大型連休に入ったけれど‥(Midnight in Broad Daylight の読後感想)

今月25日(土)から5月6日(水)まで、中4日を休めば12日間の大型連休である。気候はいいし、例年ならば嬉しいことかもしれないが、今年は、海外はもちろん、近場の観光地にも行けない。庭付きの大きな家ならいざ知らず、大人も子供も狭い家に閉じこもっていては、心身共に不健康なこと、この上ない。ストレスが溜まって、互いに無用な喧嘩が始まり暴力沙汰も起こるだろうから、子供が家出して変な事件に巻き込まれなければよいけれど‥。老人はデイケアに行って人と話すこともできないし、施設入居者も面会を拒まれ、いずれにしてもこの間に認知機能が衰える可能性が極めて高い。大体が人との接触8割減の要請なのだから、友人知人との交遊が希薄にならざるをえないのである。会食は、3月25日が最後だった‥。

大学は当初、常より2週遅らせて4月20日開始とのことだったが、緊急事態宣言を受けて5月11日開始となっていた。最近、その最初の2回は遠隔授業にするので、第1回目の録音その他を5月7日までに送るようにとの通知が来た。なにせ初めてのことなので、大変だ。私よりもっと操作に慣れない年輩の方もいるはずで、嘆いておられることだろう。聞くところによると、早々と前期授業はすべて遠隔事業にしてしまった大学もあるそうだ。

学生はみな戸惑っているだろう。ネット環境として、パソコンをきっちり持っている学生は一体どれほどいるだろうか。スマホしかない学生が多いと思われる。その小さな画面でレジュメを見、かつ(これまで会ったこともない)先生の、録音された言葉を聞いて、どれくらい理解できるだろうか。ラジオの語学講座をイメージせよと先輩教授が教えてくれて、グッドアドバイス!と喜んでいたら、語学講座では手元にあるはずのテキスト(教科書)が5月末位にしか入手できないだろうというのである。あれ、まあ。嘆いていても仕方がないので、始めるより外はないのだけれど。

しかし、かなり多くの学生にとって今の状態は、まともに学べないということもさることながら、生活に直結する死活問題となるだろう。自らのバイト先がなくなる。仕送りを当てにしていた親の収入もまた、自営業だったり非正規労働者だったりしては、見込めない。学費だけは奨学金で何とかなるとしても、その余の生活費がゼロとなっては、学生を続けることも難しい。きっと休学ないし退学も増えるはずだ。今回の緊急事態は、ひとり外で働けない大人だけではなく、学生や子供も巻き込んだ大きな社会問題なのである。

毎夜その日の新感染者数を気に掛けているのだが、昨日は、13日ぶりだかに東京は70人余と、2桁になっていた。どうぞこのまま減ってほしい。そして、緊急事態延長などどうか、なしにしてほしい。もちろん、最も恐れるべき医療崩壊を考えれば、全面的な解除ではなく段階的解除にはなるだろうが、今の緊急事態状態をただ続けるのでは、社会が死んでしまう。

生命は経済(金)に勝ると言えば、誰も正面切って反対はできないが、金がなくては実際、生きていけないのだ。その日暮らしの人も多いし、それどころか、借金もみれの人も結構いる。金銭的保障はする、無利子で貸すとかいっても、国や地方自治体の財政も無尽蔵ではないし(国が潰れたら、どうなる?)、借金はいずれ返さなくてはならない。大学1年の時に読んで感動した、サマセット・モームの自伝的小説『人間の絆』(悪女ミルドレッドに振り回される情けない男が主人公である)中に(私の記憶が間違っていなければ)「金は第6感のようなもので、それがなければ他の5感は働かない」「金がないのは命がないのと同じことである」との言葉があった。高邁な思想や、豊かな文化がなければ人間の生活としては寂しいが、金がなければ生きていけないのは現実である。

暇でしょうと知人が、Midnight in Broad Daylight という(直訳すると、白昼の真夜中?)、日系アメリカ人家族の話を貸してくれた。戦前に広島から米国西海岸に移住した1世が父親(母親は広島からのいわゆる写真花嫁)、2世の子供5人は米国で生まれて米国籍を持つが、父親が亡くなった後困窮した母親に連れられて広島に戻る。うちハリーは姉と共に、心情的に馴染んでいる米国に戻るが、収容所に容れられ、米軍に志願して通訳官になる。激しい戦場に赴き、修羅場をくぐりながら、出世していく。一方、兄ビクターと弟フランクは日本で徴兵され、かろうじて生き延びる。広島に原爆が落ち、神戸に赴任したハリーはその秋、部下を連れてジープを駆って広島に行き、被災した母親の家を訪ね当てる。老いた母親は、急に訪ねてきた軍服姿の立派な男が、何年も離れている息子だと気づかない。視線がさまよう。ハリーが言う。「お母さん。〇〇(日本名)です。ただいま、帰ってまいりました」。

