ウクライナ戦争に改めて思うこと

大型連休が終わった。私は4月29日事務所に出た後、5月1~5日尾道に帰省し、6日から通常勤務である。気温の変動が激しくて要注意だが、依然マスクをし、手洗い・嗽を励行しているせいか、至って体調は良い。何より睡眠不足がいけないので、夜は(何かしたいことがあっても)早めに寝て早く起きる生活習慣に変えたのが良いのだと思っている。

さて、ウクライナでは依然戦争が続き、民間人の惨殺など悲惨な現状が日々伝えられるが、停戦ないし終戦の当てはいっこうに見えない。有識者の話を聞き、本や記事を読むが、中で、思想家内田樹氏(現神戸女学院名誉教授)の話(月刊日本2022年5月号)がいつもながら洞察力に満ち、非常に参考になった。いわく、S.ハンチントンの『文明の衝突』(1966年)ではいずれ世界は7~8つの文明圏に分割されるとの見通しだったが、ウクライナ戦争は「ウクライナはロシア帝国の属領であるべきか、単立の国民国家であるべきか」という本質的な問いを巡るものである。旧ソ連圏を再び支配下に置くことで帝国を再編しようというプーチン対死を賭して単立の国民国家であることを選ぶウクライナ国民の正面衝突である。

前近代の世界では帝国が基本的な政治単位だったが、ヨーロッパでは1648年のウェストファリア条約から「国民国家」という新たな政治的単位が導入された。後者が支配的になっていくのは、フランス革命戦争が「国民国家は帝国より戦争に強い」と証明して以降とのこと(私は、ナポレオンが素人の市民を徴兵して、傭兵ばかりのプロイセンに勝利したときがその分かれ目かと思っていた)。そして19~20世紀、帝国の属領だった地域が次々と国民国家として自立していく反面、各帝国は崩壊していく。

なるほどと思ったのは、ウクライナ戦争に世界的関心が集まるポイントは「政治的正しさ」(political correctness)であるということだ。すなわちゼレンスキー大統領は、国際社会に向けて「我々は、自国領土や市民の自由と権利を守っているだけではなく、この戦いを通じて、世界中の人々の自由と権利をも守るためにも戦っているのだ(=上位の価値)」とのメッセージを発信している。それ故に世界中の市民から支援が殺到したが、対してロシアはNATOの東方進出で自国の安全が脅かされたという「戦争理由」を掲げるだけで、それはロシアの国益にしか関わりがない。ロシアは今回「力による現状変更」に踏み切ったことで「越えてはならない一線」を越えてしまった。

氏は、アメリカについて「自分の手は汚さずウクライナに激しく抵抗してもらって、ロシアの兵員兵力が損耗し、経済制裁でデフォルトに陥り、国際社会で孤立した二流国に転落するシナリオを期待しているだろう」と言う(中国は厳しい立場に置かれており、台湾侵攻は遠のいたのではないか?)日本は「帝国の属領」になるのか「独立した国民国家になるのか」と言えば、日本は「アメリカ帝国の属領」であると。独立を目指すのが不可能なのは、今の日本人には「総力戦」を戦う力がないからだと。それでも独立を目指したいというのならば、「我々はどういう世界を目指すのか」という理想を問い直すべきだと(それは憲法前文にすでに書かれているだろう)。

4月26日付け日経新聞オピニオン「抗うウクライナ、日本に教訓」(秋田浩之)にも大いに共感した。まとめると、①有事では同盟の有無が明暗を分ける、②自力で防衛する力と意志がないと、他国の支援は得られない、③政治リーダーによる優れた国民と軍の統率力が戦況を大きく左右する。ことに②。ウクライナは、大統領以下国民が国の独立を守るために必死で戦っている。民間人の殺戮を止めるためにすぐに停戦だ降伏だと言うのはたぶん日本人くらいだろう。国の独立をまさに死守しようとする姿勢こそが世界中の共感を呼び、支援を集めている。同盟国に自国の防衛を丸投げするような国を、同盟国すら守ってくれるはずもない。いわんや他の国々はそっぽを向くだろう。もっと以前に向き合わなければいけなかったはずの冷徹な現実を、ウクライナ戦争は我々に突きつけている。

カテゴリー: 最近思うこと | コメントは受け付けていません。

『急逝した母の遺産相続。どうしたものかと困っています。』

自由民主党月刊女性誌『りぶる』2022年5月号
カテゴリー: 執筆 | コメントは受け付けていません。

ロシアの皇帝は世襲でなくてよい…?!

