大相撲がもう無茶苦茶である!

一昨日に終わった九州場所は強く記憶に残る場所になった。1つは白鵬、1つは貴乃花。

白鵬の礼儀のなさはずいぶん前からあちこちで指摘されてきた。加齢で力が落ちてきた故だろう、ここ数年はただ勝てばよいとばかりに、張り差しとエルボーまがいのかち上げ、時に目つぶしや目くらまし‥。これはレスリングではありだろうが、相撲はただのスポーツではなく神事である。その頂点に立つ横綱がやるべき取り口では決してなく、喜ぶ観客もいない。だが、協会も横綱審議会も止める手立てもないまま、白鵬の増長に次ぐ増長を許してきた。もちろんその背景には白鵬以上に強い力士が育たないという、日本人力士の現実もある(初場所にようやく誕生した稀勢の里は3月場所、日馬富士に押し出された時の大けがに起因し、休場に次ぐ休場という情けなさである)。

11日目、嘉風に一気に押し出され、土俵下で1分にわたって自ら物言い! ようやく土俵に上がったものの、嘉風が勝ち名乗りを上げても降りず礼もせず、ルール違反の最悪の醜態を演じた。14日目平幕遠藤に対し、いつもの汚いやり口で強引に押し出して50回目の優勝を決め、千秋楽のインタビューでは、最初に今回の暴力事件に触れて、「全力士を代表してお詫びをする」(事件の当事者に全力士を代表する資格はないでしょ!)、「場所後本当のことを話して、膿を出し切りたい」「日馬富士と貴ノ岩を土俵に上げてやりたい」(膿の張本人じゃないの!? あなたは理事長なの!?)。おまけに最後、万歳三唱を促すに至っては、呆れ果てて、テレビを消した。万歳をしなかった人も多いだろうし、何となくしてしまった人も、あとで冷静に考えて不愉快な思いをしたことであろう(もちろん、世の中にはいろいろな考えの人がいるので、そうでない人もいただろうが)。徹頭徹尾、勘違いと思い上がりの権化としか思えない。

日馬富士の暴力事件。そもそもが、モンゴル人力士の集まりに端を発する。モンゴル人力士同士、互いに馴れ合いの取組みが多いとはつとに言われることである。貴乃花親方や稀勢の里などは日頃から力士同士が馴れ合うことを嫌い(俗にいうガチンコ勝負。八百長相撲の反対である)、他の部屋の力士とつるんで飲みに行くことも極力しないと聞く。時は10月25日夜~26日未明。11月12日から始まる九州場所の直前である。二次会に日馬富士、白鵬、鶴竜、照ノ富士、貴ノ岩のモンゴル人力士に石浦(白鵬の所属する宮城野部屋の弟弟子)もいたらしい。モンゴル人力士の会と分かれば貴乃花の了解は得られなかったが、貴ノ岩の出身高校である鳥取城北相撲部監督石浦氏(石浦関の実父)を囲む会ということで了解を得て出席していたという。

貴ノ岩は今年初場所14日目、対白鵬戦においてガチンコ勝負をして白鵬に勝ち、それが故に千秋楽を待たずに稀勢の里の初優勝が決まった。この敗北がなければ白鵬は稀勢の里に1差で迫り、千秋楽本割対決で勝ち、優勝決定戦に持ち込めば白鵬が優勝した可能性も高かった(稀勢の里はプレッシャーに弱いので)。勝ちと優勝にこだわる白鵬にしてみれば、同じモンゴルなのに、空気を読めない奴と思ったことは想像に難くない。

さて、事件の真相。実際に貴ノ岩に暴力を振るったのは日馬富士だけだったかもしれないが、同席していた白鵬が意思を通じていたと思うのは私だけではあるまい。白鵬が止める気になれば止めることができただろう。しかし、生意気な後輩をとっちめる良い機会、止めるなどは考えもせず、止めたとすればある程度のヤキが済んでからだったはずだ。ヤキを入れても少々の怪我をしても、貴ノ岩はモンゴル力士会に出たことを親方には言えず、問題が明るみに出ることはなかったはずだ(しかしこの酒席、ずっと休場していて給料泥棒の感のある鶴竜が、なぜいたのだ!? これも大きな問題だろう)。

実際、貴ノ岩は厳しい親方に当初本当のことは言わなかった。だが、なぜだかすぐにばれて、29日、警察への被害届提出となった。この順序がおかしいことは前に述べた。貴ノ岩は巡業にも出たが容態が悪化したようで、11月5日から9日まで福岡市内の病院に入院。9日付けの診断書は「(事件後)全治2週間。場所には問題なく出られる」とのことであった。だが、貴乃花親方は貴ノ岩を全休させ、協会危機管理委員会の再三の事情聴取要請を撥ね付け、今に至るも被害者の調査がないまま推移する。いわく「警察に任せている」、とはいえ警察は協会の独自調査を拒んではいない(組織がその自律権に基づき、調査を進めるのは当然のことである)。いわく「容態が悪い」、とはいえ新たな診断書は出てこない。入院をしているとの情報もない。モンゴル力士の先輩が会いに来ても会わせない。被害者の調査なくして、日馬富士ら当事者の処分は決められない。初場所の番付編成会議まで時間がない。協会はすっかり途方に暮れているだろう。

