコメントを受け付けていません