九州場所を振り返って

なにか物足りないなと思ったら、日曜に大相撲が終わったのだった。以前よりは醒めたとはいえ、やはり場所中は無関心でおられない。懸案の稀勢の里は、場所前非常に調子が良いとの報道であり、本人も優勝を目指すと言っていた。2横綱が休場する場所で1人横綱が優勝すべきは当然であり、優勝して完全復帰の姿を見せてくれるのを心から願っていた。日本中が同じ気持ちであったに違いない。

ところが、である。初日、小結貴景勝に敗れた。その際膝の捻挫を負ったというが(休場理由)、その後も3連敗、結局5日目に休場となった。進退を懸けたのが先場所のこと。何とか凌いで10勝を挙げ、進退を問われることはなくなったが、次の今場所駄目であればやはり進退が懸かるのではないか。非常に残念なことではあるが、稀勢の里は今場所自ら引退すべきだったと思う。だが、稀勢の里自身が「このままでは終われない」と言い、それを受けるように、横綱審議会も「引退勧告」どころか「激励」し、初場所での出場・再起を促した。稀勢の里の親方は初場所も休場させるようなことを言っているらしいが、それはもうありえない。

稀勢の里の怪我の具合は分からない。ただ体を見る限り、だぼついて締まりがないと感じる。きちんとした稽古がなされていない故だろう。そうでなくても本番から遠ざかって長く、相撲勘は著しく鈍っているのである。休場が長くなり、以前から憂慮しているのだが、周りに誰か、その身体の具合を正しく判断し、稽古やウェイトトレーニング、はたまた食生活について的確にアドバイスドしてくれる人はいるのだろうか。闇雲に自らの判断で気ままに適当に稽古をしているだけでは、回復しないのは当然である。

加齢もあるのだし、以前と同じように強くはもはやなれないであろう。ここに来て目立つのは相変わらずの腰高であり、以前はその重さ故に負けなかった下半身がふわふわし、とうてい持ちこたえられなくなったことである。今回の怪我は1ヶ月の診断。稽古の再開はいつになるだろうか。再開しても漫然と体を動かしているだけでは、とうてい初場所の奮闘は望めない。もうすでに長い長い日にちが過ぎてしまった。これが稀勢の里ではなく外国人横綱だったならば、とうの昔に引退勧告をされていただろう。日本人横綱故に特別に優遇されていると受け取られるであろうことは否めない。

横綱不在場所を貴景勝がよく盛り上げてくれた。場所前の貴乃花部屋の突然の消滅により、新しい部屋に移って初めての場所である。動揺があって当然なのに、22歳若武者は、突き押し相撲の自らの型を磨いて迷いなく、13勝2敗の好成績で初優勝を飾った。仕切り線にきちんと手をついて相手を待つ姿勢。真っ向からぶつかり、相手に組ませず適当な間合いを取り、下半身は決して崩れない。26場所での優勝は歴代4位のスピードだという。先場所小結で9勝、今回13勝なので、数字から言うと来場所11勝で大関昇進になるのだが、横綱不在場所での優勝であり、もう1場所様子見されるらしい。

同様に横綱不在場所だったこの名古屋場所で初優勝した御嶽海は、その後続かず、今場所は負け越しとなった。御嶽海は稽古嫌いであるらしい。だが年下の貴景勝の飛躍に、きっとなにくそと奮起したことであろう。阿武咲、朝乃山、豊山など、若手の跳躍が楽しみである。世代交代を切に願う。

カテゴリー: 最近思うこと | コメントは受け付けていません。

日産ゴーン氏の逮捕に思うこと

本当にびっくり。まさか…。ゴーン氏が国際的に極めてやり手の実業家で、瀕死の日産を短期間で建て直したことを、知らない者はいない。多くの人員削減と工場閉鎖を断行し、コストカッターの異名を取る。日産だけで年10億円を超える高収入に、それだけあれば少なくとも百人は雇えるのに、良心は痛まないのだろうかと感じてきた。もちろん、例えばアメリカの経営者は日本とは桁違いの高報酬である。貧富の差が何倍どころか何百倍にまで広がっては、国民が不満を持ち、トランプのような人を支持したくもなろうというものだ。

さて、逮捕事実である金融証券取引法の有価証券報告書虚偽記載罪。この犯罪は、従来主に粉飾決算に使われてきた。投資家に正確な企業情報を与えないといけないのに、売上げを実際より多くするか経費を少なくするか虚偽の記載をして利益が上がっているように粉飾する。当然ながら粉飾決算は重大な犯罪である。しかし…今回のゴーン氏報酬の記載漏れはどうなのか? 役員の報酬総額は株主総会の決議事項であり、年30億円。報告書では計20億円となり10億円が浮いていた。5年で50億円。それはゴーン氏の闇の報酬なので虚偽記載である…との構成だ。

2010年以降、年1億円以上の報酬を取る役員については報告書に記載を義務づけられるようになった。ゴーン氏は自ら年俸20億円が正当と考えるのに、世間体を考えて?10億円とし、残り10億円を退職金として一括して貰うことにしていたらしい。問題は2つあると思う。この場合、株主や投資家は何をどう欺されてどんな被害を被ったことになるのかということが1つ(もちろん法に違反した以上形式的に違法ではあるが、実質的な違法性がどの程度かは大きな問題である)。次に、何年にもわたるこの明らかな虚偽記載は、役員や社員、監査法人なども当然知っていて会社ぐるみのはずなのに、他の人たちは司法取引で刑の減免を受け(両罰規定となる会社は別として)ゴーン氏と腹心の役員ケリー氏の2人だけが逮捕→起訴なのか。この2人は納得するか? 世界が納得するか?

