凄まじい事件が次々と起こる

前代未聞である。19歳巡査が同じ交番の巡査部長を拳銃で殺害した。叱責されたからと、背後から拳銃で2発、即死である。発覚を遅らせるため交番に施錠してパトカーで逃走(その間に衝突事故を起こしたという)。脱走資金として50万円を下ろしている(キャッシュカードでの引き出し限度額だ)。もちろん逃げ切れるはずはなく、すぐに捕まり、拳銃も押収された。

何かひどいことを言われて咄嗟に激昂した際、たまたま近くに拳銃があったので大変な結果になってしまった、のではない。もちろんそれも決してあってはならないことなのだが、警官が人を殺害した事件はこのところいくつか耳にしているので、今回ほどのショックは受けなかったと思う。今回はまずもって動機が解せない。新米が職場の経験者に叱責を受けるのは当然であり、それが相手の殺害という強固な意思になるなど誰が考えよう。しかも一貫して計画的な犯行だったのである。とはいえ、拳銃がなければ傷害止まりだったはずであり、というよりも拳銃が使えるが故に容易に殺意に繋がったかもしれない。警察官の権力の象徴ともいえる拳銃を今後は一定の階級ないしは経験者以上には扱えないようにするといったことになるのかもしれない。

しかしいくらなんでもあまりにも幼稚な犯行である。殺人罪である。当然懲戒解雇になり、いくら未成年でも(まずは少年法が適用になる)長い間刑務所に行くことになる。親はどうなる? 家族や親類はどうなる? 地方だから親はじめ多くは近くに住んでいると思われる。そんな簡単なことにまるで思いが至らないというのは(正当防衛的な)咄嗟の犯行か、精神障害か、酒や薬物のせいか、くらいしか思いつかない。小学生でも分かるようなことを19歳の社会人、ましてや人のため社会のために就職した警官が分からないのでは、一体どうなるのか。暗澹たる気持ちにさせられる。

松山刑務所大井支所(造船作業場の開放施設である)の脱走受刑者(27歳)は、8日逃走後、15日の今日まで見つからない。向島(広島県尾道市)に潜伏していると見られるが、以前窃盗で逮捕されるときも1ヶ月ほど逃走していたらしく、慣れているのであろう。松山刑務所は四国にある4つの刑務所中、初犯者など最も犯罪性向の低い受刑者が収容される刑務所である(一番重いのは高知刑務所)。松山刑務所長が「(初めて刑務所に入ってくる者ばかりなので)良い処遇をしても良いと分かってくれない」と言っておられた。

この造船作業所にも行ったことがある。「塀のない刑務所」つまり開放施設は日本には数えるほどしかないが、まもなく社会に戻る前の仕上げ段階に、模範囚で逃亡のおそれもない者を選んで入れている。塀がないから逃亡しようと思えば出来るが、そんなことをしてもどうせ捕まるのは必定、その間に起こす新たな罪でまた服役することになり、再犯者の量刑は重くなるから、どう考えても損でしかないのだ。この受刑者も時間の問題で、いずれは捕まる。規律違反で叱責されて落ち込んでいたというが、そんなことが逃走の動機になるのか?(警官が叱責されて上司を殺害するくらいだから、ありえるのかもしれないが)ちなみに、逃走それ自体は「1年以下の懲役」と軽く(刑法97条)、これは人間が自由を求める本性を酌んだものと言われる(刑法を勉強すると必ず学ぶ「期待可能性」である)。逃走の際に器具を壊したり刑務官などに暴力や脅迫を加えたりすれば加重逃走罪(98条)として3月以上5年以下の懲役である。

広島県で14年ほど前、女子高校生が突然入ってきた男に滅多刺しされて殺害された事件の犯人がようやく捕まった。その際祖母も重傷を負い、妹は助けを求めに逃げたので似顔絵が作られた。この度、郷里の山口県で起こした暴行事件で取られた指紋とDNA鑑定がこの事件の犯人のものと一致した。使用した凶器も捨てずに自宅にあったという。男は素直に供述をしているというが、一体動機は何なのだろう。愛する娘は戻らないが、犯人が捕まってご両親・ご家族も少しだけほっとされたのではなかろうか。山口県警のみならず広島県警で長年この捜査に携わってこられた方々にも本当にお疲れ様でした、と申し上げたい。

いろいろな意味で関心のある刑事事件が続いて、永田町・霞ヶ関の喧噪がしばし脳裏から薄れていたのだが、財務省事務次官のセクハラがすごいレベルである。人格的な欠陥だろうと思うが、国のトップにある人たちのモラルがこれほど低いのでは、教育はどうなっているのだろうと思わざるをえない。

