酷暑怒涛の7月でした

今朝のこと。新聞を裏面から見て、あれっ、中村吉右衛門じゃない!(日経の連載「私の履歴書のこと」)」。それで、日付が8月に代わったと気が付いた。無事に7月が終わったのである‥。6月末、記録的な早さで梅雨が明けた後、連日記録的酷暑が続いた。故郷広島では豪雨による大災害で、死者が多数に上った。三原の貯水場がやられ、尾道の母方でも断水が続いた。庭に古い井戸があり、洗い物やシャワーを賄えたのは不幸中の幸いだった。でなければ物流も途絶え、給水車では2時間も並んで少量しか配給されなかったという。猛暑の中、体調を著しく壊された方も多いだろう。10日後には水道が無事復旧し、母は電気水道の有難さを身に染みて思ったそうだ。

仕事でも異変が起きた。世間の耳目を引く事件の弁護人を急遽依頼され、小菅の拘置所通いが20日続いたのだ。何よりひどかったのがマスコミである。電話もひっきりなしだったが、この暑い中、事務所の前で大勢待っているのだ。ひどいのになると事務所のあるフロアまで上がってきて、入り口前で待っている。1階下に住んでいる大家が怒り、「ウチは雑居ビルじゃない! テナントのアポがなくてビルに入るのは住居侵入だ!」とばかり、その旨ビルの入り口に張り紙を出してくれた(ついでに、不要な営業が来なくなって、大助かりである)。

これじゃマスゴミと言われるはずだと実感する。拘置所前でも大勢待っている。中には敷地内に入って玄関まで来て待ち、私を見るや声を掛けてきたのが3人いる(いずれもA新聞社と名乗った)。「面会人を装って入ってくるのは、住居侵入になるよ」と諭し、問いには答えず、車に乗り込んだ。土曜、拘置所からハイヤー2台につけられ、自宅まで追われた際には、管理人に電話し、郵便受けの名札を外して貰った(念のため、マンション内の名札も、玄関の表札も外した)。それでも下から私方部屋のチャイムを鳴らしたのが、2人。モニターに映るので、宅配以外は応答せずに済んだ。

報道の自由はあっても取材の自由など、ない。報道の自由ですら「公共の福祉」による制限を受けるのだ。相手には、取材を受ける自由もあれば受けない自由もある。被疑者被告人にすら黙秘権があるのに、守秘義務のある弁護士に黙秘する自由が、ないはずがない。そこを無理にでも言わそうとするのは完全な勘違いというものだ。親しい記者いわく「ノーコメントと言われれば引き下がるよう教育されているはずなのだが‥」。どうだか。

起訴当日までマスコミに追われていた。翌日以降とたんに平穏な暮らしが戻ってきた。それがいかに素晴らしいか、初めてのように認識している。例えばこの猛暑の中、朝の早い時間、あるいは夕刻から夜にかけてごく時折、ベランダから爽やかな風が吹いてくることがある。その時の何とも言えない爽快な幸せ感はおそらく、もしずっとそうであれば、いちいち気にも留めない類のものだろう。今ここにある幸せ、ほど大事なものはない。

何事もご縁である。尊敬する中曽根元総理の座右の銘は「結縁、尊縁、随縁(縁を結んだら、縁を尊び、縁に従う)」。被疑者被告人を守るのは刑事弁護人の役目である。もちろん、刑事事件ほどの緊迫感のない民事事件や家事事件でも、いったん引き受けた以上は最善の努力をし、どの弁護士が受任したよりも良かったと思える結果を求めたい。早いもので、弁護士生活も先月末で14年になった。国会議員6年の倍以上。その前の検事15年2か月には未だ及ばないが、来年同い年になる。14年間、ずっと同じ仕事場で、住居も同じ。私の人生で、飛び抜けの最長記録である。

カテゴリー: 最近思うこと | コメントは受け付けていません。

『過去に家の名義を変更した結果、父が退去を求められています』

自由民主党月刊女性誌「りぶる8月号」
カテゴリー: 執筆 | コメントは受け付けていません。

猛暑到来、読書の夏にします

あっという間に6月が終わり、と共に、なんと梅雨が明けていた! 道理で雨が降らないまま、やたら暑い日が続いていたはずだ。今から熱帯夜となり、あと最低2か月はこんな状態が続くのだろうか‥。考えても仕方がないが、気は重い。