そもそも全般に言えることだが、こうした形式犯での逮捕・処罰は正攻法ではなく、実体のある犯罪でやるべきなのだ。本件も脱税でやるのであれば、もちろんいい(国籍や住所の関係で、そもそも日本で所得税を納めているのか?)。例えば、政治家を政治資金規正法違反で逮捕・起訴するのはいわば負け戦のようなものであり、収賄罪なりあっせん利得処罰法でやるのが筋である。いくらなんでも本件もこれで終わりではなく、報道によるとゴーン氏は強欲で日産を財布代わりにしていたようなので、これを突破口にして、特別背任や業務上横領といった罪でやるつもりではあるのだろうが。しかし、会社内での然るべき手続も踏んでいたのならば(踏まずにどうやって多額の金員を引き出せたのか?)、海外マターも多く、立件はかなり難しいと思われる。まさかこの2人以外はあくまで司法取引で刑の減免対象にするというのでもあるまい。

世界中の注目を浴びているので、ネットで各国マスコミの反応を見ていると(フランス語が出来ればもっといろいろ分かるのだが)、真珠湾攻撃やらブルータスやら、日本側の陰謀論が言われるのはともかく、日本の刑事司法への驚きやら非難やらが多々見られ、居心地が悪い。いわく、取調べに弁護士の立会いが認められない(その通り)、起訴しないまま22日身柄を拘束される(その通り)。理論的には犯罪の数だけ22日が認められるので、本件を調べたけど当人らは否認のままで、起訴にはちょっと難があると検察が考えれば、処分保留のまま釈放して別事実で再逮捕、そしてまた22日勾留…が可能である。もちろんこれを起訴すると同時に別件で再逮捕→勾留は当然に出来る。日本では普通に行われていることだが、それが世界に流されると、なんとまあ野蛮な司法制度かと、きっと言われるだろうなあと考えてしまう。

事実は明々白々、立証は容易だとまずはこの逮捕事実で踏み切ったのかもしれないが、見込み違いはないだろうか?(ないことを祈っているが…) ゴーン氏は国際的に著名な経営者であり、ルノー、三菱自動車3社のトップを兼ねる(今回日本の2社では取締役会でその代表権と会長職を剥奪する)。日産側に今この時期にゴーン氏を排斥すべきとの理由があったとも言われるところだが、それは特捜部の力を借りるという荒治療でしかなしえなかったのか。しかもちょうど良い時期(今年6月)に日本版司法取引が導入され、検察と弁護士との合意により、他人(ゴーン氏ら)の犯罪について証言した者は免責されうる制度が出来た。これ幸いだったのかもしれないが、本来ならば会社のガバナンスを機能させることによりトップの独走・独裁は止めなければならなかった。司法取引で免責されうるのは刑事責任のみ。民事責任は別であり、おそらく途方もないことになるであろう。

カテゴリー: 最近思うこと | コメントは受け付けていません。

『亡き兄に代わって母の面倒を見ました。遺産を多めにもらえないでしょうか?』

自由民主党月刊女性誌「りぶる12月号」
カテゴリー: 執筆 | コメントは受け付けていません。

今年もあと2ヶ月、サウジの事件はどうなる?

何をどうやっているわけでもないのに、日にちはどんどん過ぎていく。気がついたらもうあと今年も2ヶ月。ブログも更新しないとなあと思いつつ、つい延ばしていると、次の事件が起こる。

海外でのトップニュースは、トルコ総領事館でのカショギ氏殺害事件であろう。カショギ氏(59歳)はサウジアラビアの名家の生まれで、かのビン・ラディンに複数回インタビューするなど、アラブ世界で最も著名なジャーナリストの1人であった。王族とも懇意の立ち位置だったのだが、現サルマン国王が(伝統的には順次弟に王位が譲られていた)、亡くなった兄の息子が皇太子だったのを廃して自分の息子ムハンマドを擁立したのが昨年6月。それ以降権力が集中され、事態は大きく変わっていく。皇太子はサウジの脱石油化を目指すとして矢継ぎ早に改革を押し進め、女性の運転免許を認めるなど海外受けを狙ったようだが、その活動家らは弾圧されたとも聞く。