20年位前のこと、ちょっと歴史に詳しそうな人がいると必ず聞いていたことがある。「なぜエカテリーナは全く血縁がなくて皇帝になれたのか、分かりますか?」。誰も答えてはくれなかった。そんな疑問、誰も持っていなかったようなので、いつしか聞くのを忘れてしまっていた。それが数年前、ひょんなことから氷解したのである!

答えは──エカテリーナだけではない、ロシアでは皇帝は世襲とは限らないのである。エカテリーナ女帝があまりに偉大だったので、囚われていたのが誤りだった。あまりに暴力・拷問が過ぎてイヴァン雷帝と呼ばれているイヴァン4世(15~16世紀)はリューリフ朝だったが、跡継ぎの次男は自分で殺してしまうし、三男は頭が足りなくて、あとが続かず、まさに混沌としていた。17世紀にロマノフ朝が興ったが(~1917年、ロシア最後の王朝である)、ロマノフ家というのは名門の一族で、雷帝の最初の妻の出所である。その3代目が大北方戦争に勝利して(それまではスウェーデンが最強国であった)、ロシアの西洋化・近代化を初めて成し遂げたとされるピョートル1世(大帝)である。言わずと知れた、プーチンが最も尊敬する男である。

ピョートルは2メートルある大男であった。親が決めた最初の妻が気に入らず、修道院に幽閉し(男子が1人育ったが、後に殺害)、自分は適当に女を見つけた挙げ句、なんと農民出身の女中であった女を大変気に入って秘密結婚する。この女は12人も出産したが、うち無事に育って大人になったのは女2人だけ。ピョートルが50代で亡くなったとき、後継は決まっておらず遺言もなく、結局なんと、この未亡人(名前をロシア式にエカテリーナと名乗っていた)が帝位を継いだのである! ありえない! 血縁がないどころか、農民出身で教養もない女が、この身分制の時代に、である。

他のヨーロッパ諸国ではありえないことである(もちろん日本やタイなどでもありえない)。イギリスの王朝もフランスの王朝もその他、どこもあれこれ変わったが、すべて根っこは同じ所に起因する。直系が途絶えると(直系が永遠に続いた試しはない!)弟か、それが無理なら従弟かとにかく近い所に戻って、そこからまたスタートするので別の王朝名になるにしろ、である。フランスは女性を王位につけないが、摂政はOKである。しかし、エカテリーナ1世は血縁もゼロだし、息子もいないので摂政にもなれない。

彼女は40代で亡くなる。その後は、大帝が殺害した一人息子の遺児(つまり孫)がピョートル2世として即位するが、まもなく死亡。そのあとは、大帝の腹違いの兄の系列に皇位がうつり、姪が女性摂政として辣腕を振るうが、大帝の次女エリザベータが軍を率いてクーデターを起こし、皇位を奪取する。この女性、当時のオーストリアのマリア・テレジア女帝とフランスのポンパドール夫人(ルイ15世の公娼)と組んで、プロシアのフリードリッヒ大王に対抗したペチコート同盟で知られる。40代で亡くなったとき、彼女の後継は決まっていた。ドイツ貴族に嫁いだ姉アンナの遺児ピョートルである。つまり彼が3世。

ピョートル3世は低脳気味で、おもちゃで兵隊ごっこをするのが何より好きだったらしい。フリードリヒ大王に心酔し、軍隊もプロシア式に変えて、皆から離反されていたという。エリザベータは、ピョートルに賢い女をと、ドイツの片田舎の貴族を選ぶ。それがロシア名エカテリーナである。ピョートルは不能だったらしく、浮気が公認され、エカテリーナは跡継を産むが、姑に取り上げられてしまう。そしてピョートル3世即位。その後、軍隊を引き連れてクーデターを起こして、夫を幽閉(後に病死を装って殺害)、エカテリーナ2世として即位する。ロシアの血どころか、彼女は生粋のドイツ人である。以降の公私ともに華々しい人生はすでに知られたところである。

なぜ、血縁である必要がないのか? 結局のところ、あの恐ろしく広い国土の各地には数え切れないほどの豪族なり貴族がいて、それぞれに土地を支配・管理しているのだから、その力のバランスの上に成り立つトップは、血統という以上に、そもそもの力がないと無理なのではないか。そしてプーチンは、歴史家でもあるらしい。地縁も血縁も全くない自分でも、まとめる力があり、皆に支持されている以上、皇帝になれると考えているのではないか。スパイから国のトップに立って、すでに20年。その「妄想」は限りなく強固なものになっているであろう。ウクライナもジョージアもその他大勢、彼らは自分にひれ伏すべき存在であると信じてしまっているのではないか。

