貴乃花と相撲協会 よく分からない話である

2週間前の話になるが、秋場所は稀勢の里がまさかの10勝を挙げ、とにかくひとまず安堵させられた。8場所も休んでは健康な人でも相撲勘が戻らないうえ、昨年春場所に負った大胸筋断裂は決して治癒しないと聞く。左おっつけが伝家の宝刀、その左が使えないとあってはもう真っ当な相撲を取ることはできないだろう。おそらく序盤に負けが込んで引退表明になるのではと危惧していた。それがなんと10勝したのである! 大関豪栄道には完敗したが栃ノ心には勝ち、横綱白鵬には完敗だったが鶴竜には勝った。10勝は大関の責任ラインではあっても横綱のではない。でもとりあえずこれで引退の話は先送りになった。次場所が勝負の場所になる。

横綱在位優勝わずか1回の稀勢の里にすれば、比べるべくもない22度の優勝回数を誇る貴乃花は神様のような人だったろう。どちらも八百長なしのガチンコ、中学卒の叩き上げ。出世スピードの記録を塗り替えた貴乃花に及ばないまでも、稀勢の里も10代で幕内に上がった。貴乃花の父は人気力士だった大関貴ノ花、伯父は初代横綱若乃花で相撲協会理事長も務めた。兄若乃花との若貴ブームは空前の盛り上がりを見せ、花田家はまさに角界のサラブレッド一族だった。

それが一体どうしたことだろう。相撲協会の理事を務め、理事長選に立候補して敗れたのが2年前。本人はそれが最初で最後の理事長選のように言っていたが、まだ40代と若いのだから、うまく立ち回ればそのうちには理事長になれるだろう。何といっても貴乃花以上の大横綱はいないのである。未だに多くのファンがいることを、先月大相撲9日目に行った時に実感した。周りを圧するオーラは半端ではない。少し前、理事選にすら落選して(わずか2票!自分以外に1人いただけである)年寄に降格になったときですら、そのうちには復帰するだろうと気楽に思っていた。とにかく千代の富士亡き今、貴乃花以上に実績のある横綱はいないのである。

それがこの度の急展開である。相撲協会を退職し、名門だったはずの貴乃花部屋を閉め、貴景勝以下の有望な力士その他を全員、他の部屋に移籍させたのである! 貴乃花は相撲協会と無縁になり、以後審判はもちろん実況解説をすることもない。なんと寂しいことではないか。理由はいろいろ取りざたされているが、本当のところは未だに不明のままである。なぜ貴乃花一門を消滅させてしまったのか。どこかの一門に属さないと相撲部屋を持てないとの決議が理事会でなされたというが、それは本当なのか。そして貴乃花部屋の引き取り手がなかったというのは本当なのか‥。

貴乃花の行動がおかしいと感じ出したのは、昨年11月に起こった貴ノ岩の一件からだった。それが貴乃花対モンゴル力士の構図となり、貴ノ岩が貴乃花に匿われて(?)出場させてもらえないという疑惑にもなった。しかし元はといえば貴ノ岩に暴力を振るったのは日馬富士であり、白鵬の(明示ないし暗黙の)指示によるものだったと言われている。悪いのは日馬富士らのほうなのは明らかであり(傷害罪で罰金50万円の略式命令となった)、それ故に日馬富士も引退をしたのであるが、貴乃花の行動がおかしいが故に、その本来は明らかだった構図が歪められたように思える。

貴乃花は相撲協会をまったくもって信用していないらしく、貴ノ岩事件を巡って公益財団法人相撲協会を監督する内閣府に告発状を提出していたが、部屋の力士貴公俊(よしとし)が付き人に暴力を振るった件を反省して告発状を取り下げたという。弟子ためにひたすら改悛の情を示したやに見えたが、その後に上記のいじめ(?)に遭ったということなのか。よく分からないままである。

貴乃花の廃業により、名門花田家の系譜は途切れてしまった。兄はもうとうの昔に引退して、弟とは10年以上絶縁状態と聞く。同じく母親とも絶縁状態だ。おそらくは妻とも誰とも相談せずに、廃業を決めたのではないだろうか。ご先祖様に申し訳ないとは思わなかっただろうか。せっかくここまで育ててきた弟子やその親たちに対してはどう考えていたのだろうか。部屋の出世頭貴景勝の本名は佐藤貴信。貴乃花のずっと大ファンだった父親が貴の字をつけ、格闘技で名を挙げた息子を、喜んで貴乃花に託したのである。