このところよく読書をしている。とくに、午後8時以降寝るまでの間(といっても最近は就寝が早いので、せいぜい2時間程度である)。読書にはその折々の傾向があって、少し前は能楽だった。知り合いの弁護士が趣味で能をやっていて、国立能楽堂で本人がシテ弁慶を演じる『橋弁慶』を観に行ったのがきっかけだ。本を集中して4冊読んで、いっぱしに知っているつもりになった(笑)。能は室町時代に観阿弥と息子の世阿弥が完成したが、考えてみればシェークスピアより200年も古い。また、独自の筋書の型を完成させた点で世界に誇れるものである。武家や貴族の後援を得た能楽に対し、歌舞伎は江戸時代、庶民の娯楽として発展してきた演舞劇である。三味線もこれに同伴する。歌舞伎は結構見に行くが、能も今後是非鑑賞したいと思っている。

今はすっかりイギリスとフランスの王朝ものに嵌っている。この手のものはもともと好きで、世界の王室のウォッチャーであるのだが、歴史についてもちょっとマニアックになっている。イギリスは、ノルマン朝→プランタジネット朝→(ヨーク・ランカスター朝)を経たチューダー朝はなんたって、ヘンリー8世とその娘エリザベス1世という大役者が揃い、映画にもよくなっている。だが、その後のスチュアート朝(名誉革命が起こる)→ハノーヴァー朝(なんたってビクトリア女王だ!→現在のウィンザー朝に続く)の知識が欠けていた。ビクトリア女王に血友病(血液が凝固しないので死亡しやすい)因子があり、4男5女の結婚を通してその因子が世界中に広がり、ロシア王室崩壊の一因になったことはよく知られるが、そもそもは父親が高齢(51歳)での誕生故の突然変異だったらしい。

スペインのアルフォンソ13世(現フェリペ6世の曽祖父)は、自ら英国に赴き、ビクトリア女王の孫娘を見初めて求婚、その子孫に血友病が発症する危険はすでによく知られていたが、その分子供をたくさん産めばいいと言い、花嫁をイギリス国教からカソリックに改宗までさせて異国の地に連れてきたのに、いざ産まれた王太子に血友病が発症すると激怒し、そのことで妻を決して許さなかったという。あまつさえ浮気のし放題で、宮廷に手つかずの女性はいないとまで言われたそうである。日露戦争に勝利した日本に対して黄禍論を唱えたプロイセンのヴィルヘルム2世もビクトリア女王の孫だったとは知らなかった(実母が女王の長女)。母親と非常に仲が悪かったそうだ。

フランスの王朝については私の好きなブルボン朝(名君アンリ4世に始まり、なんたって太陽王ルイ14世だ!最後のルイ16世は処刑される)には詳しかったのだが、その前のヴァロワ朝、さらにその前のカペー朝までをざっと見てみた。イギリスとフランスは、海を挟んでいるが互いに婚姻関係その他を通して、百年戦争その他、切っても切れない深い関係にある。縦だけで見ていた歴史が横に繋がったとき、理解が立体的になるというのか、それぞれに濃い人間関係が分かって、本当に嬉しくなってしまう。このあとはドイツないし神聖ローマ帝国に知識を広げたい。

ただやみくもに記憶するのではすぐに忘れてしまうが(受験もないのだし)、登場人物がそれぞれ血肉を持った人間として動き出せば、しめたものだ。何百年前だろうが、どういう立場だろうが社会状況だろうが、宗教が何だろうが、人間の本質はまったく変わらないなと思う。共感の出来る人が現れると、まるで今その人が近くに生きているかのように、その喜怒哀楽、歓喜、悲哀を感じることができる。昔は今と違って自由度が遥かに低く、職業も結婚も住居も宗教も自分で選べなかったが、健康であればそれだけで恵まれているし、たまたま良い人間関係に生まれ、良い伴侶に当たれば、幸せだった。世の東西、今昔、貴賤を問わず、人間の真実は変わらないのだと思う。

