眞子様、その結婚はどうかお止めください

昨年、婚約内定報道があった当初から、見るからに怪しい人たちだと感じていた。まず本人。26歳で、定職なし! 国際基督教大学を卒業後、一流銀行に勤め、一流支店に配属されたのに、数ヶ月で辞めている。それから3年以上。今は一橋大学大学院で経営法務を学びながら、都内の国際法律事務所で週3日程度アルバイトをしているらしい。年収はおそらく200万円程度だろう。

彼は何を目指しているのか。どんな職に就くつもりなのか。国際弁護士志望などという楽観論が出ていたが、司法試験を受けるには多大の準備・勉強が要る。アメリカの弁護士になるのも英語が少し出来たくらいでは話にならない。日本でも今はロースクールに行くのだが(法学未修者なので、3年が必要)、その入学試験も非情に難しい。彼が今学んでいる大学院はロースクールではなく、そうした進路を頭に置いているとはとうてい思えない。法律事務所勤務の肩書きは、公になると「無職」ではまずいので、秋篠宮殿下が名誉総裁を務めている某団体の監事弁護士に依頼して一時的に席を置かせてもらったのだろう。要はフリーターである。

気に入らないのは、20歳でプロポーズをしたということである。将来設計もない時点でのプロポーズは、相手が普通の女性でもありえない。それをよりにもよって皇室の方に対し、あまりに安易過ぎ、甘すぎないか。在学中に「海の王子」に志願したり、アナウンス学校に通ったり、短期留学したり(これを帰国子女とは言わない)、せっかく銀行に勤めたのにあっさり辞めたあと(辞めさせられたのかもしれないが)、次の就職先を探した形跡もない。眞子様と結婚すれば1億円を越える持参金がつく(原資は税金だ!)。いい就職先を斡旋してもらえ(そもそも働く気があるのかどうか、はなはだ疑わしい)、金銭的援助も受けられるだろう。華やかな場所にもよんでもらえる。将来女性宮家が出来たりすれば、自分も殿下になるのだ…。言葉は悪いが、率直に言って、ヒモである。ヒモと結婚してうまくいった試しなど、ありはしない。第一、そんな男を尊敬できるだろうか。長く続く結婚に必要なのは、愛よりもむしろ尊敬である。

昨年12月から、母親のスキャンダルが続発し出した。もともと母親については一切の家系報道がなく、不可思議だった。報道によると、彼女は夫の自殺後、近所の年上男性(彫金師)を同居させて養い、かなり年上の外資系勤務男性とは婚約までしてお金を400万円以上出させたのに(振込履歴が残っている)、婚約解消後はその返済を拒否、これは貰ったものだと主張している。うち200万円は、息子の留学に200万円の残高証明が要るから振り込んでほしいと頼み、その後、生活費に必要だ云々で結局、まったく返済していない。その留学がなければ、留学説明会で眞子様と知り合い、親しくなることもなかった。その他、唖然とすることが、これでもかというばかりに出てくる…。母親がやってきたことは、詐欺に近い。

多くの事件を見てきたが、事件を引き起こす人間は、まずもって健全な金銭感覚を欠如している。金銭感覚は、それほど人間の本質である。夫は死亡、自分はケーキ屋でバイト。生活は苦しかったはずだが、それで賄えるだけの暮らしをするのが真っ当な人間というものである。ありえない高い暮らしを望み、周囲の人から金を引き出して、恥じることがない。見栄っ張りで、異様な自己顕示欲。暮らし向きに不釣り合いな多額の金がどこから出ているのか、息子も当然に知っている。報道によれば、弁護士と相談をして作ったという書面を母子で男の元に持参、自ら「贈与だと認識している」と述べたとのこと。なんとまあ、揃いも揃って破廉恥な、規範意識のかけらもない母子なことか。

結納金も結婚式もすべて、恥ずかしげもなく、おんぶに抱っこで全部出させるつもりである。秋篠宮ご夫妻もなぜこんな、最低レベルの相手との交際を、承知したのだろうか。一見「いい人」など、どこにもでいる。詐欺師的な人間ほど、そんな仮面を被って人を欺すのは訳もないことなのだ。普通の家でも興信所を使っていろいろ調べさせるのに、皇女の結婚相手はフリーパスなのか。宮内庁には警察の元トップもいて、調べさせることなど訳もない。そもそもバイオリンを習わせ、国立音大附属小学校に通わせ、中高一貫のインターナショナルスクールに通わせていた、分不相応な資金はどこから来ているのか。それくらいは最低でもクリアしておかねばならない課題だったはず。今年になって一流週刊誌がこぞって取り上げなければ、あのまま結婚していたのかと思うと、恐ろしすて、ぞっとする。