貴乃花の対応が大人げないことについては、前にも書いた。いったい何を企図しているのか。不満の協会を混乱させることはもう十分にさせただろうが、だからといって今の執行部を皆辞めさせ、貴乃花を理事長に据えようという人はいないだろう。かえって反対の効果しかもたらさない、どころか、理事を辞めさせられる恐れも十分にある。そう正しく指摘する人は周囲にいないのだろうか?(頑固で人の言うことを聞かないと言われるが、きっとそうなのだろう)すでに貴ノ岩を初場所も全休させるとも言っているらしい。しかし巡業にしろ場所にしろ、休場させるには診断書が要る。このままでは貴ノ岩は幕下陥落も覚悟しなければならない。傷害の被害者がもっと大きな被害者になってしまう。力士が親方を告訴することは事実上ないかもしれないが、法的に言うと、強要であり監禁までが成り立つ事態ではないかと危ぶんでいる。

白鵬といい貴乃花といい、記録上大横綱であるだけに、人格的な欠損を見せられると、とても悲しいものがある。15歳頃から相撲しかやってきていないのだから、教養はもちろん人格は育ちっこないよということなのかもしれないが、それでは寂しすぎる。今育っている期待の若手たち、北勝富士、貴景勝、阿武咲(おうみしょう)らは名大関だった魁皇のような円満な人格者にどうぞ育ってほしいと願わずにはいられない。そして相撲道に邁進するすべての力士たち、こんな騒動に心揺らがすことなく、毎日ひたすらに精進をしてほしいと願う。

カテゴリー: 最近思うこと | コメントは受け付けていません。

日馬富士暴行事件、貴乃花がおかしい

日馬富士、酒乱だわ、これで懲戒解雇か最低でも引退だと思ったのが3日前、スポニチのスクープで事件が明るみになってのことである。今はそれをはるかに超えて、貴乃花親方はどうかしていると思う。行動が不可解過ぎるのである。

時系列にまとめると、事件は巡業先の鳥取で、10月25日深夜から26日未明、モンゴル力士らが会食をした二次会でのこと。日馬富士が貴乃花部屋の貴ノ岩に対して説教中、貴ノ岩がスマホに気を取られているのに激高、ビール瓶で頭を殴り、そのあと馬乗りになって20発~30発殴りつけたというのだ。大けがになりそうだが、貴ノ岩は26日以降、予定通り巡業に参加、11月2日に貴乃花部屋の宿舎のある福岡県田川市の市長を親方らと表敬訪問。その際の写真では何の怪我の様子も見られない。貴ノ岩は「2桁勝利を目指します」と場所への意気込みを語った。。

ところが、貴乃花親方は10月29日、福山からわざわざ鳥取に行き、警察に被害届を提出済みだったというのである。県警から連絡を受けて協会が事件を把握したのが11月2日、翌日鏡山危機管理部長が伊勢ケ浜親方及び貴乃花親方に電話を入れたところ、双方とも「分からない」との返事だったので(怪我について貴乃花は「階段から落ちた」と言ったそうだ)、事情聴取はなされなかった。被害届を出しておいて、そういう対応はないだろう。貴ノ岩は5~9日福岡市内の病院に入院、9日付けの診断書には「右中頭蓋底骨折、髄液漏の疑い」などとあるが、10日に休場が発表されたときにはこの診断書は提出されず(なぜだ!?)、場所2日目の13日になってようやく発表に至る。14日のスポニチスクープ以降、日本中の大ニュースになっているのは周知の通りだ。誰がスポニチに漏らしたのか、経過からして、推察は容易である。

まるで分からないのは、暴力事件の真相以上に、今肝心の貴ノ岩はどこにいて、実際どういう症状なのか、である。上記診断名では大層な印象を受けるが、骨折も疑いにすぎず、実際はなかったという。でなければ「全治2週間」はありえない(2週間は交通事故の怪我でも一律起訴猶予になるほど、非情に軽いレベルである。)、被害届を出した時にも当然診断書はあったから、その時の診断名は何だったのか。そもそも被害届というのは本人が出すものであって、親方にしろ社長にしろ他人が出せるものではない。本人も同行したのか、本人の委任を受けた弁護士が同行したのか、それも分からない。貴乃花は「被害届は取り下げない」と言うが、出すのも取り下げるのも被害者本人の意思であって、他人が決めるものではない。

