異様な暑さが続きます,7月は終わり

言っても仕方がないのだが,本当に暑い。「熱中症警戒」のテロップがずっと流れている。避暑地で有名な軽井沢も最近はあまり涼しくはないそうで,千葉県の勝浦市が涼しいと聞くようになった。実際30度を超えることも滅多になく,夜は窓を閉めないと寒いくらいだそうだ。一度行ってみたいと,勝浦に窯を構えて久しい陶芸家の知り合いに電話をしたら,明日から九州に帰り(老母が施設で一人暮らしをしているので毎年恒例だという),戻るのは1ヶ月後とのこと。避暑検証が目的なので是非暑いうちに行ってみたい。

この暑いのに,考えたら,私は滅多にタクシーを使わない。運動目的でせいぜい歩く,のはいいのだが,暑いときや雨のときや荷物の多いときにはタクシーを使えばよさそうなものだ…で思い出した。10年以上前の猛暑の夏,通勤の行き帰りはもちろん,裁判所に行くにもどこに行くにもタクシーを使ってほぼ歩かず,その額たるや月20万円にもなった。毎日1万円ほど使ったわけである。後にも先にもそんな額はないので覚えているのだが,なぜあのときはずっとタクシーで今は違うのか。その理由を思い出した。汗をかくとクリーニング代がかかるからである。すっかり忘れていたが,その頃私は猛暑でもスーツを着ていたのだ。他の季節と同様,マックスマーラかアルマーニ。高価なだけにクリーニング代も高い。それ以上に,クリーニング店に毎日持参し,取りに行くなど大変な手間である。比べればタクシーを使うほうがよほど合理的だったのである。

徐々に夏のスーツは,麻やサマーウールではなく,ポリエステルなど家で洗える類のものに代わっていった。素材の開発が進み,数年前からは冬のスーツですら家で洗えるものが主流となった。それに拍車を掛けたのがコロナである。オンラインでは良い物を着ている必要はなく,猛暑の夏はワンピースで十分である。昨年は今年ほど暑くはなかったので,薄手のスーツも着ていたが,今年は暑すぎるので日替わりワンピースである。もちろん家で洗えるものしか買わず,毎日洗う。すぐに乾いてアイロンも不要だから,便利このうえない。家事のうち料理と洗濯はとても好きである。

という次第で,クリーニング屋にはもう3年以上,行っていない。年に20万円位は浮いたかもしれない。美容院もカラーとトリートメントを止めてグレーヘアのカットだけになって1年半,これまた年に20万円位浮いたように思う(何より時間が浮いたのが有り難い)。ブランドの服も買わなくなり,どころか通販ばかりになって3年,アパレル代がまさに桁違いに安くなった。その分着物に使っていたはずが,これも嵌まって8年が経った今年,バタッと,熱が醒めてしまった。着付けのコツがマスター出来,一応すべての着物が揃い,TPOでの選び方・コーディネートの仕方も会得したのが原因と思われる。

着物は極端だったが,熱が醒めることはよくある。例えば,一時盛り上がった『鬼滅の刃』もすぐに醒め,映画も行かずじまいだった。そもそも映画自体,もう何年も行っていないし行きたいとも思わない(映画祭などの情報にはついていっているが)。一時嵌まってよく行っていたミュージカルもオペラもさっぱりである(コンサートはもちろん,歌舞伎や芝居は今でも行くが)。グルメ熱もない。珍しいものはほぼ食べてしまったし,有名なお店も,遠い所にある店は別として,たいてい行ったように思う。料理や店の記事があっても味の予想はついてしまい,食べたい行きたいとの熱が起こらない。健康のためにも,太らないためにも,自分で体にいいもの,美味しいものを作って食べるのが一番良いと思っている。

寒いのはどうにかなるけれど,暑いのはどうにもならない。あまり無理せず,体を大事にして,やり過ごしたい。

カテゴリー: 最近思うこと | コメントは受け付けていません。

秋葉原死刑執行,改めてウクライナロシア戦争に思うこと

秋葉原無差別殺傷被告人の死刑が執行されたという。14年前の事件だというが,衝撃的だったのでそれほど経ったように思えない。39歳,ということは25歳の時の事件であった。職場を解雇され,誰にも必要とされていないという絶望感・孤独感から,トラックで歩道に突っ込み,通行人を刃物で刺してやると,ネットに書き込みまでしていた。7人死亡,10人重軽傷。刑事責任能力には問題がなく,であれば死刑しかありえなかった。

