本当に寒い冬ですね。皇室問題を改めて考える。

新年の意識が年々薄れている。そもそも街の様子は変わらず、店はどこも開いているし、大して寒くもならない(今年は少し寒いが)。それ以上に近年はコロナ禍のおかげで、日捲りカレンダーのように毎日を無事にやり過ごすことが大事になって、月単位でもなく、まして年単位でものを考えることが後回しになったような気がする。

年賀状はこの度心を込めた手書きにして、数をうんと減らした。でなくても会社関係は虚礼廃止だし、よく会う人交信のある人には不要だし、親しくない人に手書きでは書けないので、自然減るのである。減らしてもちっとも困らない。ああ、良かった。そして新年早々授業内試験を終え、採点も成績登録も済ませた。論述式2問形式はずっと変わらず、模範解答と採点のコメントを書いたのをLMSにアップするのだが、追試験申し出期限が26日らしく、まだアップできずにいる。4月以降の来季の準備もいろいろやらねばならない。

新年の歌舞伎には例年、2回行っている。国立劇場は尾上菊之助一派の『南総里見八犬伝』、新橋演舞場は市川海老蔵の新作歌舞伎『ブペル』だった。後者は海老蔵の4役早変わりもさることながら、海老蔵の子供2人が日替わりで登場するのが売りである。この子たち、学校行けているのかなあ…と他人事ながら心配になることもあるが、そこは蛙の子は蛙で、根っから演芸が好きなのだろう。2人とも声量があり口跡がはっきりしていて、所作も美しい。私は嫌よ、遊びたいもの、稽古は嫌…と駄々をこねるようなことはしないのだよねえ。小さいながらに、自分たちのやるべきこと、置かれた場所(大げさに言うと運命になるか…)が分かっているのだと思うと、泣けてくるものがあった。

伝統芸能の世界は基本的に世襲である。その他先祖伝来の伝統や歴史を子々孫々に繋いでいくべき家は多々あるはずだが、そのトップであるはずの皇室が、公よりも私優先なのだということを、まざまざに見せつけたのが今回の不愉快極まりない内親王結婚騒動であった。であるのに、私の周りでも結構、「他人の家のことには関心がない(!)、あれこれ言う立場にはない」とか、「自由がなくて気の毒だ、結婚は自由じゃないか」と言う人も珍しくなく、かえってびっくりさせられた。それだけ「自由」が横行してしまっているのが戦後の教育というわけだろう。自由は規律・責任とパックになったものであるが、ただ自由気ままの世界になってしまっているのだ。

子供は勝手には育たない。親の背中を見て育つものである。親自身が皇室にいて窮屈だ、できたらこんな所にはいたくないと口で言い、また行動にも表しているのであろう。学習院に行かせなかったことに始まり、勝手な自由恋愛とやらに任せ、身元調査もしなかった(普通の家でもしているのに)。身を挺してその暴走を止めるような人もいない。そうした家風に子ら3人ともが染まっていると考えるのが自然である。今度は特別枠で進学高校に行かせるそうだ。親の見栄で(?)分不相応な所に行くのは本人にとっても不幸なことだが、これも誰も諫める人がいないのであろう。そういう人たちが、次の、そして次の次の天皇になる…? しかし、姉同様、嫌だといって放り出すかもしれないし、そもそも「日本の象徴」になって大丈夫なのだろうか? そういう教育がなされているとは、残念ながらとうてい思えないのである。

古来日本には女性天皇はいたが女系天皇はいなかったのは事実だが、皇室典範を改正して女性天皇を認めたとして、愛子さんが結婚してもその子供は男女を問わず天皇にはなれない、と言うのであれば、その場凌ぎの時間稼ぎにしかならず、皇室メンバーが少なすぎることへの救済措置にはならない。男系天皇しかダメと言ってみても実際いないのだし、ヨーロッパは女性も女系も認めているのだから、せめて男系優先だが女系も可としなければ皇室制度は続きはしないであろう。女性皇族が結婚して宮家を作るといっても(眞子騒動は、これに否定的な意見を多くしたであろう)、女系天皇を認めなければ意味のないことになるし、旧宮家の男子を戻すといっても普通に育った人たちを俄に戻したところで、一般国民には皇族とは認めがたいであろう(それに、真っ当な生活を送っている人たちであれば、自由な生活を捨ててまで来るとは思えない)。「あるべき姿」を前提に議論している人たちが多いように思うが、事実を前提にしなければ何も始まりはしない。