一説には参院選に出馬をするとの話を聞く。知名度はもちろん抜群だし、これまでの経緯からして、相撲協会が伏魔殿で、貴乃花はその被害者だと感じている人も多かろう。出れば当選の確率は高いと思われるが、当選をして、上から相撲協会を改革したいのだろうか。とはいえもともと彼はどのように、協会や大相撲を変えていきたかったのか。子供に相撲を普及させたかったという。それはもちろん立派なことであり反対する者はいないだろうが、参院議員などにならなくても、相撲協会にいたままで出来たことではなかっただろうか。国民栄誉賞を貰った千代の富士も理事長どころか理事にさえ落選した。偉大な国民的ヒーロー千代の富士も貴乃花も、いなくなってしまった。悲しい。

カテゴリー: 最近思うこと | コメントは受け付けていません。

自民党総裁選結果に思うこと

党員なので投票はしたが、安倍さんか石破さんか‥…うーん。もっといい候補が出ないのか。昔はもっと活気があったのだけれど‥。

17年前、2001年の総裁選を思い出す。属していた派閥の長・亀井静香先生、立候補。4人の候補が各地で選挙戦を戦うのに担当のマスコミがついて回り、そのヒートアップした様子は週刊誌をも賑わした。その人懐こさで亀井先生は意外なほどの(?)人気を博したが、結局、小泉候補と政策協定を結ぶ形で決戦を辞退した。小泉純一郎総裁誕生、その日のことを私は今でもまざまざと思い出すことができる。

小泉氏は実に3度目の挑戦で、総裁選に勝利し、総理になった。2度目は私が国会議員になった1998年のこと。小渕氏が当選、無派閥の梶山氏が2位で、小泉氏は100票を切る惨敗。名前を呼ばれて立ち上がり、不本意そうな表情だった場面もよく覚えている。3度目の正直で総裁になった小泉氏は、亀井氏との協定をきれいに反故にした。亀井氏の無念さを、傍にいた私もよく知っている。

さて今回、3期目の自民党総裁は初めてのことである。現職有利は既定路線なので、専らの関心は、安倍氏が圧勝するかどうか(陣営は、議員票の8割、地方票(党員算定票)の6割を目途としていた)。対する石破氏がどの程度善戦をするのか、であった。昨日出た結果には驚いた。国会議員票405票、党員算定票405票の併せて810票のうち、安倍氏は前者329票と後者224票の計553票。片や石破氏は、前者73票と後者181票の計254票。総計だけを見たらダブルスコアで負けているのだが、地方票に限って言えば、石破氏が全体の45%を獲得しているのである!(彼はもともと地方に強い。6年前の総裁選で165票の地方票を獲得し、それは安倍氏87票の2倍近くあった。)

どうなのだろう。石破氏への投票は、彼を本当に応援しているというより、安倍氏への批判票の意味が強いのではないか。いわゆるモリカケ問題はじめ真摯な対応をしていない、国民に嘘をついている、官僚支配その他独裁になりかけている、トランプに迎合しているがトランプ自体がもう危ういのに、等々。ここで、皆が本当に、石破氏に対して国政のかじ取りを任せられると期待できるのであれば、おそらくはきっと石破氏が当選していただろう。石破氏の言う内容もさることながら、その以前に喋り方や顔つきがちょっと、という人は、私の周りにも実に多い。

もっとも奥様については断然、石破氏が勝っている。慶応法学部の同級生、ミス慶応だったとの噂は本当だろう。私もその昔選挙応援に入った際、その清楚さ上品さ美しさにびっくりした。それほどの女性を自分に惚れさせて、鳥取まで連れてきて、選挙を戦わせているのだから、石破氏の魅力も半端ではないはずだ。それが政治家として直に伝わらないのは、非常に残念なことである。

言ってみれば、安倍一強は、他に人がいないから。自民党が強いのは、他にろくな政党がないから。積極的な選択ではなく消極的な選択。選挙でこの国を変えよう、変えられると思えなくなっているのは、国の弱体化を意味するのではないだろうか。