このシーンで、思い切り泣けた。もし、I`m home. だったらそれだけだった。この短い謙譲語に、親子の情、故郷への思いが図らずも集約されていると感じた。ノンフィクションである。ハリーとフランクはそれぞれ成功して、余生をハワイで暮らした。2人とも2015年死去。著者(ユダヤ系アメリカ人女性)は17年も日本で暮らし、ハワイ在住で2人をよく知り、多くの関係者に取材を重ねた。労作である。著者自身日本語に堪能なので、ご自身でどうか日本語版を出し、日本人に読んでもらいたい。世界中の人に読んでほしい。ナチのユダヤ人迫害には及ばないまでも、米国籍の2世も含め、ただ憎い日本人だからというだけで1万人以上を収容所に送り監視した、アメリカの憲法に違反する負の歴史を、アメリカ人もあまり知らないのだそうだ。こういう時代に比べれば、今は食料もある、家もある、表現の自由があり、徴兵制もなく爆撃もない。そう、もちろんあの時代と比べるのは僭越なほど、今は恵まれすぎているのではあるけれど‥。

あと、読みたい本があるのだが、遠隔授業の準備を無事に終えてから手をつけたいと思う。よく通っている区立図書館が3月末以降急に閉まってしまったのがちょっと痛いのだけど、まとめてじっくりと読書するのに、とても良い機会ではある。だが、それでもどうか‥来月6日までにしてほしい。

カテゴリー: 最近思うこと | コメントは受け付けていません。

『娘婿に貸したお金をきれいに返してもらいたい』

自由民主党月刊女性誌「りぶる5月号」
カテゴリー: 執筆 | コメントは受け付けていません。

ついに緊急事態宣言である

4月2日夜に緊急事態宣言が出る、21日間──との情報を、結構確かな筋と思われる所から受けたのは、3月末。東京がロックダウン(首都閉鎖)になるとの小池知事の言葉を、つい信じそうになっていた。もちろん冷静に考えて、日本ではそうした法的根拠はないのだが、デマの心理というのは恐ろしいものである。

4月最初の週末(4・5日)はまたしても自粛要請で、銀座はじめどこも百貨店が軒並み休業するなどし、人通りもなかったらしい。その翌週末も休業なので、百貨店に行くのはその後だわと思っていたら、なんと昨夕緊急事態宣言(5月6日まで!)が出て、今日からビシッと休業である。あ~あ、用事があったのに。こんなことなら、平日夜に行っておけばよかった‥。後悔しても、時すでに遅し。神戸にいた子供の頃、百貨店に連れて行ってもらうのは晴れの行事で、それはそれは楽しみだった。1ヶ月半も百貨店に行かない生活は、たぶん生まれて初めてのような気がする。百貨店に行っていろいろな商品を見、買い物をすることは、気分転換に最高だったと、改めて気がつく。

外出を控えさせて感染者数が減れば、前倒しで解除するだろうか? 否、解除して、もしまた感染者が増えれば非難が激しくなるから、たとえ減っても結局のところ、所期通りにはやるのだろう。反対に、延期は充分にありうると思われる。武漢では2ヶ月半の完全封鎖が効を奏したとして本日封鎖を解除するそうだが、結果、また増殖するなんてことはないのだろうか、心配だ。もともと中国では隠蔽はお手の物なので、本当に減ったのかどうか、そもそも疑わしい。

調停はもちろん、裁判も(身柄事件は別として)すべて中止になった。延期期日も現段階では決められず連休明けになるから、恐ろしく法廷が混雑し、夏休み返上になるのかもしれない。学校も閉校分の勉強が持ち越され、やはり夏休み返上かもしれない。大学では閉校中ネット授業を実施するとのこと、明日はその研修で大学まで行くことになっている。今年1月6日に最初の報道があった新型コロナウィルス(中国では12月はもちろん、11月にはすでに把握されていたと聞く)が、世界を大きく変えた。ワクチンなり特効薬が出来ることによりいつかはこの騒動は収まるだろうが、しかし様々な意味において、このコロナがなかった以前の時代にはきっともう戻れない。それくらいにこの災厄は凄まじい。

感染しない・させないために、「外出をせず3密を避ける」のスローガンの下、観光業界、小売業界、飲食業界(特にカラオケや夜の飲食業)の売上げはがた減りで、それはことに、規模が小さい自営業を直撃し、非正規労働者の収入の道を閉ざしてしまう。その補償を政府は様々に講じているようだが、財政は無限ではない。しかし宣言を出す以上、たとえ自粛要請でも基本的には強制に近いのだから、従う国民の苦しみを政治が分かち合うために、国会議員が歳費のせめて10%(できれば20%)を削減する案が与野党共々なぜ出ないのだろうか、不思議にすら思う。