大相撲今場所は、貴重な御縁に恵まれ、3回も観戦に行かせて頂いた。こんなに面白い場所は久しぶりのような気がする。そのしわ寄せが来て(?)今日は朝から出勤している。まもなく、2年以上会っていない年下の友人が、転勤で上京したのをきっかけに手伝いに来てくれる。事務所の大整理を始めているので、力仕事が出来る男性は有り難い。夕ご飯はご馳走するわ、と言ったところ、まん防が出ているのでそれはまた今度、お酒と肴を持っていきますとのこと。私も今朝出るときにいろいろ作ってきたし、出来合いのものもあるので、夕方からは大相撲をテレビ観戦しながら久々の懇談に興じるつもりである。気の置けない友人は本当に有り難い。

カテゴリー: 最近思うこと | コメントは受け付けていません。

『妹が遺した不動産のことで頭を悩ませています…』

自由民主党月刊女性誌『りぶる』2022年1月号
カテゴリー: 執筆 | コメントは受け付けていません。

年の瀬、いろいろな事件が起こります

大阪の雑居ビルの大火災は悲惨すぎた。すぐに新宿の雑居ビル火災を思い出したが(もう20年前になるそうだ)、放火であった。容疑者61歳は自らも重態とのこと、真相を聞き出せないが、その直前にまずは自宅に放火し、以前受診したこの心療内科クリニックをターゲットにし(何か恨みでもあったのか?)購入したガソリンを持参して入り口付近に撒き、ライターで火をつけたという。院長は社会使命に燃えた方で、心の不調で退職した人たちが職場復帰できるよう丁寧に話を聞き、平日は午後10時まで診察をしていたという。そんな頭の下がる方まで焼死された。

どんな不満があるにしろ、また自殺願望があるにせよ、他人を巻き込むのは最低の仕業である。いつも思うのだが、死にたいのなら、人に一切迷惑をかけずに勝手に死ね、とつくづく思う(そういう人をも救ってあげたいと思う優しい人も世の中にはいるが、私は常に自己責任で完結している)。今回亡くなられた、何の落ち度もない多くの方々、その御遺族、関係者の苦痛・心痛は想像を超えている。

先月末には、黒い噂続きの日大理事長がようやく逮捕され、日大も「外圧」によって改革に踏み出さざるをえなくなっている。中小企業のオヤジであればともかく、仮にも最高学府たる大学だ。学識経験のかけらもない人がそのトップである理事長にそもそもなぜ就けえたのか、しかも13年もという長きに渡ってとは、背景に一体何があるのだろうと不可思議なものを感じていた。本来は背任の共犯であるべきだが、「ごっそさん」と1000万円の束をただ受け取っていた故、日本の精密司法では共犯は無理と考えられたようだ。であれば形式犯である「脱税」でやらざるをえないが、これも実はそんなに簡単ではないので、地検はよくやったと思う。特捜部、今回はよくやりましたよね、と周りでも言われていて、それなりに嬉しい。今日起訴の予定である。

しかし本来は、「トップの逮捕」というような「究極の外圧」ではなく、歴史的伝統である大学の自治に守られている以上、組織自らが襟を正して、不正が起こらないようにしなければならないのである。私も某私立大学の評議員を務めているが、当然理事と評議員は別物だと思っていた。しかし、なんと日大は、約30人の理事が全員評議員を兼任しているという!(評議員会100人超え)ああ、びっくりした。違法ではないのか?!と見ると、私立学校法は大学運営を担う理事と諮問監視役の評議員の兼任を認めていて、理事の選び方も各大学の判断に任せているそうである。全般になんであれ弱腰の文科省よ、多額の補助金を削減するだけではなく、しっかり指導して正さなければ。自力での更生はおそらく難しいと思われる。

遠山元衆院議員は今月逮捕と囁かれていたが、在宅起訴になるようだ。財務省副大臣の地位にもあったから収賄でいけるのではないかと思っていたが、貸金業法違反のみでの立件であるらしい。山内元参院議員は平成10年当選の私の同期であるが、先般、業務上横領で逮捕された。事件の全体を見ると詐欺のように見えるが(ただしこの方の鷹揚ないしはアバウトな性格からして、詐欺の犯意は薄いのかもしれない)、被害者が詐欺ではなく業務上横領で告訴し、その前には同額の民事訴訟を起こしていたのである。返金さえすれば告訴まではしないのに、2~3億円程度の金が捻出できなかったようだ。ずいぶんと大きな不動産案件を動かしていたらしいのに、一体それら巨額の資金は一体どこに消えたのだろうか。返金できない以上不起訴にはならず起訴されるし実刑も確実だ。保釈金だって用立てるのは困難であろう。一連の真相が知りたいものである。

