『娘の忘れ形見の孫を婿が引き取りたいと・・・』

自由民主党月刊女性誌「りぶる6月号」
カテゴリー: 執筆 | コメントは受け付けていません。

今治の連続殺人事件に思うこと

この連休に起こった事件である。5月3日、愛媛県今治市の市営住宅で、高齢者親子が殺人の被害者になる。包丁で刺されて母親90歳越えは死亡、息子70歳は重傷。その語る目撃状況では、見知らぬ中年女が入ってきて、いきなり刺したのだという。包丁は現場に残し、自転車で逃走したらしい。

そのちょうど1週前の4月26日、その近くで、やはり高齢の独居女性が包丁で腹を刺されて死亡する事件があったという。手口が同じなので犯人は同一人物の可能性が高く、捜査本部が設置された。翌4日、今治署は重要参考人として1人の女性を任意で調べ、関係先を捜索した。やはり大活躍の防犯カメラが、ちょうどその時間頃、自転車に乗った女性を捉えていたらしい。

さすが手早いね、と感心する。まもなくその女性は逮捕されるだろう。いつかいつかと気になってネットを見ていたが、ニュースはない。ということは、本人は否認のままで、逮捕状を取るだけの決め手を欠くのだろう(包丁から指紋は検出されなかったという。手袋をして凶器その他に指紋を残さないのは今や普通である)。お隣韓国では検察が被疑者や参考人をよんで徹夜で調べをしているが、日本では違法である。任意でいつまでも調べられるのなら、逮捕状を執行して48時間以内に送検(検察が逮捕をする場合も手持ち時間の48時間は同じ)という厳しい身柄拘束期間の制限を容易に潜脱してしまうからである。

つまり、逮捕状を取って執行できないのであれば、遅くとも午前零時までにはいったん調べを打ち切り、犯人を帰らせないといけない。こわい。帰らせて自殺でもされたらどうなるのだ?! もちろん、外からならともかく、中に入っての監視はできない。心配は現実になった。翌朝、捜査員が迎えに行った時、彼女は自殺していたという。遺書を残して…(後に分かったところでは「私はやっていない」という遺書であったという)。

あ~あ、警察は失態だったと責められる…。案の定、失態と書いている記事もあったし、家に帰らせるなら自殺されないよう見張っておかないとといった無責任なコメントもあった(どうやって見張るの?!)。結果として非常に残念ではあったが、確実な証拠を揃えないと逮捕状を請求できない現状では(裁判所から万が一にも却下されることのないよう、有罪とほぼ同視できるほどの証拠を揃えるのが実情である)、警察としては仕方のない対応だったように思う。

私が残念だと思うのは、最初の事件時になぜこれを直ちに他殺と断定し、捜査本部を設けなかったかということである。亡くなった独居の高齢者は腹部の刺し傷だけではなく背部にも刺し傷があったという。であれば自殺ではありえないし、割腹は市井の女性が取る自殺方法ではないし(男だって、あえて割腹するのであればそれなりに威儀を正すだろう。玄関近くで格好も顧みずに割腹など考えられない)、まして被害者には自殺の動機もなかったのではなかろうか。そして、この事件で直ちに捜査本部を設けていれば、犯人も自粛して、次の犯行を止めただろうと思われるのである。それをしなかったために、犯人は気を許して次の犯行に及んだ…。

彼女が真犯人であれば、次の犯行はもう起こらないだろう。とはいえ、被疑者の自殺は捜査関係者のいちばん恐れることなのだ。逮捕後の勾留請求の要件は、①住所不定、②証拠隠滅のおそれ、③逃亡のおそれ(刑事訴訟法60条)の3つ。自殺は証拠隠滅であり、究極の逃亡である。もちろん真犯人が死んでしまえば、危険性は永遠に除去されるので、危険な者を社会から隔離することに重きを置く考え方であれば、それで何の問題もなく、かえって司法手続きに乗せる手間が省けたとするのかもしれない。

だが、日本国民が司法に対して常に求めることは「真相の究明」である。そして、真実を一番知っているのは当の本人である。いつなぜ動機を形成し、方法を考え、どういうことをしたのか。犯人死亡は防犯には万全だとしても、それによって真実究明の機会が永遠に失われることを意味する。やはり連休中に殺人(及びわいせつ目的誘拐罪だという)で再逮捕された松戸事件被疑者についても、被害児童の父親が述べるように、「やったのであれば本当のことを話してほしい」のである。遺族はもちろん、それは全国民の願うところなのである。

カテゴリー: 最近思うこと | コメントは受け付けていません。

松戸事件(千葉のベトナム女児殺害)に思うこと

大型連休である。私は暦通りに出勤しているが、明日から尾道に帰省する。一年中でいちばん心地よい季節。健康であるお蔭で、仕事も出来、遊びも出来て、幸せなことである。

毎日のようにいろいろな事件が起こり、よく似た事件もあるので、どれがどれだったか混同することが、よくある。中で突出して衝撃的だったのが、松戸事件だ。ベトナム女児9歳が3月24日、終業式への登校途上で行方不明になり、翌々日、用水路から丸裸の死体が発見された。状況からして小児性愛者による犯行であることは明白だった。

通りすがりの犯行であれば、検挙に至るのはなかなか難しいだろうと感じていたが、千葉県警も懸命に捜査に当たり、3週間後の4月14日、犯人逮捕となった。なんと、顔見知り。どころか、被害児童も通う小学校の保護者会(PTA)会長だ! 児童の見守りを担う人間がその児童を襲って殺害するとは、まったくの想定外だ。絶句。