独裁者が考えることはみな同じ、自らの権力の維持であり、民衆のことなぞ頭にはない。敵対者は弾圧、抹殺あるのみ。トルコのエルドワン大統領も近年独裁色をどんどん強めているが、サウジアラビアに至っては、国名がサウジ家のアラビアであり、憲法もなければ議会もない(20年以上前、検事時代に一度リヤドに行ったことがある)。皇太子は昨年秋、政敵である王族や経済関係者を汚職容疑でホテルに一斉拘束し(多額の金員を払わせて、後に釈放)、政府批判をする穏健な活動家やジャーナリストを締め付けていく。カタールに一方的な断交をつきつけ、サウジを訪問したレバノンの首相を長期にわたり拘束…まさにやりたい放題なのだ。危ないなあ、この先どうなるのだろうと憂えていたら、この大事件である。

カショギ氏は昨秋アメリカに亡命、ワシントンポスト紙に現政権を批判する記事を投稿していた。そのカショギ氏がトルコ女性との再婚のために離婚証明を取るべく、トルコのサウジ総領事館を訪問したのが9月末、書類に不備があるから10月2日に再訪してくれと言われ、逮捕されると危惧する声には、トルコ国内で変なことはできないと楽観視していたらしい。総領事館の外で、婚約者に荷物を預けて中に入る。まさかの時にはエルドアン大統領側に連絡を取るようにと。ずっと外で待つ婚約者…。彼は総領事館を出ましたよ、なんていう嘘が通るはずもない。

案の定トルコ政府が騒いだことにより、国際世論も高まり、サウジアラビアは追い詰められていく。どうせばれるのに、なんでこんなつまらないことをやったのかと思うが、同じ独裁者同士、サウジ人の命くらいでトルコが騒ぐことはないと軽く考えていたかもしれない。たしかにトルコが西欧諸国のように、表現の自由やらジャーナリストの保護などを重んじるはずもないが、サウジとの取引や国際社会でのプレゼンス向上には使える。その結果、サウジは20日にはようやく領事館内での死亡を認め、当初過失を主張していたのを後に計画的な殺人に改める。だが肝心の死体は…行方知れずのままである。

実はトルコはずいぶんと入念に「捜査」をしていたのである。2日早朝、サウジから15人のヒットマン(皇太子のボディガードや法医学の権威を含む!)が空路で来たことも把握済みだし、現場の録音もあるという。総領事館や大使館は現地人を雇うので、スパイがその中にいたと考えるのは至って容易である。それによると、カショギ氏は薬物を投与され、生きたまま体を切断され、7分後に絶命した! 総領事が「ここでやるのはやめろ。俺は大変なことになる」と叫んだことまで暴露済みである。遅まきながら実行行為者らは逮捕され(1名は交通事故?で死亡済み)、皇太子は自らの関与を否定し、トカゲの尻尾切りで済ませる腹が見え見えだ。もちろんそんな嘘に欺される者はいないのだが、サウジへの武器輸出を続けたいトランプその他、それぞれの思惑があって、サウジを徹底的に叩くことまではしないようである。

国内では、新女性大臣のスキャンダル!! 詳細は未だに分からないが、その口利きは悪くすると、あっせん利得収賄処罰法違反じゃないですか。それを「不正確」だと(事実無根ではない)直ちに訴訟に持ち込み、弁護士に喋るなと言われているから喋らないって!? あなたは国会議員ですよ! 国民に説明責任があるでしょう。もし別の議員が同じことをしたら、糾弾の限りを尽くしているはず。それが自分のことになるととたんに逃げて平気な人が多く、困ったものだと思っている。責任ある立場の人ほどきちんと責任を取るべきなのだが。

さて、金足農業躍進のお陰で、初めて熱を入れて見たドラフト会議も、先週終わった。ドラフト1位で華々しく入っても故障その他で、一軍に上がらないまま去っていく選手は35人もいるという。二軍と行ったり来たりで、ぱっとしない選手はもっと多いだろう。かと思うとドラフト下位や育成で入ってトップまで上り詰める人もいる。努力や運もさることながら、大器晩成型もいれば早熟型で高校や大学時代がピークだった人もいるだろう。プロスポーツは実に厳しい世界である。年俸やランキングを見れば評価は一目瞭然だからだ。これが弁護士や医者だったら、貧しい人のために、無罪を勝ち得るために、金など要らないと頑張る弁護士もいるし、僻地医療や発展途上国医療に心血を傾ける医者もいる。少なくとも、高収入イコール立派な医者・弁護士ではない(そう思っている本人がいることは否定しないが)。趣味を楽しみたいから平日も執務は午後4時まで、そんな働き方でも構わないのは自由業故だ。今夜は日本シリーズ第3戦。相手本拠地でのカープ躍進を祈っている。

カテゴリー: 最近思うこと | コメントは受け付けていません。

『義母との縁を切りたいのですが・・・』

自由民主党月刊女性誌「りぶる11月号」
カテゴリー: 執筆 | コメントは受け付けていません。