貴乃花は巡業部長の役職にある。相撲協会という伝統ある組織の、立場ある人である。当然ながら、巡業先での不祥事については協会に報告する義務がある。まずは組織内で対応を協議し、それがうまくいかなくなって初めて警察の出番になるのは、どこの組織でも同じだ。喧嘩や傷害の場合、知り合い同士だと警察は、当人らが「話し合う」といえば自主解決に任せ、何が何でも刑事事件として扱うようなことはしていない(刑法は謙抑的に使われるべき性質のものである)。

これら経緯からすると、貴乃花は、たまたま起こったこの事件を奇貨として、弟子である貴ノ岩の気持ちさえ無視し、あえて休場に持ち込んだのではないかとの疑いが濃厚である。全治2週間が事件後からカウントしての2週間であったとすれば(怪我を負った時を起算点として加療ないし全治期間を判断するのが通常である)、貴ノ岩はもちろん、出場できた。全休すれば来場所は十両転落となる。全治2週間といわず1か月であったとしても出場したいのは力士の本能だ。それを自らのために、弟子をさえ捨て石にしたのではないか。

貴乃花は、場所前にそれなりの決着をつけることもできた。というより、そうすべき立場にあった。なのに処理をあえて場所中に持ち込んだのである。協会にたとえどれほどの不満があるとしても、弟子を犠牲にし、協会にとって最も大事で神聖な大相撲場所に、こういう形で、あえて混乱を持ち込むのは許されないことのように思う。真面目に日々ひたすら相撲道に邁進している力士たち──自分もかつてそうだったはずだ──のことに思いを馳せないのでは、親方なり協会理事としての資格を欠くというほかはないだろう。協会は、警察任せにするのではなく、自浄能力を発揮し、事実を明らかにすべきである。

カテゴリー: 最近思うこと | コメントは受け付けていません。

『父の再婚相手の不貞が発覚。どうすれば・・・?』

自由民主党月刊女性誌「りぶる12月号」
カテゴリー: 執筆 | コメントは受け付けていません。

座間の事件に思うこと

大久保清、宮崎勤を一気に超えた。大久保清は昭和46年、その前の小平義男は昭和20~21年。共に強姦殺人の被害者は若く、計7人も同じ(もっとも小平は10人起訴されて、うち3人が無罪となったのだ)。白石容疑者はすでに9人。証拠隠滅で殺害した男1人以外はすべて若い女性だった。

自殺志願の女性をネット上で選び出し、ツイッターで交信。自殺を手伝ってあげる親切な男を装い、自宅におびき寄せる。殺害して、風呂場で解体。首を一つ一つクーラーボックスに入れて保存した。動機は何なのか。金(強盗)であれば女子高校生を狙うはずもない。強姦目的と考えるのが素直だが、死体が残っていないので、立証は難しい。殺害方法は絞殺というが、残った頭部でどこまで立証ができるか? 頭部を手元に残しているのは収集癖、征服欲の表れなのかもしれない。これまで例のない事件であるだけに、捜査本部に対しては様々な難題が突きつけられている。

捜査には、自白が不可欠である。そのことを今回の事件ではつくづく感じている。死人に口なしのうえに語ってくれる死体もない。捜査の大きな目的である「真実の究明」、そのためには本人の自白が不可欠である。本人にとっては言いたくないはずの事実。それをどうやって引き出すか。様々にありうる客観的な証拠をきっちりと詰めたうえで、本人の心に寄り添って真実を引き出すには、捜査官の大きくて繊細な人間力が必要である。

本当に自殺したい人間は、人との交流など求めはしない。被害者たちは、それぞれ死にたいと言いながら、実のところは誰か、誰でもよい、自分を分かってくれる人間を求めていたのだ。たぶん、この被害者らは一部である。もっと多くの孤独な若者がたくさんいるであろうことに驚かされた。犯人は、その心理にまんまと付け込んだ。卑怯な、確信的な、快楽犯だ。八王子で失踪した妹23歳の行方を突き止めようとした兄の執念が逮捕につながり、その日白石と会う予定だった女性は九死に一生を得た。10個目のクーラーボックス。そのボックスは無限に増える予定だったのだろう。

ツイッターなどネット社会の落とし穴と言うはたやすい。これら日々進化していくツールは、もちろんたいていは便利なものであり、人の役にも立っているのだ。だからおそらくはそれ自体が悪いわけではなく、悪用する人間が悪いのである。若者を、人を、孤立させないよう家族は機能すべきだし、社会に受け皿が必要なのだろう。いろいろなことを考えさせられる。