安倍元首相襲撃事件が起こったとき,秋葉原襲撃事件を思ったが,犯人の孤独感絶望感には共通するものがあり,共にその怒りが攻撃的に他に向かったと思われた。前者の容疑者は母親を大変恨んでいたと述べているとか,それは当然であり,母親を殺害したのであればよくある身内間の殺人事件に留まったのである。やはり鑑定留置(4か月)にかけられたので(妄想に囚われていたわけでもなく,責任能力自体はおそらく問題がないはずである),統一教会ないし母親への恨みが安倍元首相に向かった理由については何らかの説明がなされるものと思われる。

ところで,ウクライナ戦争はすでに5か月になる。そして,終わりが見えない。先般某誌の専門家投稿に,戦争は人員武器資源などつまりは国力の強い所が結局は勝つ,おまけにロシアは独裁国家だから戦争に負けることは指導者が自らの命を失うことを意味するからロシアは決して負けない,ただしウクライナにアメリカが加勢すればウクライナが勝つこともありうるとあった。これは武器投与だけではなく当事者として加勢するということであり,これをやれば第三次世界大戦も見えてくるし,バイデンは昨年来アメリカは荷担しない旨明言している。この戦争,実は図式としてみれば,ロシア対アメリカなのである。もともとロシアが危惧していたのは,アメリカが先導するNATO拡大であり,ウクライナのNATO加盟をやめさせ,すでに事実上ロシアが実効支配済みのクリミア併合及びウクライナ東部のロシア自治区を認めさせていれば,この戦争は起こらなかったと思われる。

そんなことは出来ない! それらはもともと自分たちの国である。力による国境変更は決して許されない。ウクライナはそう言うであろう。またそれは近代の民主主義国にとっては当然のことなので,欧米も,そしてその価値観に従う日本も右に倣えをしてきたのだが,しかし,理想や理念を追い求めていても戦争が続く限り,どんどん人は死に,被害は拡大する一方である。もういい加減停戦協議をするべきではないのか。いくらロシアが悪いと叫んだところで,それはもちろん理論上はそうだろうが,ロシアが手を引かない以上,戦争はずっと続くのである。

世界を見渡せば,欧米やそれに従う日本など,民主主義の国のほうがずっと少ない。反対に,ロシアや中国,インド,トルコ,イスラム諸国,アフリカ諸国など,独裁国家や専制国家などその他の国のほうがずっと多いのである。そして彼らはロシアを批判していない。ネオコンばりに,絶対にこちらのほうが正しいと主張しても,では,アメリカはイラクを制圧してどうなったか。部族国家でのまとめ役だったフセインを抹殺してばらばらになっただけであり,アメリカはイラクを放り出した。アフガニスタンもベトナムも結局そうだった。アメリカが民主主義という,絶対的な近代価値だと信じるものを植え付けるべく壮大な企図をして,成功したのは日本だけである。

そして日本は今やアメリカの言うとおりに動く。日米同盟が安全保障の要であり,それ以外の保障は皆無なのだから,アメリカの言うことを聞かなければならないのである…。そのためにロシアを一方的に非とし,一切の国交を断ってしまったのだが,本当にそうすべきだったのだろうか。せっかくこれまでに積み上げてきたものを切った例はこれまでなかったはずである。第31代アメリカ大統領ハーバード・フーバーが出した回想録『裏切られた自由』(草思社,2017年刊)によれば,「トルーマンとルーズベルトは(悪魔のような)スターリンとヒトラーに対処するに当たって大失敗をした」「ルーズベルトは1941年7月,スターリンとの隠然たる同盟関係になった1ヶ月後,日本に対して全面的な経済制裁(=戦争)を行った」「近衛文麿による和平提案を(駐日米国大使も駐日英国大使も受諾を促していたのに)拒否。1945年2月のヤルタ会談で,スターリンの横暴を追認したばかりか助長する秘密協定を多数結び,日本が5月来何度か白旗を揚げても,同年4月に大統領になったトルーマンは拒否。7月に完成した原爆を日本に投下するよう命じた」…すなわち「日本は繰り返して平和を求めていたのにもかかわらず,原爆を投下したことは,米国の全ての歴史の中で,他に比較するもののない残虐な行為であった。米国の良心に永久に重くのしかかるであろう」。恥ずかしながら,この回想録を私は知らなかった。大部であるが読むつもりである。