本人も駄目、親も駄目。一般の家庭でもこんな結婚は認めない。まして眞子様は、いずれ天皇の娘にも姉になるお人なのだし、その夫は天皇家に最も近い親戚となる存在だ。その母親も、また同じ。皇室の方々には、皆の模範になるべく生活してほしいし、皆が納得する結婚をしてほしいと心より願わずにはいられない。

カテゴリー: 最近思うこと | コメントは受け付けていません。

栃ノ心優勝に思うこと

今場所は10日目に観戦に行き、結びの一番で鶴竜の完勝を見届けた。鶴竜、危なげなく10勝。これまで引きやはたきで自滅していた、情けない弱い横綱はどこにいったのだろう。まさしくこれは変身だ。よくぞここまで見事に、身体的精神的に万全の自己改造をしたものだ。稀勢の里よ、鶴竜にこそ学べ! 平幕3枚目栃ノ心が1敗で続いていたが(鶴竜に負けたのである)、今場所の優勝は鶴竜で決まりだと信じて疑わなかった。おそらく日本中がそう思っていただろう。

ところが、どっこい。翌日から昨日までまさかの4連敗(今日千秋楽で豪栄道に負けると5連敗だ)。魔法が溶けて本来の鶴竜が現れたかのように、引いて自滅のいつものパタン(柔道じゃあるまいし、相撲はひたすら前に出るものだ!)、どころか力なく押し込まれてそのまま土俵を割る。これは横綱相撲ではない、どころか幕内の相撲ですらない。一応10勝はしたので直ちに引退を迫られることはないにしても、以前の鶴竜に戻ったのではその危機を先延ばしにしただけである。

平幕優勝の意味するところは、上位が情けないということである。相撲の番付はそれだけ厳しいものなのだ。優勝は横綱、せめて大関であってこそ、番付の意味はある。横綱は鶴竜だけ、大関豪栄道は昨日ようやく勝ち越し、高安は3敗(今日関脇御嶽海に勝てば12勝だ。準優勝)、関脇御嶽海もようやく勝ち越し(7連勝の後の5連敗は何なのか)、同じく関脇玉鷲は5勝(今日平幕5枚目隠岐の海に勝って6勝だが、来場所は平幕に転落する)。新小結貴景勝と阿武咲(共に21歳)は負け越して、これも来場所平幕落ちだ。関脇1つ、小結が2つ空くのを誰が埋めるか? まず関脇は栃ノ心(彼は2年前にも関脇だった)、小結は平幕筆頭ですでに9勝した逸ノ城が堅い。現在平幕5枚目で9勝済みの遠藤が今日栃ノ心に勝てば初の三役昇進は堅いだろうが、でなければ番付上位の琴奨菊、荒鷲、千代大龍、正代の誰かが今日勝ち越せば、無理かもしれない。

さて昨日、初場所14日目に1敗栃ノ心の優勝が決まり、平幕の優勝は6年前夏場所の旭天鵬以来と報道されているが、この時の優勝は今回と全く意味が異なるのである。大相撲幕内は2リーグ制のようなもので、上位グループは互いに総当たりだが、下位グループは上位力士とは当たらない。旭天鵬は下位グループにいて序盤3敗、白鵬がその場所珍しく不調で10勝しか出来ず、中盤までは優勝の筆頭候補だった稀勢の里が終盤に失速(結局11勝)、急遽下位の旭天鵬が優勝候補に浮上した。協会は慌てて割を組み直し、最後大関1人に当てられたが、結局横綱戦がないまま優勝したのである。なんか変じゃないの、これ? 当時、今以上に場所に通っていた私は、その優勝を素直に喜べない気持ちで一杯だった(実際、翌場所上位に昇進した旭天鵬は2勝13敗だった)。

今回は違う。前頭3枚目は上位グループであり、栃ノ心は上位と総当たり済みなのだ。そのうえでだから、胸を張っての優勝である。栃ノ心という力士にかねて注目していたのは、幕内にいた5年前(小結にまで昇進済み)、右膝断裂の大けがを負い、4場所連続休場して幕下下位まで転落したのを、幕下優勝2回、十両優勝2回を重ねて(対逸ノ城戦で連勝)、再入幕を果たしたからである。これぞ不屈の精神力。めげたことはどれほどあっただろう、もう止めようと思ったことも数知れないはずだ。それを乗り越え、自分に勝って、厳しい稽古を続け、1つ1つ着実に階段を駆け上がってきた。故障した膝は完全には治らないので、負担をかけないよう、勝負は早く終わるようにしているという。とにかく「前に前に出て」自分の相撲を取るのだと(鶴竜よ、よく聞け)。

