川崎の事件,そして練馬(元事務次官の息子殺害)事件について──問題は引きこもりではない

先月28日朝突如発生した川崎の事件は,あまりに衝撃的だった。亡くなった女子小学生と(別の小学生の)父親,及びそのご遺族に対し,心よりお悔やみを申し上げます。負傷者を併せると被害者20人にもなる大事件を,被疑者は包丁を複数用意し,背後から滅多刺しすることによって敢行したのである。そして,自殺。

頭にさっと浮かんだのは,18年前の大阪教育大附属池田小学校事件である。小学校に乱入した男が包丁で小学生8人を次々と殺害,教員を含めて15人が負傷した。エリート小学校という共通項。宅間守37歳は,早くから問題児で,志願した自衛隊でも,その後転々とした職場でも,育った家庭でも孤立していた。自殺する気などさらさらなく,罪を免れるために精神障害や薬物使用のせいにしようとしたが叶わず,死刑判決が下り,わりとすぐに執行された(獄中結婚した女性が遺骨を引き取った)。遺族らへの謝罪の言葉は,一審の裁判時以外は一切聞かれなかったという。

宅間には強姦の前科があったし,周りの誰彼への粗暴さが半端ではなかった。対して,川崎事件の被疑者51歳は,近所でトラブルを起こしていたようだが,前科もないようだし,これといって目立つ人間ではなかったようだ。学生の頃の写真しか出てこないところを見ると,結婚はむろんのこと就職経験もなかったのであろう。同居していた80代の夫婦は実の両親ではなく伯父夫婦だという。実の両親が離婚して息子を手放したのを引き取り,実子と一緒に育てた。その「いとこ」がカリタスに通っていたとの報道もあり,実子と差別されたとの怨恨を長く募らせていたのかもしれない。伯父夫婦は被疑者のために食事を作り,小遣いをやり,気兼ねをしてヘルパーも呼べないなど,不自由な生活を強いられていて,何度か公的な相談にも行っていたという。そして突如,この事件である。

「被疑者死亡」の場合でも捜査は行う。捜査は犯人の発見・確保及び証拠の発見・確保が二本柱だといつも学生には教えていて,しかし犯人が死んで法廷が開けなくなっても,捜査は行うのである。故に警察は,自宅の捜索差押えに赴いたし,関係者の事情聴取も行っている。それは,事案の真相を明らかにしなければならないからである(刑事訴訟法第1条)。だが,動機はじめ犯行に至る経緯,犯行状況その他すべて,本人以上に知る人はいない。つまり自殺は,証拠隠滅かつ逃亡の,究極の形であり,故に捜査機関が最も嫌うところなのだ。被疑者は何らかの理由で命を絶とうと考えた。だが,ただ死ぬのでは自分だけが被害者になってつまらない。自分をここまで追い込んだものに抗議を表明する手段として,カリタス小学生殺害を思いついた…がこれも,ただの推測に過ぎない。

この事件をきっかけに一気に「引きこもり」がクローズアップされ,いささか驚いている。私の知る限り,引きこもり=危ない(=犯罪)では,ない。引きこもりの犯罪者を扱ったことは,まったくない。なぜならば,引きこもりとは文字通り,学校にも仕事にも行かず,家に閉じこもっている状態を言うのであるから,他人に危害を及ぼす社会的逸脱行為である「犯罪」をしようがないからである。家に閉じこもり何もしなくてもご飯を食べさせてくれる人がいるから引きこもれる,つまり生活にゆとりのない国では引きこもりはなく,日本特有の現象だと言われていて(そのままhikikomori),もしこの場合に罪を犯す相手がいるとすれば,それは同居している家族だろうが,家族を殺しては自分も食べていけないので,そこまでするとは考えにくい(自殺する気であれば巻き込めるが,この事件は家族以外の赤の他人の巻き込みだった)。引きこもりの概念を広げ,近所に買い物や趣味のことで出かけるのはOKの状態まで含めるようだが,そのことによって新たに考えられる犯罪といえば万引き程度であろう。今回のことで,すわ,引きこもり=危険=犯罪,と騒ぎ立てている人たちは冷静な判断を欠いているとしか思えない。