日本人は是か非か,善か悪か,どちらか綺麗に決まるのが好きである。だが,人間同士でもそう簡単にはいかない事件があるように,まして幾多の歴史を背負った国同士であれば,そう簡単にいくはずもない。追い詰められた日本は最後,天皇制の維持のみを死守して無条件降伏に至ったが,ウクライナも停戦交渉をすべきではないのだろうか。そのために仲に入ってくれる国も人もいるはずである。最初は英雄に見えたゼレンスキー大統領が徐々に,ただ意固地で,自らの地位名誉に固執する人に見えるようになった。ウクライナの戦死者もすでに1万人は越え,国民にも厭世観が増してきているようである。価値や理想だけでは人は生きてはいけない。

カテゴリー: 最近思うこと | コメントは受け付けていません。

『主人から離婚を切り出されました。どうしたらよいでしょうか…』

自由民主党月刊女性誌『りぶる2022年8月号』
カテゴリー: 執筆 | コメントは受け付けていません。

天候不順の毎日…、安倍さん襲撃死に思うこと

前回から1ヶ月以上経過していた。最近、公私ともに何かとやることがあり、3連休真ん中の今日は朝から事務所に出ている。夜もよく入るし、週末も何やかやと入る。気温が日替わりで10度位も変動するので、着る物も夜具も温度調節も変わり、以前ならばてきめんに風邪を引いていたと思うが、コロナ対策の嗽・手洗い・マスクの効果故なのか、大丈夫である。この商売(というか何であれそうだろうが)健康でないと頭も働かない。時間をかけさえすれば何とかなるということは全くないので、健康維持がまずは欠かせない。

6月下旬以降いやに猛暑が続くし雨も降らない、梅雨明け?まさかね、例年7月20日頃だからいくらなんでも早すぎると思っていたら、だいぶ経ってその旨の気象庁発表があった。このままお盆過ぎ(近年は9月一杯くらい)まで猛暑が続くんだなあと覚悟していたら、この1週間ほど気温が下がり、雨模様である。雨不足は困るので、雨は有り難いけれど、梅雨の「しとしと」はもはや死語状態。時にバケツをひっくり返したような土砂降りになったりもする。地域によっては川が決壊したりして、大災害である。まさに災害列島──地球温暖化で、日本も亜熱帯気候になって、久しい。たぶん地球が悲鳴を挙げているのだろうなあと感じることがある。

7月8日昼間、奈良で安倍さん襲撃事件が起こる。銃で撃たれ心肺停止とのテロップが流れたとき、とても現実のものとは思えなかった。だがまもなく悲しいことには現実となり、すでに10日近くが経った。芝の増上寺で葬儀が行われ、世界中から弔意弔問があり、自民党本部では献花記帳の長い列が雨の中延々と続いたそうである。15日(金)午後5時まででは、私は行けなかったが、ご冥福を心より祈っている。享年67歳。早生まれの私と同学年である。お父上と同じ享年だったと後で知ったが、誰かによって突然に命を奪われるほど無念な死はない。

日本は、平和と安全が一番の売りである。銃が厳しく規制されているこの国で、よりにもよってその銃で(手製銃であった)、白昼の人通りの多い駅前で、選挙演説中に背後から易々と近づかれ、至近距離で20発も撃たれ、ほぼ即死の致命傷を負った。ありえない現実が惹起したことには、いくつかの偶然が重なっている。まずは安倍さんに強い殺意を持つ人間がいたこと(後述)。たまたま急遽、犯人の住む奈良に選挙遊説で来訪したこと(当初長野の予定だったが、長野の候補者に不倫の文春砲が出たために変更になったのだ)、普通は遊説者の背後には選挙カーがあったりするのだが、道路事情のせいで(?)何もなく、がら空きだったこと(前方の聴衆も数十人程度であったらしい)。そしてSP(警視庁から2人ついてくると思っていたが1人だったという)も奈良県警も不審人物をチェックするなど、警備を尽くしていた節がまるでないこと…である。世界一安全な国で、元首相を銃で襲撃するなどありえないとの「油断」がここには通奏低音のように流れている。