カテゴリー: 最近思うこと | コメントは受け付けていません。

一気に秋、連休最終日は大相撲に行ってきました

稀勢の里の復活がかかる、この秋場所。連日満員御礼だ。9日目は和装デーで、和装での来場者には記念品が配られるとか、入り口近くに長蛇の列ができていた。地下1階での恒例ちゃんこ鍋は、今場所は高砂部屋。塩ちゃんこ1杯300円はとても美味しかった。「相撲博物館」では没後50年の「相撲の神様」双葉山展をやっている。目元の涼しい、風格ある美丈夫姿に息を呑む。直筆の書状の、なんという流麗さ。そういえば、69連勝が止まった後「われ未だ木鶏足り得ず」(荘子)の電報を打ったという、教養の高さである。

午後2時に席に着くと、十両の取組み初めに、幕下の上位対戦をやっていた。見応えのある攻防が続き、まもなく十両、そして幕内になる。横綱土俵入りは一番目に稀勢の里が登場。色彩は赤でまとめている。なにせ8場所続けて、途中休場やら休場だったので、稀勢の里の横綱土俵入りを見るのは初めてである。堂々としていて、ほっとする。内心はどれほどか辛く、悲壮感が漂っているだろうと思うのだが。

場内は贔屓力士への歓声やら垂れ幕やら(名前を刷ったタオルが多いように思う)、まるでお祭り騒ぎである。立ち合う前は静かにしてあげないと力士はやりにくいと思うのだが、喧騒の度合いはこのところだんだんと大きくなっているように思う。大相撲観戦歴も優に10年を超えるので、もはやたいがいの力士の顔と名前は一致するのだが、たまに新顔がいたりする。そういう場合はネットでチェックできる、便利な時代である。

稀勢の里は5時半頃、東側花道から登場した。そして東側審判貴乃花親方の右隣に座ったところで、客席からも一斉にフラッシュがたかれる。話題の2人である。土俵上は白鵬対御嶽海。大関獲りのかかる御嶽海、出だしこそよかったが途中動きを止めてしまい、その間に白鵬は冷静に立て直して相手の足を蹴り、一気に寄り立てた。さすが横綱だ。続いて鶴竜対遠藤。そして結びの一番が2敗稀勢の里対3敗栃ノ心。場内、割れんばかりの稀勢の里への声援だが、表情は変わらない。辛いだろうなと思う。負けて3敗になれば、一気に引退が近づく。本当に孤独だなと思う。応援してくれる人がいくらいたところで、戦うのは自分一人。誰にも頼ることはできない‥。

場内が息を呑んで見つめる間、稀勢の里は冷静に左四つに持ち込み、そのまま巨漢を寄り切った。もしかしたら今場所一番の内容ではないか?(栃ノ心もやはり休場明け、状態が万全ではないのだろう)。場内一斉に広がる安堵感。余韻に浸りながら入口に向かうと雨が降っている。本降りだ。どんどんひどくなり、持参した小さな傘ではまるで間に合わず、びしょぬれで帰宅した。だけどそんなこと、なんということはないのだ、稀勢の里が勝ったのだから。もし負けていたら、何重もの災厄だと恨んだろう。贔屓のスポーツマンの勝敗はそれだけの大きな力を持っている。有名になるということは、それだけ大きな責任を背負うということなのだ。

わずか20歳で全米オープンを制した大坂なおみ。メジャーで20本の本塁打を打った大谷翔平‥。全力を出し切ったスポーツマンの姿は、見る人に無条件の感動を与えてくれる。スポーツは苦手で、自身は何もしないが、見るのは本当に楽しい。観戦できないまでも、テレビでいろいろ見ることができる現代は、なんと恵まれていることだろうか。スポーツではないが、上野都美術館での「藤田嗣治展」も見ごたえのある作品が並んでいて、一見の価値はあった。

カテゴリー: 最近思うこと | コメントは受け付けていません。

『認知症の母が相続した父の遺産。兄妹で分けても大丈夫ですか?』

自由民主党月刊女性誌「りぶる10月号」
カテゴリー: 執筆 | コメントは受け付けていません。

『孫が虐待されているようです。どうすれば親権を変えられますか?』

自由民主党月刊女性誌「りぶる9月号」
カテゴリー: 執筆 | コメントは受け付けていません。