若者の引きこもりは,従来から問題になっていて,その意味するところは,若いのに就労しないのではあたら人的資源が無駄になる,キャリアも積まずただ年老いてはますます無駄になる,また親の年金などを当てにしているから,親が死ねばいずれ経済的に立ち行かなくなり,果ては生活保護という究極のセイフティネットが枯渇するといった,経済的社会的な問題であった。だんだんその年齢が上がってきて,中高年の引きこもりも大量にいると言われ出した。私の知り合いにも,長らくずっと働かず(親の代からの不動産収入があるのだ),独居して,ただご飯を食べたり趣味の物の買い物には出かけるといった人もいて,ああ,あの人も引きこもりなのだと今回,認識させられた。老年になれば同居家族もおらず,自炊したり近場に買いに出るくらいはしなければならなくなるが,これが直ちに犯罪に結びつくとは思えない。意図しての引きこもりではなく,引きこもりたくはないがどうしたらよいか分からないといった人の場合,支援の手をさしのべる態勢があればそれに越したことはないだろうと思う。

さて,農水元事務次官76歳が,自宅で長男44歳を殺害した事件がこの1日に起きた。川崎事件から4日後だ。このニュースに接してまず閃いたことは,おそらく被疑者は,長男が川崎事件の犯人と同じように,他人に危害を加えたらいけないと考えたのではないかということだった。実際,その日,近くの小学校での運動会の音がうるさいと長男が文句を言い,喧嘩になったという。このケースは,ただ引きこもりだから,殺害したのではない。そんなことで殺人事件が起こっていたのでは,日本中,殺人事件ばかりである。この長男は家庭内暴力がひどかった。日がな一日ゲームに嵌まり,「愚母を殺したい」「死んだら遺影に灰を投げつけてやる」「中2の時,愚母を殴り倒した快感が忘れられない」などなど,読むに堪えないことを書き込んでいた。中学生からだと,まさに30年もの長い間,凄惨な家庭内暴力が繰り広げられていたことになる。家庭内暴力による被害者が加害者に転じて,殺人事件になることはよくあることだ。

分からないのは,この長男は十何年間か別居していたが,この5月末,同居のために戻ってきたと最近報道されたことである(であれば,近所の人が息子を見かけたことがないと口々に言うのも納得できる)。家庭内暴力がひどいのであれば,家に戻すべきではもちろん,なかった。お金はあるのだから(ゲーム課金を月30万円以上クレカで払ったと自慢している),これまで通り,お金をやって他で住まわせておけばよかったのである。実際戻ってこなければ,自身殺されることもなく,親が殺人という大罪を犯すこともなかった。戻ってすぐの殺人では,この間にいかほどの暴力を振るわれたとしても,それが正当防衛的なものでない限り,殺害に結びつくほどのものだったとは考えにくいし,同様に,息子が川崎事件のような蛮行を働くかもしれないと思い至るのも早すぎるように思われる。実際のところ,長男には抵抗の跡はなく,就寝中にめった刺しされているのだから,父親には確定的な殺意があり,「殺すしかない」とのメモ書きも残っている。そんなことをする前に,他に出来ることはないのか,然るべき人に相談するなり,考えて欲しかった。子を製造したのは親であり,親がそれを不良品だと見切って殺すのは,やはりあってはならないことだと思われる。

あまたある殺人の中でも,子殺しは最も悲しいことである。虐待をするとんでもない親もいるが,たいていの親は,子の幸せを心から願い,子に良かれと思って育てたのである。時に失敗はあっても,子育てに絶対的な失敗などはない。愛情があれば,尊敬があれば,それなりに,なんとか育つものなのだ。絶対的に愛しい存在を,長く愛情を込めて育ててきたはずなのに,自分たちの思う所とは違う存在となり,あまつさえ,身を挺してでも守らなければならない存在を自らの手で抹殺するに至るのは,あたかも自死行為に似てはいないか。元事務次官という偉い人だったかは別にして,一人の人間として見るとき,間違いなくそれはとても不幸な人生であったと思わざるをえない。

カテゴリー: 最近思うこと | コメントは受け付けていません。

朝乃山優勝,トランプ夫妻観戦に思うこと

今場所も,知人Tさんのご厚意で,大相撲を観戦することが出来た。7日目。新大関・貴景勝が見たかったのだが,残念ながら休場だったので,優勝は番付通り,横綱鶴竜か,10勝以上を挙げて大関復帰を目指す関脇栃ノ心だろうと思っていた。実際,2人はその後も危なげない取り口で,順調に勝星を重ねていた。

ただ,前頭8枚目の朝乃山も順調で,負けたのは6日目の阿武咲(前頭10枚目)戦のみ。阿武咲は貴景勝と同い年,いずれ横綱にと目される実力のある力士である。大相撲幕内はいわば2部リーグ制で,三役ら上部リーグは前頭3~4枚目までで組み合い,下部リーグはやはり自分ら同士で組み合うのだが,朝乃山は11日目でトップに立ったため,12日目は玉鷲との対戦が組まれた。玉鷲は番付こそ前頭3枚目だが,三役が長く,最近では優勝も経験した,突き押しの実力者である。もしここで朝乃山が勝てば一気に優勝戦線に踊り出,後3日は大関・横綱との対戦が組まれたはずだが,順当に?朝乃山は負けた。2敗。鶴竜も同じく2敗。なので,鶴竜が優勝すると誰もが思ったはずである(大関2人はすでにひどい成績だった)。