自宅から出るなと言われても、狭い家に、仕事に行けない大人と学校に行けない子供がひしめき合っているのは、心身共に辛いことである。すでに事実上の1ヶ月が経過した後の、さらにまた厳しい1ヶ月となる。DVも増えていると聞く。収入が減った云々のやりとりで、夫が妻を殴って死亡させた傷害致死事件も報道された。2ヶ月という長い期間を、家族が揃って心身共に健康でやり過ごすというのは口で言うほど簡単なことではあるまい。互いの思いやり、社会の連帯意識を強く持ちたいと願うものである。

カテゴリー: 最近思うこと | コメントは受け付けていません。

コロナ危機で世相が変わる

今月、ありとあらゆる行事が中止になった。毎3月は、着物を着る機会が10回はあるのだが、皆無である。4月もすでに中止が決まった行事が多く、着物を着る機会などないままであろう。週末も夜も家にいることが多くなった。私自身はすぐに慣れ、今や、読書したり(区立図書館を愛用している)、勉強したり、午後8時までは楽器演奏に勤しんだり‥こういう大人しい生活もなかなかよいなと思っているくらいである。もちろんそれは個人レベルの話であり、学校に行けない多くの子供たちを含め、社会として国家として、一日も早く終息してもらわないと困ることなのである。

降って湧いたような新型コロナウィルス。未だにその正体は不明で(2003年に流行したサーズの仲間と言われるが)、その災厄がどれほどのダメージを、社会的経済的文化的に、世界にもたらすのか、正確には誰も読むことはできない。ウィルスの威力は感染力と致死率で決まると言われる。エボラ出血熱は致死率50%だが、熱が出て症状が重くなってから感染するため人にうつるのを防ぎやすいが、一方、新型コロナは致死率は3%と低いものの、インフルエンザと同じ程度の高い感染力があるため、こわいらしいのである。重症になると肺炎になり、特効薬はまだ開発されていないので、対症療法しかない(体の免疫抵抗力次第)。となると、とにかく感染しないように気をつけるしかないわけである。そのうちワクチンが出来れば予防出来るはずだが、その開発には1年半かかるとも言われている。

日本では外出禁止令を出す法律もないが、イタリアやイギリスはじめ海外では、政府が外出禁止令を出し、これに反して市民が外を歩いていると、罰せられるらしい。生活必需品以外の店はクローズ(生活補償はされるらしいが)ときては、なんと恐ろしいことだろうと思う。日本では自粛で少し減ったとはいえ、市民が普通に歩いて普通に買い物をし、普通に生活しているので、対応が甘いと言われているようだが、今のところ他国と比べて死者は少なく、その理由は、よく手洗いをするといった衛生習慣に求められているらしい。

オリンピックはどうするのだろう、海外から選手も客も来ないし‥と案じていたら、このほど1年の延期が決まったようだ。2年の延期はないから(冬のオリンピックがあるし、その2年後はパリオリンピックが開催される)、最も妥当な解決策であった。だが冷静に考えて、あと1年以内で、本当に終息するのだろうか。それこそ誰にも読めないことだが、祈るしかない。

さて、河井案里参院議員の「組織的選挙運動管理者」に該当するとされる秘書が、買収(うぐいす嬢に法定超えの報酬計204万円を払った)容疑で広島地裁に起訴された。禁錮刑以上の刑が確定すれば連座制を適用され、彼女は失職する。選挙から今日まですでに8ヶ月、なんとまあ捜査も何もかもが悠長なことだろう。振り返って、参院議員会館での私の隣部屋にいた議員が選挙区選挙に当選しながら、秘書が買収(学生運動員にバイト料を払っていた)容疑で逮捕されたため失職したことを思い出した。選挙から3ヶ月以内だったので次点が繰り上げ当選になったが、なぜそんなに早かったんだろう?と改めて調べてみたら、秘書逮捕の時点で自ら議員辞職をしていたのだった(当選無効の裁判を起こされて確定したのはその後のこと)。まだ若い議員だったし、どんなにか残念だっただろうが、潔く立派であった。ペナルティとしては同一選挙区から5年出られないだけなので、また出てもよかったのに、政治の世界には戻っていないようである。

人間、引き際が肝心である。彼女も早くに自ら議員辞職していれば、人の見る目も変わっただろうに。夫である衆院議員共々、党本部から、1億5000万円という、通常候補の10倍もの入金がなされた事実も含め、共に公人として説明責任を尽くしてもらいたいと切に願う。

カテゴリー: 最近思うこと | コメントは受け付けていません。

『家に寄り付かなくなった夫から、離婚請求の書面が届いたのですが・・・』

自由民主党月刊女性誌「りぶる4月号」
カテゴリー: 執筆 | コメントは受け付けていません。