カテゴリー: 最近思うこと | コメントは受け付けていません。

桜も終わり、新年度が始まります

昨日、武道館での大学入学式に参列してきた。3ヶ月近く大学はお休みで、その分楽をしてきたが、来週からまた毎週の大学出講が始まる。考えてみたら今週は、一年中で一番楽な週かもしれない。裁判所は人事異動で期日が入らず、裁判も調停もないからだ。それも明日で終わり、来週からは裁判所も大学も元通りである。

式後武道館から大学同僚たちをお連れして、千鳥ヶ淵沿いに事務所に戻った。残念ながらほとんどもう葉桜だ。私自身はその前、何かのついでに上野や六本木界隈で花見を楽しんだからよいのだが、新入生と親たちには気の毒である。明夜は毎年この時期恒例の屋形船(隅田川下り)。花はもう駄目だが、花より団子。1年ぶりで会う人も多いので、楽しみだ。会えるのはお互いに元気だということである。

一昨日は事務所を出た後まっすぐ帰宅せず、九段下、神保町までぶらぶら歩いた後、JRお茶の水駅から帰宅した(歩くと、これらの街が互いに近接していることがよく分かる。同じ千代田区なのである)。職場と住居が近く、都心に出るのに便利なのは贅沢なことである。歩くのは好きだし、中でも街歩きは昔から趣味といってもいいほどだ。きっとこの店は美味しい!と閃くと、店名を覚えておいて、あと食べログで確かめる(便利な時代である!)。私の直感は嬉しいことにたいてい当たり、ほぼ3.5点を超える。中で今度是非行ってみようと思う店は携帯に登録。行ってみて良かったら残し、駄目だったら削除する。情報源は直接ネットからの場合もあり、そうして出来上がった私の飲食店リストはかなりの数に上る。

グルメに引き換え、このところデパートにはとんと行っていない。たまに行くと客が本当に少なくて(デパ地下を除く)、手持無沙汰風の店員さんが気の毒になってしまう。私もようやく服を買わなくなった?…ならよいのだが、相変わらず、服も靴も買っている。だからデパートに行かなくなった理由は、服は専門店(及びネット)、靴は完全にネットになった故である。昨年は夏、ひょんなきっかけから安価な洋服に目覚めた。安いから品質が悪いというわけではなく、汗で2年しかもたない夏服にはこれで十分だ。メーカー毎の私のサイズも分かったので、ネットで注文することもある。

ましてや靴は、欲しいものがいつも具体的である。例えばグレイのアンクルブーツ(24.5㌢)、靴先が尖って4㌢(せいぜい5㌢)のピンヒールと言うと、Aデパートにはない、Bデパートにもない‥万一あってもそのサイズはあいにく切れています…こんなことの繰り返しで、靴を買うのは大変気が重かった。それがネットだと、イメージ通りの靴が多くのブランドから選べ、在庫の有無も分かる。クリックするだけで欲しい品物が届くのだ。返品もOKだし、サイズが違えば取り替えてももらえる(幸い未だ返品も取り替えもない)。ネットショッピングはとにかく、無駄な時間がかからないのである。

加えて、ネット商品は季節を問わず、簡単にセールになる(10%引きクーポンなんてのもほぼ常時ある)。私が昨年Aデパートで定価で買った某ブランド靴の色違いが50%引きで出ていたので、迷わずクリックした。70%引きなんてのもある。デパートだったらセールは夏冬だけ。おまけにセールを待っていたら24.5㌢は絶対と言っていいほど、もうないのである(22㎝とか小さいサイズはよく残っている)。

アパレル不況とはいえ、中でネットショッピングだけはぐんぐん伸びている。今後もその傾向は続くだろう。そんな時代にデパートに未だに行く人たちは、特定の高価ブランドに決めている人たちを別にすれば、欲しい物が決まっていないか、どんな物が流行りなのか見てみたいという人だろう。あるいはネットショッピングを知らないか、知っていても(雰囲気が違ったりサイズが違うと面倒だと)避けている人であろう。

デパートを含むリアル店舗は、商品を仕入れてただ売るだけではなく、客が品物を見て、実際に着てみて楽しむ場、店員から流行や着回しのアドバイスを貰い、アクセサリーを含めたコーディネートなども教えてもらう場としてでなければ、生き残れないのではなかろうか。IT時代、いろいろなことが早いスピードで変わってきている。モノからコトへ。外人観光客の要望も大きく変わってきている。アパレルに限らず、デパートに限らず、どこも先を見越した商売をしないと、立ち行かなくなっているように思う。