13日目,2敗朝乃山対3敗栃ノ心。栃ノ心が勝ったと思えたが,物言いがついて,微妙な判定ながら,朝乃山に白星がついた。14日目,朝乃山対豪栄道。最初豪栄道が有利だったが,朝乃山は慌てない。どちらが大関か分からないほど落ち着いて,正攻法で完勝した。この日結びの一番は3敗鶴竜対4敗栃ノ心。これまでの対戦成績を見ても,鶴竜が勝つはずで,優勝は千秋楽に持ち越されると思われたが,何が何でも10勝を挙げて大関に復帰したい栃ノ心は立ち合い変化を選んで勝ち,朝乃山の優勝が決まった。12勝2敗。

7年前のやはり夏場所,前頭7枚目で12勝3敗を挙げて初優勝した旭天鵬は,関脇・小結を経験済みであった。とはいえその場所はもちろん下部リーグで戦っていたのだが,白鵬が珍しく不調(結局10勝),当初好調だった稀勢の里が失速したため,慌てて,14日目大関琴欧州,15日目関脇豪栄道との対戦が組まれた。優勝決定戦は,平幕栃煌山と琴欧州との巴戦だったはずが,琴欧州が怪我を理由に突如欠場して大ブーイングだったことを,国技館にいた私はよく覚えている。

三役経験のない力士の優勝は,58年ぶりだという。「佐田の山」。調べたら,当時13枚目。十両との取組で敗れ,役力士との対戦は1つしかなかったので,大変不評だったという。ただし,実力はほんまもので,その後順当に番付を上げて横綱になったのだから,結果オーライである(その後理事長にもなった)。朝乃山は,近畿大卒の25歳。体格に恵まれ,佇まいに品格がある。四つ相撲の正攻法であり,私はかなり前から将来の横綱候補の筆頭に挙げていた。同い年の豊山(東京農大卒)がライバル。角界に入ったのは同じ時だが,十両に上がったのも新入幕も豊山のほうが2場所ずつ早い。だが,そのあとは明暗を分け,豊山は今また十両に下がっている。どれほど悔しいだろうか。朝乃山は富山出身,豊山は新潟出身なので,県民一同も同じ気持ちを味わっていることだろう。

悔しいといえば,一番悔しいのは白鵬だろう。休場していなければ,国賓のトランプ大統領からトランプ杯の贈呈を受けるべきは自分だったと思っているだろうからだ。しかし,トランプ杯は良いとして,正面枡席にソファを持ち込んでの相撲観戦は許してはいけなかったのではなかろうか。日本人でさえ狭い窮屈な席だが,外人もみな座って観覧している。相撲は日本の文化であり伝統なのだから,それをねじ曲げるのには賛成をしかねる。

座るのが嫌なのなら2階の貴賓室で対応できるのだ。今後,外国から賓客が来て,トランプさんと同じようにと言われると,対応せざるをえないであろう。今後,夏場所ではトランプ(米国大統領)杯を贈呈するというが,彼の弾劾のおそれが消えたわけではない。再選を狙っているが,されない恐れも高いだろう。とにかくも,トランプには品がない。品があれば人として尊敬され,大統領を辞めた後でも相応の影響力を保持できるだろうが(例えばオバマさんのように),トランプが権力を消失すれば,それで終わりである。そうなったら,トランプと親密になりすぎたことへの反動は怖いよなあと思ってしまう。

相撲に戻る。御嶽海よ,一体いつまで三役に居続けるつもり? 平成28年九州場所からなんと16場所,前頭に落ちたことこそないが,昨年の名古屋場所で優勝した13勝(全横綱休場の場所)以外は,2桁勝利ゼロである。いつも8~9勝で三役にはおられるが,これでは大関にはいつまで経っても上がれない。稽古嫌いはよく知られているけれど,センスや実力はあるのだから,いい加減必死で上を目指さないと,そのうちエレベーター力士になってしまう。貴景勝や朝乃山ら,有望な後輩が続々と上がってきている。その現実にどうか危機感を覚えてほしいと思うのである。