昨日昼は、この近くを、最後の桜を見ながら散歩した。暖かくて大変気持ちが良かった。それがどんなに幸せなことか、毎年感じることではあるが、今年はよけいに、骨身に染みて実感している。一人の殺人事件だけで、大変なことだと思っているのに、まさに大量の殺人事件が、当たり前のように起こること。それが戦争なのである。戦争犯罪、という言葉すらとても軽く感じられてしまう。

カテゴリー: 最近思うこと | コメントは受け付けていません。

『離婚届を置いて消えた妻が、知らぬ間に出産していました…』

自由民主党女性月刊誌『りぶる』2022年4月号
カテゴリー: 執筆 | コメントは受け付けていません。

桜が綺麗である…今日年度末

3月はなんとなく長かったような気がする。ようやく今日を無事に迎えられた。昨夜よく寝たから、幸い頭は爽快だ。一日の幸せは朝の起床時にほぼ決まっているように思う。

年度末の月なので、あちこちで行事も多く、当然ながら出かけることも多かった。雨で諦めた日は別として、数えたら9回、着物を着た。周囲の皆さんも私の着物姿にはもう慣れっこで、驚かれることも久しく、ない(年配の女性を含め皆さんほとんど着ないので、せっかく着物の知識に詳しくなっているのに、質問もなくて残念なのだが…)。一念発起してネットで着付けを自習し、習うより馴れろで着始めたのがついこの間のことのように思われるが、以来9年。スマートな着方も、織りや染めなどの知識も、もちろんコーディネートの仕方も、ぽんぽんとステージが上がってきた気がする。次に着るのは4日、入学式である。

愛媛の友人が、ウクライナ侵攻、コロナ禍、そして花粉症と3重苦の毎日だとメールに書いてきた。私も花粉症なので、その気持ちはよく分かる。コロナは幸い私は罹患していないが(明日3度目のワクチン接種)、身近な人に罹患者が結構出ている。皆若者でもなく、大声を出しての外食もせず、子どもと暮らしているわけでもないのに、どこで罹患したのか、本人たちも分からないという。ただしどこかでウィルスに接触しなければ罹患しないわけだから、私だって罹患しないとはいえない。マスクは依然外では必ずしているのだが。

ウクライナ侵攻からすでに1ヶ月が経ち、この先の展望が見えてこない。ロシア軍は死者多数(1万人超えらしい)を出し、キエフなどを制圧するどころか撤退をしている(驚くばかりに旧式な軍備で、どこにどの隊列がいるのか皆目分からないらしい!?)。故に断続的に停戦交渉が行われ、ウクライナはロシアの要求通りNATOに入るのは諦めるが、それとは違い安全保障常任理事国(つまり中国、ロシアを含む)を入れた別の安全保障の枠組みを作りそこに入りたい旨要望している。非武装化など、飲めるはずがない。永世中立国であるスイスでも徴兵制あり軍隊あり、なのだ。ロシアは2014年に併合したクリミア半島はもちろん、東部の親ロシア2州(独立宣言をし、ロシアはこの2月21日それを承認した)をウクライナが割譲するよう求めているが、ウクライナは拒否している。

プーチンへの怒り、不信感はロシア本国でも渦巻いているようだが、クーデターを起こすほどの高まりはないらしい。思い起こせば、軍部を手なずけ、夫のピョートル3世に対してクーデターを起こし、見事勝ったエカテリーナ(女帝)はすごかったと思うが、この夫は無能で、プロイセンのフリードリヒ2世を憧憬して軍部に不満が渦巻いていたから、事情は違う。プーチンがもし暗殺されたとして、その後のロシアの体制はどうなるのか、誰がどう指導し統括していくのか、その青写真もない。とにかくこの広い国を、プーチンはいわば1人で20年以上引き回してきたのだし、憲法も改正して、2024年の大統領選挙で以後2期12年やるつもりだったのだ(プーチンは83歳になる。男性の平均年齢67歳の国で、である)。

考えてみれば、これまでだって、イラク戦争あり、アフガニスタン戦争あり、シリア戦争あり、チェチェン戦争あり…到る所で人は死に、子どもたちも死んでいたのに、そのときはマスコミに大して報道されることなく、我々も(申し訳ないことだが)ほぼ無関心であった。今回はゼレンスキーという発信者が優れていることも大きいのだろうが、歴史のあるキリスト教国であり、日本にも馴染みがないわけでもない国に対して、ロシアがまるで昔の戦争であるかのように、ただ侵攻したというショックは大きかったのだと思う。改めて、平和の大切さを噛みしめる。寄付その他、できるだけのことは(というか、それ以外はできることがないのだが)していきたいと思っている。とにかく、恙なく日々が過ぎることへの有り難みを噛みしめなければ、罰が当たりそうである。

カテゴリー: 最近思うこと | コメントは受け付けていません。