このところ、日曜午前に出勤して2時間余仕事をしている(別用が入っていれば無理だが)。どうせ休日の午前はうだうだ過ごすから、これは大変効率が良いと発見したのである。おかげで今、気になっていたブログを書くことができた。気が早くも、ベートーベンのチェロソナタ3番の次は何にしようと調べていて、シューベルトのアルペジオーネ・ソナタを知った。うっとりするほど綺麗な曲なので、音楽好きの友人に聞いたら皆、もちろん知っている、とのことだ。アルペジオーネという6弦楽器は廃れてしまい、チェロないしはビオラで演奏されることも皆さん知っていた。本当に、知らないことが多いものである。楽譜を取り寄せたら、ピアノパートはベートーベンより遙かに易しかったが、チェロパートはさすがに音域が広くて、ト音記号(=ピアノ右手・バイオリン譜)→ハ音記号(ビオラ譜)→ヘ音記号(=ピアノ左手・チェロ譜)に跨がっているというか、むしろハ音記号が主である。チェロよりビオラで演奏するほうが易しいというのはきっと本当なのだろう。シューベルトは僅か31年の生涯で1000曲を超える曲を作ったが、歌曲を筆頭に、未完成交響曲や弦楽4重奏「死と乙女」、ピアノ五重奏曲「鱒」等々、その旋律の美しさは群を抜いている。

カテゴリー: 最近思うこと | コメントは受け付けていません。

あっという間に11月も終わりです

すっかりばたばたしていて,気になりながら,最近のことも綴らずじまい…。10月末の総選挙も(下馬評とは違い)自民党勝利に終わり,岸田内閣も無事に船出したように思える。自民党党紀委員にまたまた再任され,すでに15年以上の在任歴で,一番の古株になっている。

一時はどうなることかと思われた新型感染症が,ワクチン接種の普及によるのかマスク励行によるのか,はたまた密を避ける生活スタイルによるのか,劇的に落ち着いてきた。2年近く中止されていた会合が復活したり,早めの忘年会が開かれたり,結構夜も詰まるようになった(もっとも新型の感染力の強いタイプが南アフリカ発で登場し,うかうかとしてはおられぬのではあるけれど)。そうするとお洒落もまたしたくなって,着物もまた着ている。あまり着る人がいないので,すごいことのように思ってもらえるが,何でも慣れで,自己流の着付けは1時間もかからないし,コーディネートは楽しいし,どうということはない。

たまたま先週はスケジュールが詰まってあちこちに出かけていたため,デスクワークが出来なかった。なので,今日(日曜)は朝から事務所に出てきている。このあとはデパ地下で食料品を買い,帰宅してお昼を食べる。デスクワークといってもせいぜい2時間程度するだけだが,明日その分しなくてよく,クリアな頭で肝心の大事な仕事を始めることができる。幸い昨夜はぐっすり眠れたので,今日はとても快調だ。

九州場所はまたまた照ノ富士優勝で終わり(今日千秋楽はたぶん,見ない),面白かった日本シリーズもヤクルト優勝で終わってしまった。一気に冬到来である。ヤクルト20年ぶりの日本一,かあ。カープなんてまだ一度も日本一になったことがない(はず)。ロッテは11年前だ。ああ,リーグ優勝がしたい,そして日本一になりたい。相撲は日本人横綱を誕生させたいが,候補すら思いつかず,いつになるか見当もつかない。国技なだけに本当に情けない。

死ぬまでにやりたいことがいくつかある。その一つが,ベートーベンのチェロソナタ3番を弾くこと。私はチェロの音色が好きで,かねてアマチュアで上手い人を探していたところ,ひょんなことから,バリバリのプロが合わせて下さることになった。来月第1回目のレッスン(合奏)で,当然私が先生方に行くつもりでいたが,先生のほうから来られるとのこと。グランドピアノを置いた部屋は空きスペースが小さく,ダメだった場合,リビングに置いたアップライトを使わざるえないが,完全にインテリア(木目のスタインウェイで綺麗なのだ)となっており,急遽調律師に来てもらう。鋭意,掃除片付けもした。私がピアノパートを練習するのは当然のこととして,何やかやとすることがある。それもあって,非常に忙しい年末である。

カテゴリー: 最近思うこと | コメントは受け付けていません。

『母の遺言書を兄が偽造したのではないか…と疑っています』

自由民主党月刊女性誌「りぶる12月号」
カテゴリー: 執筆 | コメントは受け付けていません。