カテゴリー: 最近思うこと | コメントは受け付けていません。

『遺産相続で依頼したひどい弁護士をなんとかしたい・・・』

自由民主党月刊女性誌「りぶる6月号」
カテゴリー: 執筆 | コメントは受け付けていません。

小室圭問題に思うこと

この問題は(おそらく大方の国民の考えと思われるが)平成時代に決着を付けてほしかった。しかし残念ながら何の進展もなく,その方向性さえ見えないまま,ずるずるとただ時だけが過ぎていく。なんとなく,頭上に靄がかかったような状態,とでもいうのだろうか。一体誰がどう,舵取りをするのか。責任の所在も明らかにならないままである。

週刊誌を賑わせている例の借金問題に加え,父及びその祖父母までが自殺していること,母子の異様なまでの上昇志向等々,大多数の国民は,内親王の結婚相手にこれほど相応しくない相手はいないと考えている。皇室どころか普通の家でも決して望まない相手なのだ。貧乏だということが問題なのではない。もし彼らが身の丈に合った暮らしをし,ちゃんと働いて生計を立てている真っ当な人たちであれば,恋愛結婚で一向に構わない。国民も祝福する。問題は,利用できるものはとことん利用し,誠意などあろうことか,身の丈を遥かに越えた贅沢を望む,その生き方にある。

女性を本当に愛し結婚したいのであれば,まずはちゃんと働いて生計を立てることが最低条件である。大学卒業後に就職できた超一流の銀行に,ずっと働く選択肢が現実にあったにかかわらず,すぐに辞めて大学院に入り,かつ(婚約発表時に無職では拙いから?)秋篠宮と縁のある弁護士事務所の事務員になった。こういうのをパラリーガルとは言わない。大学でも大学院でも,彼は法律を学んでいないのだ。

結婚延期となった後,ニューヨークのロースクールで勉強するとして突如旅立ったが,なぜ急に,法律を学ぼうと考えたのか。ただの時間稼ぎの感が漂う。そもそも日本で法律を学んでおらず基礎知識のない者が他国の弁護士資格を取得するのは簡単ではない。普通は日本で弁護士資格を取った後,弁護士事務所に席を置いたままアメリカでも学ぶのである。アメリカの弁護士資格単体では日本でほとんど役に立たないうえ,400万円ですら返せないのに,どうやって莫大な学費を賄うのだ? 内親王の婚約者ということにして多額の奨学金を得,さらに1年奨学金を得たらしいが,生活費はまた別である。あちこちに借金を重ね,返す当てもない…でも,内親王と結婚すれば多額の一時金が手に入るし,その後も就職その他で困らない──と踏んでいるだろうからには,自分から結婚辞退を申し入れる可能性は,はっきり言って,ゼロである。

眞子さんは結婚を諦めていないという。妹の佳子さんもそんな姉の結婚を支持するという。一体,秋篠宮家の教育はどうなっているのだ? その弟が将来天皇になる。それしか選択肢はないのに,皇室はこの後どうなるのだ? 寄ると触るとそんな話になるのは,皇室が身近なせいであろう。と言っていたら,ヨーロッパ在住が長い友人が,こんなことを言ってきた。

イギリスでは,エドワード8世がシンプソン夫人との結婚を選んで,王位を捨てた(故に弟のジョージ6世が戴冠し,その長女のエリザベス2世が誕生したのである)。アメリカ人の夫人は2度目の結婚中だったが,当時の皇太子と不倫関係になり,結局離婚訴訟を起こして夫と別れ,エドワードと結婚した。その大スキャンダルに比べれば,まったくもって大したことはないと。たしかに,そう言われれば,そうである。

シンプソン夫人は親ナチで,複数の男と性的関係を持ち,ドイツのスパイだったとも言われる。小さい頃に父親を亡くして母親と貧困生活を送ったが,金持ちの親類の援助を受けて社交界にも出入りするようになり,「金持ちでいい男と結婚するのが夢なの」と言っていたという。男女を入れ替えれば,今回とだぶってくる話である。美人ではないしスタイルも良くはないが,お洒落で会話術に富み,社交界の花形だったという。そういう女からすれば,世間ずれのしていない無垢な皇太子を引っかけるのは朝飯前のことだったろう。眞子さんも同じように,容易に引っかかっただろう。親も宮内庁もその素性を調べて止めることをしなかったから,5年以上も付き合いが続いてきては,何をどう言われても,今更引き返すのは難しかろう。

