新しい元号「令和」に決まる!

テレビを見ながらどきどきしていた。一体、どんな元号になるのだろうか? 「令和」──うん? 響きが冷たくはないか? だが、万葉集から採られたという。それまでは例外なく四書五経など漢籍が出典だったとは、知らなかった。たしかに漢字二字だと、和書から採っても結局その本家本元は中国ということになるからだろう。

日本最古の歌集・万葉集の第5巻。梅花の歌三十二首と序より、『初春令月(初春の令月にして)、気淑風和(気淑(よ)く風和ぎ)、梅披鏡前之粉(梅は鏡前の粉を披き)、蘭薫珮後之香(蘭は珮風(はいご)の香りを薫す)‥』。天平2(730)年1月13日、太宰師(だざいそち)大伴旅人卿の邸宅に集まって宴会を開き、ここに庭の梅を題としてまずは歌を作りたまえ、ということだった。続く歌は中国古典に由来するものが多いので、序文の中から採ったのは素晴らしい着眼であったと思う。一躍、太宰府が脚光を浴び、万葉集関連書籍が売れることになるだろう(私も早速注文した(笑))。

30年前の1月7日、私は横浜地検出勤中に、天皇崩御を知った。その前年から天皇は病に伏せられていて、忘年会もすべて自粛であったと思い出す。崩御すぐの「平成」発表だったので,特に新しい元号への感慨もなかったのだろう。今回は異例の生前退位を受けて譲位スケジュールが発表され、特別に1ヶ月前(!)の新元号発表とのことだったので、期待と不安が高まっていた。

昭和天皇の在位が丸62年と長かったので、平成は短期で終わるだろうと思っていたが、30年、ちょうどワンジェネレーションだ。天皇皇后は人間的にも素晴らしく、みなの敬愛の対象であったが、次はどうだろうか。これまでの来し方を思うと、残念ながらあまり期待はできないというのが本当のところだ。その次の皇位は秋篠宮家に移るが、今回の小室騒動を見るにつけ、期待どころではないというのがさらに本当のところである。私の周りには宮内庁が悪いという人も多いが、指示がなければ動けないだろうし、進言しても聞き入れられないのであれば黙るしかないだろう。

GHQは当然ながら天皇制の廃止を考えていた。結局は政治的権力のない象徴として残しはしたが、いずれ自然消滅になるべく、傍系宮家をすべて廃止し、直系のみにしたのである。江戸幕府将軍で正室の子は、初代家康を別とすれば、3代家光と15代慶喜のみである。慶喜は、御三家どころか御三卿出身だ(8代吉宗は御三家出身だが、側室どころか、使用人に生ませた末子であった)。天皇家が長らく続いてきたのも、側室その他いくらでもあったうえ、直系が途切れれば傍系を遡ることが出来たからである。

生物学的に見て、今の皇室では跡が続かない。女系を可としたところで続かないのは、イギリス王室を見れば歴然としている。チューダー王朝はエリザベス1世(悪名高きヘンリー8世の娘)をもって終わり、何代か前を遡ってスチュアート王朝になった。アン女王なども出たが子供が育たず断絶し、またまた傍系を辿って、ドイツから来たハノーヴァー王朝となったのである(ヴィクトリア女王はドイツ系の名前である)。旧宮家復活の話も時折出てくるが、国民の賛同が得られるとは思えない。天皇制も元号も日本の文化に根付いたことで良いことだと思うが、肝心の天皇制が続くのだろうか‥。

今週は花冷えである。満開の桜も散らずにもってくれるだろう。4日は入学式である。

カテゴリー: 最近思うこと | コメントは受け付けていません。

貴景勝関、大関昇進おめでとうございます!!