当初、森友事件などで安倍さんを恨んでいる人物の仕業かと思ったが、そうではなく、恨みは統一教会に対してあったそうである。父親が自殺したことで(?)母親が統一教会に嵌まり、1億円とも言われる多額の献金をし、母親は自己破産に至った。そして、自分は大学を中退する羽目になり、その他諸々、人生がメチャクチャになったと。その恨みが統一教会に向かうのであれば、たとえそれが20年近く前のことであったとしても一応「了解可能」ではある。

だが、なぜかターゲットはいつからか安倍さんになっていて、動機に飛躍があると思われるが、確固たる殺意ではある。爆弾を作り、手製銃を作り、試し打ちもしている。安倍さんを追って新幹線で岡山にも行ったが、そこでは警備が厳しく、手製銃を持って会場に入ることはできなかった。そこに安倍さんが急遽奈良に来ることをSNSで知る。時間をかけて入念に下見したが、変な形の手製銃を隠し持ったこの男は誰からも咎められることはなかった…。

了解不能な大事件の場合、必ずや公判廷では責任能力が問題となる。物事の是非善悪を弁識し(事理弁識能力)、それに従って自己の行動を統御できる能力(行動統御能力)のことである。うち一方でも完全に欠けていれば「責任無能力」であり、著しく欠けていれば「限定責任能力」として概ね半分の刑罰になる。その原因として「精神の障害」(精神保健福祉法5条が定義)が必要であるが、そこに列挙されている「精神病質」(ドイツ式)は今は「人格(パーソナリティ)障害」(アメリカ式)と言われるが、責任能力は大丈夫とされている。報道に接している限り、統合失調症などではなさそうで責任能力には問題がないのではと感じているが、とにかく公判廷で争われるのは必至なので(犯行自体を争えない以上、弁護人の争い方はそこに尽きると言ってよい)、検察は予め鑑定を済ませておく必要がある。そこで、起訴前に奈良地検は数ヶ月の鑑定留置にかけると思われる。任された精神科医は、犯人だけでなく関係者に事情を聞いて、鑑定の一環として、犯行の動機を解明していこうとするはずである。

私は、この人は自分の人生への不満を他に転嫁したのではないかと感じている。自衛隊を3年で辞めて以降(自殺未遂をしたとの報道もある)、定職には就かず派遣社員などをし、人間関係もうまくいかず(恋人はもちろん友人もいなかったと思われる)、今年5月からは無職で生活に困っていたことが確固たる殺意になったのではないだろうか。もし彼がきちんとした人生を歩んでいたならば、なぜわざわざ事件を起こして、自らを貶め、輝いた将来を捨て去ることがあろう。罪を犯す者は、まずもって自分ないし自分の人生に満足していない。それがただ自分の努力のなさ故だと自覚できれば怒りは自分に向かうだけだが、自分のせいではなく周りが悪いと思う限り、怒りは他に向かうことになる。

犯人はもともと頭が良く(でなければ爆弾も銃も作れまい)地元の進学高校に進んだ。大学は(父親の出た?京大ではなく)同志社大学?だったが、そこも親の破産で中退せざるをえなかった。本来の自分は真っ当な学歴・職を得て、社会で認められる存在になっていたはずである…。「(不運なことがなければ)当然あったはずの人生」と「実人生」との差が激しすぎて、とうてい許容できない。それは自分のせいではなく、社会のせいである。社会に復讐をするのだ…その手段として、エリート小学校に襲撃して多数の児童を殺すのも、秋葉原の歩行者にトラックで突っ込むのも、その他いろいろな手段がありうるが、復讐は目立つ方法でやらなければならない。安倍さんは目立つ政治家である。統一教会との関わりもあるだろうが、それが直接の動機付けではないのではないか。

社会から孤立をしている者が自暴自棄になって、恐ろしい事件を起こすことは、世界中どこであれ、起こりうることである。この事件は政治目的がないのでテロとは言わないが、自国生まれの(ホームグロウン)の孤独者(ローンウルフ)によるテロがアメリカで問題になるようになって、久しい。真似る人間は多いので、爆弾や銃作りに勤しむ者も出てくるのではないか。ターゲットとして有名な人間が狙われる可能性も増えるだろう。この事件の衝撃は多大である。

カテゴリー: 最近思うこと | コメントは受け付けていません。

『国民が刑事司法に「真相究明」を求めることへの一考察』

帝京法学 第35巻第2号(令和4年3月31日発行)

元検事の立場から、ふと疑問に思ったことをまとめたもの。

カテゴリー: 執筆 | コメントは受け付けていません。