カテゴリー: 最近思うこと | コメントは受け付けていません。

『夫が残してくれた唯一の遺産の自宅。息子に取り上げられそうです』

自由民主党月刊女性誌「りぶる4月号」
カテゴリー: 執筆 | コメントは受け付けていません。

財務省の文書書き換えに思うこと

昨日は恒例の、参議院協会年次総会に出席してきた。参議院は衆議院と異なり、党派色がそれほど鮮明ではなく、党を超えて皆仲が良い。参議院議長・副議長はじめ各党党首(幹事長)が列席して祝辞を述べ、例年和気藹々の雰囲気なのだが、今回はやはり財務省の文書書き換え問題が話題の中心であった。

某党幹事長はかつて自民党の重鎮で、新任だった私たちも厳しくも温かい教えを請うたものだ。某省出身で、80歳を超えてもその舌鋒の鋭さは変わらない。いわく「官僚が劣化している。公文書の書き換えなど考えられない。いずれはばれるのだし、何でそんな馬鹿なことをするのか。かつて官僚は一流、政治は三流と言われたが、今は官僚も政治も三流だ」。そう、省庁のトップ財務省に限らず、官僚に限らず、政治家に限らず、日本全体に劣化が著しいのである。大蔵省はすでに20年前、ノーパンしゃぶしゃぶ接待等でその名をうんと下げている。

佐川前国税庁長官は、その前の財務省理財局長時代、自らの国会答弁に合わせるべく、近畿財務局から上がってくる決裁文書について、その書き直しを命じたようである。その数、14通?! 実質的に内容を書き換えたというより、交渉経緯などの部分(首相夫人や複数の政治家の名前が挙がる)を多数削除したらしく、詳細に見なければ、それが公文書変造なり虚偽公文書作成罪なりに当たるかどうかの断言は私にはできない。だがもし刑法上の犯罪には当たらないとしても、公務員が文書を書き換え、あまつさえ国会で虚偽答弁をすることがとうてい許されないのは当然である。国会を欺くことはすなわち国民を欺くこと。公僕たるものの立場を、財務省のトップですら知らないということなのだろうか。

一連の虚偽答弁は、あるいは、安倍首相のあのショッキングな答弁に起因するのかもしれない。いわく「私なり妻が何らかの関係があれば、首相はもちろん国会議員も辞めますよ」! それ故に森友問題は政局になり、官僚の「忖度」を誘発したのかもしれない。だが、理由はどうあれ虚偽答弁は許されない。本省局長にとって国会答弁は最も重要な仕事であり、野党からの際どい質問に対し、うまく説明をしてみせるのが腕の見せ所である。それを自らの答弁に現場の実務を合わせるようでは、本末転倒もよいところである。

森友問題は、近畿財務局が最初から地中のゴミを明らかにしたうえで入札案件にしていれば価格の問題は起きなかった。それを相手を決めた随意契約にしたうえゴミに関する説明が十分でなかったためにトラブル物件になってしまった。理財局長としては、その随意契約の過程で価格交渉があったことは明かしたうえで、プロセスは適正だったと説明すべきであった。価格交渉がなかったと虚偽答弁をしたうえ、それに合わせるように決裁文書の改ざんを指示し、その後は文書を破棄したなど(ありえない!)嘘の上塗りを繰り返したのはお粗末というほかはない。

朝日新聞へのリークは、現在捜査中の大阪地検特捜部だとも言われている。我々が厳粛に受け止めなければならない現実は、自らの良心に反して当の作業をさせられたは職員が長いうつ状態の末に自殺したという事実である。遺書が残されているという。遺族の怒りは相当なものだろう。佐川氏に人間としての良心がもし少しでも残っているのであれば、来る国会の証人喚問では何事も隠さずに真実を述べるべきである(嘘を述べると偽証罪になる)。

政治家の直接の指示はさすがになかったと思うのだが、財務省限りではなく、報告はしたのではなかろうか。指示はなかったにしろ、まったく知らなかったにしろ、部下の不祥事について上司が監督責任を負うのは組織の本質である。財務大臣にとっては、他家の不始末による出火が自分の家に飛び火して大火事になったわけだから、納得はいかないだろうが。

それにしても…北朝鮮問題その他、世界中に問題山積の折から、1年前からの森友問題を引きずり、国会の膨大な時間とエネルギーにこれに費やしているのはいかがなものか(参院協会でも「(いくら前代未聞の不祥事とはいえ)審議拒否はないだろう」の声は大きかった)。安倍首相を辞任に追い込んだとしても、自民党の誰が代わりにやっていけるだろうか。まして野党に政権担当能力がないことは、国民が身にしみて知っている。それ故に内閣支持率も自民党支持率もさほどは下がらない。消極的支持の国民が多いことはおそらくは不幸なことである。

カテゴリー: 最近思うこと | コメントは受け付けていません。

『夫から突然の離婚宣告。収入がなく、離婚は避けたいです』

自由民主党月刊女性誌「りぶる3月号」
カテゴリー: 執筆 | コメントは受け付けていません。