家はジョージア(ロシア語読みでグルジア)でワイン醸造をしているという。欧州柔道ジュニア選手権の優勝者。中卒後専門学校に3年通って歯科技工士の資格を取ったという。相撲をやるため来日するとき、母親は行かないでと泣いたという。幼なじみの女性(レントゲン技師)結婚して昨年11月年末、女児が生まれた。ジョージアにいる妻は「頑張って」と日本語で伝えたという。帰国して家族に会えるのはまだ先になるらしい。奥さんは日本語を勉強しているという。栃ノ心、本当におめでとう。自分を信じて、志を曲げることなく、ひたすら努力を続けたあなたはなんと素晴らしいことだろう。努力が報われて、なんと嬉しいことだろう。我々はに彼に大いに見習うべきだろうと思う。今日千秋楽はテレビで見届けよう。

カテゴリー: 最近思うこと | コメントは受け付けていません。

『高齢の母が悪質商法の被害に。今後どんなことがあるのか不安です』

自由民主党月刊女性誌「りぶる2月号」
カテゴリー: 執筆 | コメントは受け付けていません。

4年ぶりの大雪、晴天の週末は松山に行っていました

昨日(月)は天気予報通り昼頃から雪がちらつき、早めの5時前に事務所を出た時には数センチの積雪だった。半蔵門駅ホームは見たことがないほど混み(間引き運転とのこと)、1本遅らせて乗車した。次の永田町駅で乗り換えた有楽町線はさほど混んでおらずすぐに乗車できたが(混むのは銀座線や丸の内線だ)、JR有楽町駅ホームは間引き運転もあって人が溢れ、これまた乗車は1本遅れだった。常とは違って車内は満員である。6時近くに田町駅に着くと、改札階にびっくりするほど人が溢れていた。ホームに降りるのが規制されて行列になっているのだった。東北大震災の時の、青山一丁目駅での光景を思い出す。常は30分少しの通勤に1時間以上要したが、それくらいは被害でも何でもない。

昨日は朝から雪用ブーツを履いて出た。ところがびっくり、帰りの積雪の中、ハイヒールで歩いている女性が実に多いのである! 足がびしょ濡れだし、第一、まともに歩けない。革靴を履いている男性たちも、一体何を考えているのだろうと思う。転倒による怪我が多かったというが、そんな格好では当たり前だ。スノウタイヤに交換しないで運転していた人もきっといたのではないか。

さて、この週末は松山にいた。実に30年以上前、東京地検から新任明けで赴任した所である。空港からのリムジンバスから見える堀端の光景が記憶に鮮やかだ。これからようやく一人前の検事なのだと、期待に胸を躍らせていた! 四国初の女性検事だったので(私は歴代38番目の女性検事である)マスコミがたくさん取材に来て、新聞各紙に載った。神戸大卒。やがて大学同窓のA氏が連絡をくれ、松山での大学同窓会に私も出席するようになった。10年近い先輩のA氏も法学部卒。県庁に勤めていた。読書家で気が合い、しょっちゅう飲み歩くようになった。

A氏の奥様もやはり気さくで、実に素敵な女性だった。広々とした敷地に長い平屋の一軒家に。本で溢れる部屋があった。よくお邪魔してご馳走になり、泊まったり、3人で飲みに行ったりした。元旦の当番だった時、大晦日に息子に殺された父親の死体解剖に出かける羽目になったときも、この家に泊まり、奥様お手製の美味しいおせち頂いた。一家そろっての夜中の初もうでも記憶に鮮やかだ。

この度は、松山同窓会での講演によばれたのだが、懐かしい空港にはその幹事である3年ほど後輩のB氏(やはり県庁勤務)が迎えに来てくれ、様変わりをしたという道後温泉にまずは案内してくれた。その後、A氏が定年後、長らくの夢を実現させて開いた東雲の古本屋に顔を出した。居抜きで買ったというこの店も早や10年続いている! 同窓会での講演・懇親の後はA氏B氏の3人で飲みに行き、翌日曜日は、A氏の奥様も入れた4人で、ゆっくりランチを取り、お茶をした後、B氏が空港まで見送ってくれた。天候にも恵まれ、3年半ぶりの松山を心より楽しみ、リフレッシュすることが出来た。感謝。

