『亡き兄に代わって母の面倒を見ました。遺産を多めにもらえないでしょうか?』

自由民主党月刊女性誌「りぶる12月号」
カテゴリー: 執筆 | コメントは受け付けていません。

今年もあと2ヶ月、サウジの事件はどうなる?

何をどうやっているわけでもないのに、日にちはどんどん過ぎていく。気がついたらもうあと今年も2ヶ月。ブログも更新しないとなあと思いつつ、つい延ばしていると、次の事件が起こる。

海外でのトップニュースは、トルコ総領事館でのカショギ氏殺害事件であろう。カショギ氏(59歳)はサウジアラビアの名家の生まれで、かのビン・ラディンに複数回インタビューするなど、アラブ世界で最も著名なジャーナリストの1人であった。王族とも懇意の立ち位置だったのだが、現サルマン国王が(伝統的には順次弟に王位が譲られていた)、亡くなった兄の息子が皇太子だったのを廃して自分の息子ムハンマドを擁立したのが昨年6月。それ以降権力が集中され、事態は大きく変わっていく。皇太子はサウジの脱石油化を目指すとして矢継ぎ早に改革を押し進め、女性の運転免許を認めるなど海外受けを狙ったようだが、その活動家らは弾圧されたとも聞く。

独裁者が考えることはみな同じ、自らの権力の維持であり、民衆のことなぞ頭にはない。敵対者は弾圧、抹殺あるのみ。トルコのエルドワン大統領も近年独裁色をどんどん強めているが、サウジアラビアに至っては、国名がサウジ家のアラビアであり、憲法もなければ議会もない(20年以上前、検事時代に一度リヤドに行ったことがある)。皇太子は昨年秋、政敵である王族や経済関係者を汚職容疑でホテルに一斉拘束し(多額の金員を払わせて、後に釈放)、政府批判をする穏健な活動家やジャーナリストを締め付けていく。カタールに一方的な断交をつきつけ、サウジを訪問したレバノンの首相を長期にわたり拘束…まさにやりたい放題なのだ。危ないなあ、この先どうなるのだろうと憂えていたら、この大事件である。

カショギ氏は昨秋アメリカに亡命、ワシントンポスト紙に現政権を批判する記事を投稿していた。そのカショギ氏がトルコ女性との再婚のために離婚証明を取るべく、トルコのサウジ総領事館を訪問したのが9月末、書類に不備があるから10月2日に再訪してくれと言われ、逮捕されると危惧する声には、トルコ国内で変なことはできないと楽観視していたらしい。総領事館の外で、婚約者に荷物を預けて中に入る。まさかの時にはエルドアン大統領側に連絡を取るようにと。ずっと外で待つ婚約者…。彼は総領事館を出ましたよ、なんていう嘘が通るはずもない。

案の定トルコ政府が騒いだことにより、国際世論も高まり、サウジアラビアは追い詰められていく。どうせばれるのに、なんでこんなつまらないことをやったのかと思うが、同じ独裁者同士、サウジ人の命くらいでトルコが騒ぐことはないと軽く考えていたかもしれない。たしかにトルコが西欧諸国のように、表現の自由やらジャーナリストの保護などを重んじるはずもないが、サウジとの取引や国際社会でのプレゼンス向上には使える。その結果、サウジは20日にはようやく領事館内での死亡を認め、当初過失を主張していたのを後に計画的な殺人に改める。だが肝心の死体は…行方知れずのままである。

実はトルコはずいぶんと入念に「捜査」をしていたのである。2日早朝、サウジから15人のヒットマン(皇太子のボディガードや法医学の権威を含む!)が空路で来たことも把握済みだし、現場の録音もあるという。総領事館や大使館は現地人を雇うので、スパイがその中にいたと考えるのは至って容易である。それによると、カショギ氏は薬物を投与され、生きたまま体を切断され、7分後に絶命した! 総領事が「ここでやるのはやめろ。俺は大変なことになる」と叫んだことまで暴露済みである。遅まきながら実行行為者らは逮捕され(1名は交通事故?で死亡済み)、皇太子は自らの関与を否定し、トカゲの尻尾切りで済ませる腹が見え見えだ。もちろんそんな嘘に欺される者はいないのだが、サウジへの武器輸出を続けたいトランプその他、それぞれの思惑があって、サウジを徹底的に叩くことまではしないようである。

国内では、新女性大臣のスキャンダル!! 詳細は未だに分からないが、その口利きは悪くすると、あっせん利得収賄処罰法違反じゃないですか。それを「不正確」だと(事実無根ではない)直ちに訴訟に持ち込み、弁護士に喋るなと言われているから喋らないって!? あなたは国会議員ですよ! 国民に説明責任があるでしょう。もし別の議員が同じことをしたら、糾弾の限りを尽くしているはず。それが自分のことになるととたんに逃げて平気な人が多く、困ったものだと思っている。責任ある立場の人ほどきちんと責任を取るべきなのだが。