本当に素晴らしいことだと思う。幕内最年少の22歳が、大関昇進をものにした。背の低さは幕内で下から3番目。相撲で脚が短いのは不利でないにしても、腕が短いのは明らかに不利であろう。相手の廻しが取れないからだ。ことに力士の大型化がめざましい昨今では、相手の懐は深くなり、よけいに届かない。相撲は、レスリングや柔道と違って体重別がなく、体格の差がそのまま取り口の差となり、勝敗を分けることにもなる。

だが、強くて賢い佐藤貴信少年は、怯むことがなかった。欠点に拘泥することなく、自らの体格を生かす相撲を考え抜く。足腰を鍛え上げ、得意な突き押し相撲を磨き、誰にも真似の出来ない攻撃方法を身につけていく。父親が貴乃花の大ファンだったことから貴の字を、織田信長から信を貰った名前だという。中学横綱になり、名門埼玉栄高校3年時から貴乃花弟子として大相撲に出場。その後は出世街道を駆け上がっていく。昨年、貴乃花の突如の引退で部屋換えを余儀なくされて以後、初の幕内優勝・3場所連続二桁勝利と、無類の強さを発揮できるようになったのは、マスコミが押しかけるなどして稽古に集中できなかった以前の環境を脱し得たことも大きかったのではないか。

「武士道精神」「思いやりと感謝」。自ら考えた言葉で流ちょうに口上を述べた。頭の良さが伺える。貴景勝は歴史好きだそうだ(父親もそうだろう)。景は女将から貰った字だと言う人もいたが、半信半疑だった。実際は上杉景勝(上杉謙信の養子)から付けた名前であるらしい。景勝は寡黙な武将であった。勝っても負けても喜怒哀楽を表に出さない、勝負師かつ大人の貴景勝に相通じるものがあるのだろう。昨年場所に怪我をし、今後長く続けるためには怪我をしてはいけない、そのためにどうするかと考え、食生活を見直し、体重管理も子細に行っているという。まさにプロの力士である。

両横綱及び大関豪栄道はすでに30歳をいくつも超えた。大関高安にしても29歳だ。大けがをして幕下まで転落していたのに奇跡的に回復し、昨年30歳で大関に昇進した栃ノ心は来場所関脇に転落する(10勝すれば戻れるが、難しいだろう)。大相撲には世代交代の波が大きく押し寄せている。御嶽海に期待していたが、三役定着こそ2年になるものの肝心の二桁勝利には遠く、将来が見えない(26歳)。とにかく自他共に認める稽古嫌いだそうで、奮起を促したいと思う。あと期待できるのは、北勝富士(26歳)と大栄翔(25歳)だろうか。大学相撲ライバルの豊山と朝乃山、共に24歳は大器として期待しているのだが、まだまだのようだ。眠れる巨象逸ノ城(25歳)が今場所14勝と覚醒した感があり(大きな怪我をしないのが強みである)、このまま大関に昇進するかもしれない。

最近人と話していて、スポーツが好きなんですね、詳しいですね、と言われることが多くなった。スポーツは全然出来ないし、見るのも大して熱心ではなかったのに、言われてみれば、たしかに相撲歴は15年になるので、詳しいのは確かである。野球はさほどではなかったのに、昨夏の高校野球で突如目覚め、今はカープファン(広島出身)とロッテファンとして野球全体に関心を持っている。イチローの引退は、45歳まで怪我なく、自らをストイックに管理し続けてきたその姿勢に脱帽している。不世出の選手であろう。

不世出といえば、フィギュアスケートの羽生選手。その美しさは群を抜き、まさに氷上のバレエである。それなのにこの競技、点数の配分・付け方がおかしくはないか? ネイサン・チェンがどれほど4回転を種類多く、それぞれ高さ・フォーム共完璧に飛んだからといって、美しさや感動とは別ものではなかろうか。芸術ではなく、単にスポーツだというのだろうか? このままだとこの競技はジャンプを競うものになり果ててしまいそうである。であれば、例えばロボットにやらせればよいのではないか。負けず嫌いの羽生選手はジャンプの向上を誓ったが、でなくても足首は怪我をしたままである。どうか、無理をしないでほしいと願わずにはいられない。

