『離婚した夫に連絡を絶たれました。養育費が払われず、困っています』

自由民主党月刊女性誌「りぶる5月号」
カテゴリー: 執筆 | コメントは受け付けていません。

米山新潟県知事の醜聞に思うこと

実は彼のことはよく知っている。今を去る15年以上前の議員時代、田中真紀子の対抗馬として自民党から出馬した彼の応援弁士として長岡に行ったのである。彼はそのあとまた落選し(自民党は連続落選者を公認しないので)次は維新だかどこかに鞍替えして、計4回落選をしたという。医師及び弁護士という最高の資格を持ちながら、なぜあえて政治家を目指すのか。理由はよく分からないままだった。苦節15年、すっかり国政選挙は諦めたはずだったが、一昨年の新潟県知事選に共産党などの支援を得て、まさかの当選を果たしたのである。それまで原発推進派だったのを慎重派に鞍替えしたのは、よく知られたことである。

私方事務所にも2度訪ねて来たことがあり、弁護士仲間(同じ第一東京弁護士会所属)でもあるので、そのうち新潟を訪ねる際に機会があれば、県庁にも寄ってみようかと思っていた。その機会は永久に失せた。県知事は辞任、もう選挙も当選もありえない。一体どういう優秀な知能なのか、医者兼弁護士であり、医師派遣業で稼いでいたらしいので商売のセンスにも長け、食べて行くのに困ることはないだろうが、今回の醜聞で、まっとうな人はみな離れていく。

18歳未満の女性を対象にしなければ法律違反にも条例違反にもならないが、ことは違法云々の問題ではなく、人格に根ざす問題である。2つの問題があると思う。一つはやったことそのものであり、もう一つはあまりに無防備な危機管理のなさである。

彼が50歳になるまで独身だったのは結局のところ、若い女と刹那的な肉体関係を持つのが好きだからであり、口説くとか付き合うとか恋愛とか、つまりは親密な人間関係の構築に喜びを見い出さないのであろう(そういう人がいないから若い女に…というのは言い訳である)。人間は結局のところ好きなことしかしないし続かないので、つまりは精神的にどうしようもなく貧困で哀れな男だと証明したわけだ。

世の中は広いのでそういう人はいるが、超一流の頭脳の人ではありえない(はずだ)。なぜならそういう人は知性を満たすことに満足を覚えるからだ(そのはずだ)。音楽や美術、読書でもいい、知的な人はそういう趣味を持ち、それによってストレスを解消している。かつて検事時代、覚醒剤の常習犯にある共通性を見いだした。どの人にも趣味がないのである。覚醒剤には身体的依存性はなく、ことのほか強い精神的依存性を持つ。出所して何か嫌なことが起きると、すぐに覚醒剤に走る理由はここにある。

一躍有名になったハッピーメールとやらを開いてみると、まさにこれは援助交際を仲介する場である! 登録には顔写真も載せるだろうし、身元もある程度はばらすことになるのだろう。相手がどんな人間かも分からないのに(同じ大学や職場で知り合っても、家庭も分からないし、裏に何があるか分からない)、のこのこと出て行って関係を持ち、そのことを理由に脅迫されない保障はどこにあるのだ? 録音だってされているかもしれないから、それなりの立場のある人は警戒する。妻があればもちろんのこと、独身であっても、例えば大手企業のサラリーマンであれば近づかない。公務員や資格のある人はもちろんだ。まして彼は知事なのである。ばりばりの公人。よくまあこんな怖いことを続けていたものだと呆然とするほかはない。

彼は彼女たちの父親の年齢だ。普通のまっとうな大人であれば、もしそういうことを知れば、こういうことをしては駄目だよと諭すのが筋である。もし自分の娘が売春に手を染め、自分の年頃の男が娘を買春していたら、どう言うのだろうか。それは娘の自由だから構わないのだろうか。まさか。おそらくはそういうことを考えたことすらないのだろう。バランスを持って物事を捉えられないのは、法律家ではない。真っ当な大人ですらない。まして人の上に立つべき人ではない。金銭スキャンダルであれば名誉回復は出来るだろうが、この醜聞はどうしようもない。

カテゴリー: 最近思うこと | コメントは受け付けていません。

凄まじい事件が次々と起こる

前代未聞である。19歳巡査が同じ交番の巡査部長を拳銃で殺害した。叱責されたからと、背後から拳銃で2発、即死である。発覚を遅らせるため交番に施錠してパトカーで逃走(その間に衝突事故を起こしたという)。脱走資金として50万円を下ろしている(キャッシュカードでの引き出し限度額だ)。もちろん逃げ切れるはずはなく、すぐに捕まり、拳銃も押収された。