ドリス・デイが亡くなった。「ケ・セラ・セラ」。周りがどう気を揉んでも,なるようにしかならない。我々としては,成り行きをただ見守るしかないのだろう。

カテゴリー: 最近思うこと | コメントは受け付けていません。

10連休、終わる

実に長い、長い休みであった。行楽シーズンなので、これ幸いと海外などに出かけた人も多かったのだろうが、その一方で、各種サービス業や医療関係者など、休めないどころか、人手が不足する分常より忙しい所も多かったはずである。ケアワーカー業の知人女性は、出勤してもらうのは変わらないのに、その分休日手当を払わないといけないし、国は一体何を考えているのかしらとぼやいていた。

(初めての生前退位に伴う)御代替わりを国を挙げてお祝いするために、10連休をというのは、いつの間にか決まっていたことである。まさかあと言っていたら、本当だった。休みに入る前、秘書に、留守電に吹き込まないの?と聞いたら、全国同じなので不要ですと言われた(笑)。たしかにそうだ。検察庁も裁判所も休みなので、堂々の休みである。

テレビで、天皇陛下の退位のお言葉を聞いた。新天皇は、新皇后の体調不良もあって露出も少なく、国民から遠い存在だろうと思っていたら、4日の皇居参賀には予想を上回る14万人もが訪れたとかで、大変驚いた。この日のために全国から来た人たちがいて、天皇制のことなどあまり知らないと思われる若者も多かった。今80歳を越える元女性国会議員がかつて「若い人は皇室になんか興味がないわよ」と断言し、私も参賀者は平成天皇の最後のお出ましになるこの正月以後激減するだろうと読んでいたが、そうではなかったのである。

一つには誰が天皇だ皇后だといった具象的なことではなく、それに表象された天皇制という長い歴史が、我々が日々実感する以上の大きな力をもって、この国を成り立たせているということなのだろう。そしてまた一つには、元号が替わり(「令和」というのはなかなか素敵なネーミングである)、文字通りワンジェネレーション、30歳若返った新天皇・皇后が前面に出てくることによって、新しもの好きの日本人の感性に嵌まったということもあるだろう。これまでいろいろと言われた新皇后の病気や公務欠席などネガティブな事実を知らない人も多いし、日本人は全体に、何事もあまり悪くは取らないほうなので、今後の活動次第ではきっとそのまま受け容れられることだろう。

日本の憲法が他国のそれと違う特色は、ひとり天皇制にある(あと強いて言うなら「戦争の放棄」か。しかし侵略戦争を認めないのはどの国も同じであり、日本も自衛のための戦争を認めるので、基本的には変わらないはずである)。憲法というのはどこであれ、国民の権利・義務及び統治機構の二本柱で成り立っていて、それを読めば、その国がどういう国なのか、国柄が分かるものである。その点、日本国憲法はGHQが作っただけあって世界のどの国に持って行っても通用するのだが、絶対に他の国と違う所が一点あり、それが1~8条の天皇制なのである。

天皇制は2000年を優に越えて連綿と続いてきた日本固有の歴史であり、それが故に他の国から尊重されているのであるから、この後もずっと続いてもらいたいと願うが、実際問題として、先細りが顕著である。男系男子といえば悠仁親王ただひとり。成長した後、結婚相手が見つかるだろうか。そのうえで男子を授かる確率はもちろんゼロではないにしろ、かなり低いのではないか。不妊カップルは大体1割はいるし、女子しか生まれない可能性も、これまでを見ればかなり高いといわざるをえない。とはいえ側室はもってのほかだ(ヨーロッパはもともとこれを認めない)。

皇室典範を改正して女子に皇位継承権を認め(天皇制の歴史を抜本的に変えることになる)、愛子天皇を誕生させるとして、結婚相手はやはりなかなか見つからないだろうし、子供が産まれるとも限らない。皇室典範は皇族の養子を認めていないが、やはり改正して、旧宮家の男子を天皇の養子に迎える方法も考えられはするが、国民感情からすると、それもハードルが高いだろう。女子に皇位継承権を認めるとすれば、眞子・佳子さんら他の皇族にも認められることになるが、巷の話題に事欠かない現在の結婚問題を見ても、それまた非常に難しかろう。戦後の近い将来で皇統の存続が危うくなったのは、昭和天皇に3人もいた弟の子孫が女子ばかり、平成天皇の弟に子供がなかったという現実があったにしろ、昭和天皇より前の傍系を皇位継承者から外した以上、いずれは向き合うべき現実であった。

ただでさえ五月病で、5月以降めっきり受講者が減るものなのに、この度の10連休である。一体どれほど減っているだろうか、出講日の木曜がちょっと怖い気もする。ともあれ、誰にとっても、10連休後に仕事に復帰するのはなかなか疲れることである。

カテゴリー: 最近思うこと | コメントは受け付けていません。