さて、金足農業躍進のお陰で、初めて熱を入れて見たドラフト会議も、先週終わった。ドラフト1位で華々しく入っても故障その他で、一軍に上がらないまま去っていく選手は35人もいるという。二軍と行ったり来たりで、ぱっとしない選手はもっと多いだろう。かと思うとドラフト下位や育成で入ってトップまで上り詰める人もいる。努力や運もさることながら、大器晩成型もいれば早熟型で高校や大学時代がピークだった人もいるだろう。プロスポーツは実に厳しい世界である。年俸やランキングを見れば評価は一目瞭然だからだ。これが弁護士や医者だったら、貧しい人のために、無罪を勝ち得るために、金など要らないと頑張る弁護士もいるし、僻地医療や発展途上国医療に心血を傾ける医者もいる。少なくとも、高収入イコール立派な医者・弁護士ではない(そう思っている本人がいることは否定しないが)。趣味を楽しみたいから平日も執務は午後4時まで、そんな働き方でも構わないのは自由業故だ。今夜は日本シリーズ第3戦。相手本拠地でのカープ躍進を祈っている。

カテゴリー: 最近思うこと | コメントは受け付けていません。

『義母との縁を切りたいのですが・・・』

自由民主党月刊女性誌「りぶる11月号」
カテゴリー: 執筆 | コメントは受け付けていません。

貴乃花と相撲協会 よく分からない話である

2週間前の話になるが、秋場所は稀勢の里がまさかの10勝を挙げ、とにかくひとまず安堵させられた。8場所も休んでは健康な人でも相撲勘が戻らないうえ、昨年春場所に負った大胸筋断裂は決して治癒しないと聞く。左おっつけが伝家の宝刀、その左が使えないとあってはもう真っ当な相撲を取ることはできないだろう。おそらく序盤に負けが込んで引退表明になるのではと危惧していた。それがなんと10勝したのである! 大関豪栄道には完敗したが栃ノ心には勝ち、横綱白鵬には完敗だったが鶴竜には勝った。10勝は大関の責任ラインではあっても横綱のではない。でもとりあえずこれで引退の話は先送りになった。次場所が勝負の場所になる。

横綱在位優勝わずか1回の稀勢の里にすれば、比べるべくもない22度の優勝回数を誇る貴乃花は神様のような人だったろう。どちらも八百長なしのガチンコ、中学卒の叩き上げ。出世スピードの記録を塗り替えた貴乃花に及ばないまでも、稀勢の里も10代で幕内に上がった。貴乃花の父は人気力士だった大関貴ノ花、伯父は初代横綱若乃花で相撲協会理事長も務めた。兄若乃花との若貴ブームは空前の盛り上がりを見せ、花田家はまさに角界のサラブレッド一族だった。

それが一体どうしたことだろう。相撲協会の理事を務め、理事長選に立候補して敗れたのが2年前。本人はそれが最初で最後の理事長選のように言っていたが、まだ40代と若いのだから、うまく立ち回ればそのうちには理事長になれるだろう。何といっても貴乃花以上の大横綱はいないのである。未だに多くのファンがいることを、先月大相撲9日目に行った時に実感した。周りを圧するオーラは半端ではない。少し前、理事選にすら落選して(わずか2票!自分以外に1人いただけである)年寄に降格になったときですら、そのうちには復帰するだろうと気楽に思っていた。とにかく千代の富士亡き今、貴乃花以上に実績のある横綱はいないのである。

それがこの度の急展開である。相撲協会を退職し、名門だったはずの貴乃花部屋を閉め、貴景勝以下の有望な力士その他を全員、他の部屋に移籍させたのである! 貴乃花は相撲協会と無縁になり、以後審判はもちろん実況解説をすることもない。なんと寂しいことではないか。理由はいろいろ取りざたされているが、本当のところは未だに不明のままである。なぜ貴乃花一門を消滅させてしまったのか。どこかの一門に属さないと相撲部屋を持てないとの決議が理事会でなされたというが、それは本当なのか。そして貴乃花部屋の引き取り手がなかったというのは本当なのか‥。

貴乃花の行動がおかしいと感じ出したのは、昨年11月に起こった貴ノ岩の一件からだった。それが貴乃花対モンゴル力士の構図となり、貴ノ岩が貴乃花に匿われて(?)出場させてもらえないという疑惑にもなった。しかし元はといえば貴ノ岩に暴力を振るったのは日馬富士であり、白鵬の(明示ないし暗黙の)指示によるものだったと言われている。悪いのは日馬富士らのほうなのは明らかであり(傷害罪で罰金50万円の略式命令となった)、それ故に日馬富士も引退をしたのであるが、貴乃花の行動がおかしいが故に、その本来は明らかだった構図が歪められたように思える。