何かひどいことを言われて咄嗟に激昂した際、たまたま近くに拳銃があったので大変な結果になってしまった、のではない。もちろんそれも決してあってはならないことなのだが、警官が人を殺害した事件はこのところいくつか耳にしているので、今回ほどのショックは受けなかったと思う。今回はまずもって動機が解せない。新米が職場の経験者に叱責を受けるのは当然であり、それが相手の殺害という強固な意思になるなど誰が考えよう。しかも一貫して計画的な犯行だったのである。とはいえ、拳銃がなければ傷害止まりだったはずであり、というよりも拳銃が使えるが故に容易に殺意に繋がったかもしれない。警察官の権力の象徴ともいえる拳銃を今後は一定の階級ないしは経験者以上には扱えないようにするといったことになるのかもしれない。

しかしいくらなんでもあまりにも幼稚な犯行である。殺人罪である。当然懲戒解雇になり、いくら未成年でも(まずは少年法が適用になる)長い間刑務所に行くことになる。親はどうなる? 家族や親類はどうなる? 地方だから親はじめ多くは近くに住んでいると思われる。そんな簡単なことにまるで思いが至らないというのは(正当防衛的な)咄嗟の犯行か、精神障害か、酒や薬物のせいか、くらいしか思いつかない。小学生でも分かるようなことを19歳の社会人、ましてや人のため社会のために就職した警官が分からないのでは、一体どうなるのか。暗澹たる気持ちにさせられる。

松山刑務所大井支所(造船作業場の開放施設である)の脱走受刑者(27歳)は、8日逃走後、15日の今日まで見つからない。向島(広島県尾道市)に潜伏していると見られるが、以前窃盗で逮捕されるときも1ヶ月ほど逃走していたらしく、慣れているのであろう。松山刑務所は四国にある4つの刑務所中、初犯者など最も犯罪性向の低い受刑者が収容される刑務所である(一番重いのは高知刑務所)。松山刑務所長が「(初めて刑務所に入ってくる者ばかりなので)良い処遇をしても良いと分かってくれない」と言っておられた。

この造船作業所にも行ったことがある。「塀のない刑務所」つまり開放施設は日本には数えるほどしかないが、まもなく社会に戻る前の仕上げ段階に、模範囚で逃亡のおそれもない者を選んで入れている。塀がないから逃亡しようと思えば出来るが、そんなことをしてもどうせ捕まるのは必定、その間に起こす新たな罪でまた服役することになり、再犯者の量刑は重くなるから、どう考えても損でしかないのだ。この受刑者も時間の問題で、いずれは捕まる。規律違反で叱責されて落ち込んでいたというが、そんなことが逃走の動機になるのか?(警官が叱責されて上司を殺害するくらいだから、ありえるのかもしれないが)ちなみに、逃走それ自体は「1年以下の懲役」と軽く(刑法97条)、これは人間が自由を求める本性を酌んだものと言われる(刑法を勉強すると必ず学ぶ「期待可能性」である)。逃走の際に器具を壊したり刑務官などに暴力や脅迫を加えたりすれば加重逃走罪(98条)として3月以上5年以下の懲役である。

広島県で14年ほど前、女子高校生が突然入ってきた男に滅多刺しされて殺害された事件の犯人がようやく捕まった。その際祖母も重傷を負い、妹は助けを求めに逃げたので似顔絵が作られた。この度、郷里の山口県で起こした暴行事件で取られた指紋とDNA鑑定がこの事件の犯人のものと一致した。使用した凶器も捨てずに自宅にあったという。男は素直に供述をしているというが、一体動機は何なのだろう。愛する娘は戻らないが、犯人が捕まってご両親・ご家族も少しだけほっとされたのではなかろうか。山口県警のみならず広島県警で長年この捜査に携わってこられた方々にも本当にお疲れ様でした、と申し上げたい。

いろいろな意味で関心のある刑事事件が続いて、永田町・霞ヶ関の喧噪がしばし脳裏から薄れていたのだが、財務省事務次官のセクハラがすごいレベルである。人格的な欠陥だろうと思うが、国のトップにある人たちのモラルがこれほど低いのでは、教育はどうなっているのだろうと思わざるをえない。

カテゴリー: 最近思うこと | コメントは受け付けていません。

桜も終わり、新年度が始まります

昨日、武道館での大学入学式に参列してきた。3ヶ月近く大学はお休みで、その分楽をしてきたが、来週からまた毎週の大学出講が始まる。考えてみたら今週は、一年中で一番楽な週かもしれない。裁判所は人事異動で期日が入らず、裁判も調停もないからだ。それも明日で終わり、来週からは裁判所も大学も元通りである。