カテゴリー: 最近思うこと | コメントは受け付けていません。

『交通事故で息子を亡くしました。裁判の被害者参加とは何ですか』

自由民主党月刊女性誌「りぶる7月号」
カテゴリー: 執筆 | コメントは受け付けていません。

日大アメフト事件に思うこと

もうずいぶん日にちが経ったように感じる。多くの記者の前で単独会見に応じた宮川選手は,その真摯な受け答え,逃げない態度で,日本中の共感を得た。まだ20歳(私の周りには(反則だとすぐに分かる)あんな下手なタックルをして,と非難していた変わり者が約1名いた)。

どう考えても,直ちに記者会見に応じるべきは監督なり大学側であって,学生(=顧客)を守ることこそが彼らの使命である。それを放棄し,学生を単独で会見に応じさせるなど,一体頭の回路はどうなっているのだ!? そのあとようやく会見に応じた監督とコーチの一部始終は,聞くに耐えなかった。学生が指示を取り違えたとの弁解は,客観的事実とまるで合わないし,醜い責任回避であるのが明瞭に見て取れる。もし万歩譲って事実がそうであったとしても,自らがひとり被り,一切の責任は自分にあると言い切るのが上に立つ者の流儀である。まあもちろん,そんな人たちであったならば,こうした反則行為及びその後のひどすぎる対処は起こりようがなかったのだが…。

今に至るも理事長は雲隠れしたまま,一言の発言もない。会社が不祥事を起こした際,もし当の課なり部が対応するだけで社長が表に出てこなければ,あるいは出てきてもその対応を間違えれば,その会社は潰れる。そんなことは今どこでも常識だが,この大学には組織としての危機管理能力が完全に欠如している。日本の大学で初めて危機管理学部を作ったと喧伝されていたが,今となっては悪いジョークにしか聞こえない。

日大は,今流行りの第三者委員会に事実調査を委ねることで(内田監督・井上コーチが告訴されたので,警視庁による捜査もあるが),当座の責任逃れをし,時間稼ぎを意図している。監督が大学の経営権を握っているという事態はよく分からないのだが(通常の大学ではそんなことはないはずだ),内田前監督は理事長に次ぐナンバー2の常務理事であり,田中理事長は相撲部総監督でもある。彼らが膨大な日大予算を握り人事権も握っているようでは,周りはイエスマンばかりになり,どんな不正行為もまかり通るようになっていたであろう。国からの多額の私大補助金は適正に使われていたのだろうか。私腹を肥やしていたのではないだろうか。

宮川君を含む多くの日大生,同窓生,関係者が気の毒で仕方がない。就職戦線で,日大の学歴が不利に働くことは大いに考えられる。でなくてもあちこちで,日大卒です,と胸を張って言えない事態を招いた責任をどう考えるのだろうか。いずれは日大経営陣は総取っ替えされるのだろうが,その後はどうなるだろうか。

しかし,宮川君の勇姿を見て,改めて思うことがあった。20歳の学生が「加害者」として顔と名前を出して堂々と受け答えをしたのに,なぜ,福田事務次官のセクハラ「被害者」は記者という立場でありながら,なぜ堂々と顔と名前を出して,思うところを述べないのか。アメリカで今にわかに流行になっている?セクハラ告発運動は当然ながら,実名で名乗り出ている。自らはリスクを取らない,蚊帳の外にいたまま相手を一方的に論難,告発できるというのがフェアでないことは普通の人であれば分かるはずである。女性だから保護されて当然と思うのだとしたらそれは甘えであり,そもそもが自らを男性に劣後させている証左である。女性であることを利用してネタを取るのはOK,その際卑猥なことを言われるのはNG…そんな勝手な理屈は通らない。

さて,ワイドショーを見るのは,よほど興味のある事件があった時だけだが,今は和歌山のドンファン,77歳富豪の怪死事件である。死因は覚せい剤服用による循環器不全。注射痕がないので致死量が服用されたと見るべきだ。少し前に,彼が全遺産を譲ると言っていた(遺言書はない)愛犬が急死しているが,これも覚せい剤服用だった可能性があるだろう(検視・解剖はされていない)。自死ではなく殺人だろうし,となると,その動機はもちろん金であろう。この2月に入籍していた22歳の若妻と家政婦はいずれも東京に家があり,互いに親しいらしい。死亡当日も両者家にいた。和歌山といえば,例のカレー事件だ。警察も鋭意,真実を明らかにしてほしいと切に願う。

カテゴリー: 最近思うこと | コメントは受け付けていません。