貴乃花は相撲協会をまったくもって信用していないらしく、貴ノ岩事件を巡って公益財団法人相撲協会を監督する内閣府に告発状を提出していたが、部屋の力士貴公俊(よしとし)が付き人に暴力を振るった件を反省して告発状を取り下げたという。弟子ためにひたすら改悛の情を示したやに見えたが、その後に上記のいじめ(?)に遭ったということなのか。よく分からないままである。

貴乃花の廃業により、名門花田家の系譜は途切れてしまった。兄はもうとうの昔に引退して、弟とは10年以上絶縁状態と聞く。同じく母親とも絶縁状態だ。おそらくは妻とも誰とも相談せずに、廃業を決めたのではないだろうか。ご先祖様に申し訳ないとは思わなかっただろうか。せっかくここまで育ててきた弟子やその親たちに対してはどう考えていたのだろうか。部屋の出世頭貴景勝の本名は佐藤貴信。貴乃花のずっと大ファンだった父親が貴の字をつけ、格闘技で名を挙げた息子を、喜んで貴乃花に託したのである。

一説には参院選に出馬をするとの話を聞く。知名度はもちろん抜群だし、これまでの経緯からして、相撲協会が伏魔殿で、貴乃花はその被害者だと感じている人も多かろう。出れば当選の確率は高いと思われるが、当選をして、上から相撲協会を改革したいのだろうか。とはいえもともと彼はどのように、協会や大相撲を変えていきたかったのか。子供に相撲を普及させたかったという。それはもちろん立派なことであり反対する者はいないだろうが、参院議員などにならなくても、相撲協会にいたままで出来たことではなかっただろうか。国民栄誉賞を貰った千代の富士も理事長どころか理事にさえ落選した。偉大な国民的ヒーロー千代の富士も貴乃花も、いなくなってしまった。悲しい。

カテゴリー: 最近思うこと | コメントは受け付けていません。

自民党総裁選結果に思うこと

党員なので投票はしたが、安倍さんか石破さんか‥…うーん。もっといい候補が出ないのか。昔はもっと活気があったのだけれど‥。

17年前、2001年の総裁選を思い出す。属していた派閥の長・亀井静香先生、立候補。4人の候補が各地で選挙戦を戦うのに担当のマスコミがついて回り、そのヒートアップした様子は週刊誌をも賑わした。その人懐こさで亀井先生は意外なほどの(?)人気を博したが、結局、小泉候補と政策協定を結ぶ形で決戦を辞退した。小泉純一郎総裁誕生、その日のことを私は今でもまざまざと思い出すことができる。

小泉氏は実に3度目の挑戦で、総裁選に勝利し、総理になった。2度目は私が国会議員になった1998年のこと。小渕氏が当選、無派閥の梶山氏が2位で、小泉氏は100票を切る惨敗。名前を呼ばれて立ち上がり、不本意そうな表情だった場面もよく覚えている。3度目の正直で総裁になった小泉氏は、亀井氏との協定をきれいに反故にした。亀井氏の無念さを、傍にいた私もよく知っている。

さて今回、3期目の自民党総裁は初めてのことである。現職有利は既定路線なので、専らの関心は、安倍氏が圧勝するかどうか(陣営は、議員票の8割、地方票(党員算定票)の6割を目途としていた)。対する石破氏がどの程度善戦をするのか、であった。昨日出た結果には驚いた。国会議員票405票、党員算定票405票の併せて810票のうち、安倍氏は前者329票と後者224票の計553票。片や石破氏は、前者73票と後者181票の計254票。総計だけを見たらダブルスコアで負けているのだが、地方票に限って言えば、石破氏が全体の45%を獲得しているのである!(彼はもともと地方に強い。6年前の総裁選で165票の地方票を獲得し、それは安倍氏87票の2倍近くあった。)

どうなのだろう。石破氏への投票は、彼を本当に応援しているというより、安倍氏への批判票の意味が強いのではないか。いわゆるモリカケ問題はじめ真摯な対応をしていない、国民に嘘をついている、官僚支配その他独裁になりかけている、トランプに迎合しているがトランプ自体がもう危ういのに、等々。ここで、皆が本当に、石破氏に対して国政のかじ取りを任せられると期待できるのであれば、おそらくはきっと石破氏が当選していただろう。石破氏の言う内容もさることながら、その以前に喋り方や顔つきがちょっと、という人は、私の周りにも実に多い。

もっとも奥様については断然、石破氏が勝っている。慶応法学部の同級生、ミス慶応だったとの噂は本当だろう。私もその昔選挙応援に入った際、その清楚さ上品さ美しさにびっくりした。それほどの女性を自分に惚れさせて、鳥取まで連れてきて、選挙を戦わせているのだから、石破氏の魅力も半端ではないはずだ。それが政治家として直に伝わらないのは、非常に残念なことである。

言ってみれば、安倍一強は、他に人がいないから。自民党が強いのは、他にろくな政党がないから。積極的な選択ではなく消極的な選択。選挙でこの国を変えよう、変えられると思えなくなっているのは、国の弱体化を意味するのではないだろうか。

カテゴリー: 最近思うこと | コメントは受け付けていません。