式後武道館から大学同僚たちをお連れして、千鳥ヶ淵沿いに事務所に戻った。残念ながらほとんどもう葉桜だ。私自身はその前、何かのついでに上野や六本木界隈で花見を楽しんだからよいのだが、新入生と親たちには気の毒である。明夜は毎年この時期恒例の屋形船(隅田川下り)。花はもう駄目だが、花より団子。1年ぶりで会う人も多いので、楽しみだ。会えるのはお互いに元気だということである。

一昨日は事務所を出た後まっすぐ帰宅せず、九段下、神保町までぶらぶら歩いた後、JRお茶の水駅から帰宅した(歩くと、これらの街が互いに近接していることがよく分かる。同じ千代田区なのである)。職場と住居が近く、都心に出るのに便利なのは贅沢なことである。歩くのは好きだし、中でも街歩きは昔から趣味といってもいいほどだ。きっとこの店は美味しい!と閃くと、店名を覚えておいて、あと食べログで確かめる(便利な時代である!)。私の直感は嬉しいことにたいてい当たり、ほぼ3.5点を超える。中で今度是非行ってみようと思う店は携帯に登録。行ってみて良かったら残し、駄目だったら削除する。情報源は直接ネットからの場合もあり、そうして出来上がった私の飲食店リストはかなりの数に上る。

グルメに引き換え、このところデパートにはとんと行っていない。たまに行くと客が本当に少なくて(デパ地下を除く)、手持無沙汰風の店員さんが気の毒になってしまう。私もようやく服を買わなくなった?…ならよいのだが、相変わらず、服も靴も買っている。だからデパートに行かなくなった理由は、服は専門店(及びネット)、靴は完全にネットになった故である。昨年は夏、ひょんなきっかけから安価な洋服に目覚めた。安いから品質が悪いというわけではなく、汗で2年しかもたない夏服にはこれで十分だ。メーカー毎の私のサイズも分かったので、ネットで注文することもある。

ましてや靴は、欲しいものがいつも具体的である。例えばグレイのアンクルブーツ(24.5㌢)、靴先が尖って4㌢(せいぜい5㌢)のピンヒールと言うと、Aデパートにはない、Bデパートにもない‥万一あってもそのサイズはあいにく切れています…こんなことの繰り返しで、靴を買うのは大変気が重かった。それがネットだと、イメージ通りの靴が多くのブランドから選べ、在庫の有無も分かる。クリックするだけで欲しい品物が届くのだ。返品もOKだし、サイズが違えば取り替えてももらえる(幸い未だ返品も取り替えもない)。ネットショッピングはとにかく、無駄な時間がかからないのである。

加えて、ネット商品は季節を問わず、簡単にセールになる(10%引きクーポンなんてのもほぼ常時ある)。私が昨年Aデパートで定価で買った某ブランド靴の色違いが50%引きで出ていたので、迷わずクリックした。70%引きなんてのもある。デパートだったらセールは夏冬だけ。おまけにセールを待っていたら24.5㌢は絶対と言っていいほど、もうないのである(22㎝とか小さいサイズはよく残っている)。

アパレル不況とはいえ、中でネットショッピングだけはぐんぐん伸びている。今後もその傾向は続くだろう。そんな時代にデパートに未だに行く人たちは、特定の高価ブランドに決めている人たちを別にすれば、欲しい物が決まっていないか、どんな物が流行りなのか見てみたいという人だろう。あるいはネットショッピングを知らないか、知っていても(雰囲気が違ったりサイズが違うと面倒だと)避けている人であろう。

デパートを含むリアル店舗は、商品を仕入れてただ売るだけではなく、客が品物を見て、実際に着てみて楽しむ場、店員から流行や着回しのアドバイスを貰い、アクセサリーを含めたコーディネートなども教えてもらう場としてでなければ、生き残れないのではなかろうか。IT時代、いろいろなことが早いスピードで変わってきている。モノからコトへ。外人観光客の要望も大きく変わってきている。アパレルに限らず、デパートに限らず、どこも先を見越した商売をしないと、立ち行かなくなっているように思う。

カテゴリー: 最近思うこと | コメントは受け付けていません。

『夫が残してくれた唯一の遺産の自宅。息子に取り上げられそうです』

自由民主党月刊女性誌「りぶる4月号」
カテゴリー: 執筆 | コメントは受け付けていません。