被害者の名前がどうぞ出ませんように、と祈っていたが、名前ばかりか顔写真まで出て、こんな形での死というだけで大変なショックである遺族には重ねての大きな被害だと気の毒で仕方がない。加害者の家族も被害者の家族も、いろいろな意味で被害者である。犯人自身は仕方がないことだが、マスコミもどうか節度をもって行動してもらいたいと思うものである。

カテゴリー: 最近思うこと | コメントは受け付けていません。

総選挙について思うこと

過半数は超えると思っていたが、正直ここまでの圧勝は予想の外だった。自民党は公示前勢力290を284に減らしただけなのだ(定員は前回の475から10減の465なので、占有率は同じである!)。連立を組む公明党が34議席を29議席に減らしたが、併せて313議席。3分の2の310議席越えである。

もとより大義名分のない、権利濫用といってもよい解散であった。冒頭解散の例がこれまでなかったわけではないが、野党の再三にわたる臨時国会開催要求を無視した挙げ句の冒頭解散は、もちろん初めてである。モリカケ隠しと世上言われるのは当然ながら、野党の準備不足と混迷に乗じて「今でしょ」解散を打ったのは間違いがない。そこに、細野・若狭では新党はどうにも進まないと業を煮やした小池百合子が「希望の党」代表に就任したうえ、民進党の前原代表が「名を捨てて実を取る」とばかり、民進党の一気解体、全員希望の党への合流を打ち出した時には、自民党の面々も蒼白になったのだが、結果として、まったくその読みは外れた。希望が「絶望」になり、そして「死亡」した‥うまいことを言う人が世の中にはいるものだが、その通り、希望が信じらないほどの大失速をしたのである。

失速の理由については、小池氏による、民進党リベラル派の「排除の論理」「選別」「全員を受け入れる気はさらさらない」発言が、大方の日本人の反感を買った故というのが一番納得できる見方のようである。実際、たまに工場見学に行くと、不良品を選別し排除するので、これは彼女自身、人を手駒としか見ない心理が何の気なしに発露したものと思われる。もちろん、もっとずっと論理的な理由がたくさんある。すなわち、首班指名者が決まらない、政党組織もなく小池氏の独裁である、この政党は何をどうしたいのかが分からない、仮にも政治家に協定書に署名させて踏み絵を踏ませるやり口は汚い。何より、小池氏自身の能力には相当の疑問符が付く。アドバルーンを上げ、敵と定めた劇場を作り、マスコミを味方につけることには非常に長けている。だが、政策やアイデアを実行に移して実現させていく手腕には乏しい。都知事としての実績はないどころか、何もかも放ったらかしのままであり、問題収束の糸口も掴めない。

反対に、排除されたリベラル派の受け皿として、立憲民主党を作った枝野氏はずいぶんと男を上げた。右とか左ではない、上からではなく草の根からの民主主義といった言葉が新鮮に響き、公示前勢力15から55議席とし、野党第一党に躍り出た。一方、浅はかな読みから、代表でありながら民進党を潰した前原氏は同志をたくさん討ち死にさせて、一体どう責任を取るのだろうか。議員辞職に値すると思うが、たぶん、本人は何も感じてはいないように思われる。

日本は今、幸いに失業率が低く、就職先が見つからない若者もいない。全体にそれほどの格差もなく、それなりに幸せなので、欧米のように政治に不満を持つ層が薄いのだと思われる。それ故の自民党圧勝だったのであろう。以前民主党に政治を任せて大変なことになった3年間を忘れない有権者も多く、ぽっと出の希望の党に夢を託そうなどと思う人がいなかったことはよく分かる(若狭氏がNHKに出て、「政権を取るのは次の次くらい。だから小池氏に今回出てもらう必要はない」と馬鹿正直にも言ったとき、ぶっ飛びそうになった。そんなことを言ったら有権者も票を入れないし選挙運動者もやる気をなくすでしょ、馬鹿じゃない。第一、希望の党がそれまで存在しているの?!)

問題は、いわば敵失による、また日本人がそれなりに恵まれているが故の、ぬるま湯の選択による圧勝を、現政権なり自民党が、これまでの過ちについては国民が水に流し、将来をすべて信任してくれたと勘違いをしはしないかということである。蛙は急に熱湯になると飛び上がるが、ぬるま湯から徐々に熱湯になるとゆで蛙になってしまうそうだ。今、北朝鮮問題を含め、アメリカは人格的に問題があるとしか思えないトランプ大統領だし、ヨーロッパも自国ファーストの風潮になり全体にアンチトランプ(アメリカ)のところに、安倍首相ひとりトランプ(アメリカ)との蜜月状態を吹聴するのは奇異であるし、きっと世界中で総スカンを食っているのではないかと危惧されてならない。一国民として、きっちり判断のできる人でありたいと思っている。

カテゴリー: 最近思うこと | コメントは受け付けていません。