カテゴリー: 最近思うこと | コメントは受け付けていません。

『過去の不倫相手のご主人から、慰謝料請求が来たのですが・・・』

自由民主党月刊女性誌「りぶる4月号」
カテゴリー: 執筆 | コメントは受け付けていません。

春ですね、元気でやっています

親しい人から、1ヶ月以上ブログの更新がないと言われた。たしかにそうだ。この間ゴーン氏の保釈だとか米朝会談だとか、個人的には15年以上ぶりにタイを訪れたこととか、いろいろあったのだが、そのままで日が経っていた。長年賀状の交換しかなかった人が電話をくれて懐かしく思い出話をした際、ブログを見ているので様子は大体分かっていると言われ、なかなかに有益なものだと思った。

この冬は風邪を引かなかった。2年前インフルエンザ、去年もひどい風邪を引いた。今年の健康はひとえに暖冬のお陰だと思っている。電気毛布はもちろん普通の毛布も不要だった。早々と気温が上がり春になったので、ここ10日間ほどで徐々に衣替えをしてしまった。例年は彼岸が境なので、珍しいことである。花粉症はあるのだが、薬を飲むだけで軽症で済んでいる。ありがたいことである。

社会を震撼させた野田市児童虐待死事件は、殺人ではなく傷害致死での起訴だった。殺人で起訴をしてしまえば、それまでの事実は情状にしかならないのだが、年末の傷害や強要(廊下に立たせていた)といった逮捕を繰り返しているのは、全体像を明らかにしたうえ、できるだけ量刑を重くしようとしているのだろう。とはいえ、殺人罪でない以上、自ずと限度がある。否、殺人罪でも被害者は1人、無期懲役どころか有期懲役にしかならない。こういう男に対しては、死刑も一瞬で死ねるのだから軽いくらいで、幼い娘に長く味わせていた地獄のような苦しみをどうにかして与えてやりたいと思う(日頃は穏やかな周りの人たちもそう言っている)。

さて、ニュージーランド・クライストチャーチでの銃乱射事件! 2つのモスクに男が侵入し、持っていた半自動小銃5丁を乱射、50人以上が殺害された。白人至上主義のオーストラリア国籍の男、28歳。ニュージーランドはかねて平和で、治安の良い国と思われていた。それが銃を1人で何丁も入手できたというのに、まずは驚いた。自分の頭にカメラをつけ、フェイスブックアカウントで犯行を生中継していたのにも驚いた。瞬く間にその動画が世界中に拡散する羽目になり、SNS時代のテロをまざまざと見せつけた。

ニュージーランドは女性参政権の取得が1893年と、世界で最も早い国である。首相はまだ30代の女性で、出産して6週間の育児休暇を取得したこと(ただし無給)が世界のニュースになった。加えて、総督(元首はエリザベス女王)も司法トップも女性という、女性進出が最も進んだ国である。首相は銃規制を宣言し、移民である被害者らもニュージーランドを選んで来てくれたのだから保護すべき対象であることを当然のように宣言した。事件の背景には、欧米での移民制限によって、オーストラリアやニュージーランドにその波が押し寄せ、白人による移民排斥の動きがある。なにせトランプ大統領はメキシコとの国境に壁を建設しようと、毎日移民憎しのツイッターを流しているのだから、それに影響される人が出てくるのは当然であろう。

50人を殺しても、死刑にはならない。死刑が廃止されているからだ。警察官が銃を持っていればその場で射殺されただろうが、ニュージーランドの警察官は銃を携行しないので、その心配もない。刑務所はおそらく快適な設備であろう。終身刑になってもその快適な環境で3度の食事が保障され(欧米では刑務作業はない)寿命が来るまで過ごせるのだ。それでは犯罪抑止にはならないだろうと思うのだが、死刑復活はないのだろう。

外務省脇の桜はもう咲いているそうである。日当たりが良いせいだろう、あそこの桜が例年一番早い。1週間前、日比谷公園の脇を通った際、満開の桜の木があり、多くの人が愛でているのを知った。色が濃かったのでソメイヨシノではない、別の品種と思われる。桜が咲き出すと、心躍るものがある。22日(金)夜は花見の屋形船に乗る。例年よりずいぶん早いが、何分咲きかになっていることだろう。

カテゴリー: 最近思うこと | コメントは受け付けていません。

『息子の結婚が破談に。相手の女性を許せません』

自由民主党月刊女性誌「りぶる3月号」
カテゴリー: 執筆 | コメントは受け付けていません。