30年以上の付き合いがあるのに、この度初めて知ったことがある。3人とも神戸大学法学部卒だが、私はもともとは当時二期校だった大阪外語大英米語学科が第一志望だったのだ。ところが見に行ったらとても小さくお世辞にも綺麗ではなかったので相当に落胆し、2時間かけてここまで4年も来れないと思い、神戸外国語大学(市立)に志望を変えた経緯がある。しかし、本来すべり止めだった法学部(当時大阪外語大英米科のほうが偏差値は高かった)に合格してしまうともはや市立を受ける気がなくなり、そのまま法学部に入学した。その話をすると、なんとB氏も大阪外語大英米語学科を志望(神戸大学では私と同じESSクラブだったという)、A氏もまた同大学アラビア語学科を志望していたというのだ!

もし私が法学部に行かなければ検事になることもなく、松山に赴任することもなく、こうやって同窓生として巡り合うこともなかったという話になった。運命とは不思議なものだ。偶然の出会いの後、時空を越えて親しく付き合いが続くのは、なんと素晴らしいことだろう。「友あり遠方より来たる、また楽しからずや」、本当に気の合った人たちとの交遊ほど人生で素晴らしいものはないと思える。天候にも恵まれ、実に幸せな週末だった。さあ、今週はいろいろ大変だが、頑張ろう。

カテゴリー: 最近思うこと | コメントは受け付けていません。

新年になりました

思い返して,昨年1月は大変だった。年末から引いた風邪が治らず咳が続くうえ,中旬にはインフルエンザに罹患。日曜に救急病院に行ったら,40度近い熱でA型の診断だった。丸1週間休んだが,その後も咳が続く…。処方されたきつい咳止めも効かず,結核・肺がん?いろいろ調べられて結局,原因不明のまま。そのうちに止んだのだが,最近テレビで知ったところによると,花粉症だったかもしれない。スギ花粉ばかりか檜やブタクサなど年中花粉が飛び,咳や鼻水の原因になっているとのこと。今年もやはり年末に風邪を引いて悪い記憶が蘇ったが,今回はほぼ1週間で治って,ほっとしている。どうしたって休めない。とにかく予防が肝心だ。マスク着用と睡眠時間の確保である。

顧問先とのお付き合いなどで,1月7日(日)に国立劇場で歌舞伎を(菊五郎一座。品のある菊之助が好きである),続く14日(日)は新橋演舞場で海老蔵の歌舞伎を観劇した。海老蔵は声が籠もってはっきりしないのと,踊りの体幹が美しくないのとであまり好きではないのだが,今回は巧みに静御前その他7変化の踊りを披露し,印象が良かった。歌舞伎は,踊りの出来る俳優,回し舞台や宙づりなどの大がかりな舞台装置,三味線その他の多彩な音楽,豪華な衣装・早替えに黒子…歌中心のオペラも良いが,花道を持つ歌舞伎こそ世界に誇れる総合芸術だと改めて思う。

来週は大相撲観戦である。昨年来の騒動によって,世間の興味が土俵の外に向かった傾向は否めないが,やはり土俵の充実こそが大相撲の本領である。4日目の昨日時点で,稀勢の里がすでに平幕に3敗。負け方も3日目逸ノ城と昨日琴奨菊戦は完敗だった。張り手とかち上げを横綱審議会から封印された白鵬は一気に並みの力士となり,平幕に2連敗,今日休場が発表された(もっと以前から横綱審議会は注意すべきだったのである!)。片や,最も早く引退すると思われていた鶴竜が万全の相撲内容で連勝している。稀勢の里はもはや途中休場は出来ないだろう。負けが込めば一気に引退の可能性が高くなる。なんと不運なことかと思わざるをえない。

昨年初めに4人になった横綱が,昨年10月末の不祥事で日馬富士がまず引退(彼のスピードのある相撲は好きだったので,残念である),案外に,鶴竜が最後の横綱になるのかもしれない。今の2人の大関豪栄道と高安の横綱昇進は望めないように思うし,その下の力士で近く大関に昇進しそうな力士も見当たらない。一時はすぐに横綱になると思われた照ノ富士は,怪我のうえに糖尿病もあるらしく,幕下に陥落した今場所すぐに休場,来場所は十両転落必至である。戻ってこれるのか戻ってこれないのか,勝負の世界はどこも厳しいが,怪我と裏腹の大相撲の世界は最も厳しいように思われる。

カテゴリー: 最近思うこと | コメントは受け付けていません。