翌日か翌々日には送検され、まもなく20日になる。毎日気にはしているが、犯人は依然黙秘を続けているという。勾留満期が来ても逮捕容疑の死体遺棄だけで起訴をするとは考えにくいので、おそらくはいったん処分保留で釈放し、殺人容疑で再逮捕すると思われる。それからさらに20日の勾留。その間に犯人が喋り、事案の真相が少しでも明らかになればと願う。

犯人割出しの決め手は、道路に設置された防犯カメラ及び最近ことに発達したDNA鑑定だった(あとドライブレコーダーも)。女児の遺体からの犯人の遺留物、また犯人の車からは女児の遺留物が検出されている。つまり、一昔前ならば、同じことをやっても捕まらなかった確率が高い事件である。この種事件に目撃者は普通いないし、被害者が死んでしまえば犯人を言い当てる者もいない。つまり顔見知りの場合、最初から口封じのために殺害するつもりだった可能性が高いのである。同じ年頃の自分の子供もいて、よくぞまあ、自らの獣欲のために、何の落ち度もない、いたいけな児童を手にかけられるものだ。鬼畜の犯行とはまさしくこのような犯行を言う。

客観的証拠は揃い、黙秘のままでも起訴はされるが、なぜ黙秘をしたままなのか。黙秘をしたままでは反省の色がないとして、裁判では悪い情状に働くだけである(でなくても良い情状など一つもないが)。実は15年前、県境をまたいだ某市で、フィリピン人ハーフの女児9歳が行方不明になったままの事件があるという(殺人事件の時効はかつて15年だったが、すでに撤廃されている)。死体が出なくては殺人事件での立件もない。立件には、犯人が遺体を遺棄した所を自白し、その自白通りに遺体が発見されることが必要だ。さすれば、それは真犯人以外にはありえない(「秘密の暴露」である)。これが彼の余罪だとすれば(他にもあるかもしれないが)、今ここで喋ることは余罪につながる。1人殺した場合は無期懲役で済むかもしれないが、2人殺せば確実に死刑である。

被害者の数で量刑を決めるのは、以前よりいかがなものかと思っている。被害者の命が犯人より軽かろうはずはない。むしろ逆である。それよりも犯行の動機、情状、社会に与えた影響、何よりも再犯可能性が大事である。異常性欲は、残念ながら、治らない。相手が大人であれば自らを防衛することも少しは出来るかもしれないが、年端のいかない子供は無防備である。知らない人にはついていかないようにと親はしつけることはできるが、知った人にもすべてついていくな(PTA会長もダメだよ)と教えることはできない。社会に与えた影響の大きさ、その卑劣さ、そして他の犯罪とは比較できない再犯可能性の高さを思うとき、松戸事件だけであっても、十分に極刑に値すると信じている。

カテゴリー: 最近思うこと | コメントは受け付けていません。

『家業の後継者を実子にすると養子の長男をどうすれば・・・』

自由民主党月刊女性誌「りぶる5月号」
カテゴリー: 執筆 | コメントは受け付けていません。

きなくさい世の中になってきました‥

4月になって、早や10日。先週入学式に出(武道館はちょうど桜が見頃だった)、今週からまた大学が始まる。

ぶっ飛んだニュース、「アメリカ、シリアの軍基地にミサイル攻撃」。トランプ大統領がこれを命じたのは、習近平国家主席との会食前。会食が終わって事を知らされた主席は、腸が煮えくり返る思いだっただろう。全世界に恥をかかされた‥この落とし前は必ずつけてやる。そう心に固く誓ったとして不思議ではない。

シリアは、アサド政権(シーア派)と反体制派(スンニ派)、これにテロ集団とされるISが互いに抗争を続けている複雑な地域である。政権を支持するロシア、中国、それにイラン(シーア派の大国)対、反体制派を支持するアメリカ、ヨーロッパ、イスラエル、サウジアラビア(スンニ派の大国)。しかし、政権側も反体制側も共にISとは敵対関係にあり、諸外国もアンチISでは一致している。政権側が化学兵器を使用したとの懸念は以前からあったようだが、オバマ大統領は口では脅しながら、実際の攻撃はしていない。トランプ大統領が今回突如として攻撃を命じたのは、政権側が化学兵器(サリン)を使用したことで、赤ちゃんまでが殺されている映像を見たからだと、国民に対して説明をしている。

だが、それは本当に、本当のことなのだろうか。イラクは化学兵器を持っている‥ブッシュ大統領発の偽情報に、日本を含む諸外国がどれほど踊らされ、苦杯を舐めたことか。アサド政権はなぜ今の時点で、反体制側に対して、明らかな条約違反である化学兵器を使用する必要があっただろうか。映像など、どうとでも作ることが出来る。本当にその赤ちゃんは、アサド政権側によるサリン使用で殺された反体制側の被害者なのか。加えて、第二次世界大戦を経て今、国家に許されている戦争は、自衛戦争又は国連決議による戦争だけである。政権が本当にサリンを使用した場合、国際法違反ではあるが、アメリカによるシリア攻撃もまた国際法違反である。アメリカの体制側への肩入れにより、シリア情勢は落ち着くどころか、更なる混沌に陥る可能性も高い。難民が溢れ上がり、ただでさえ増え続ける移民に苦しむヨーロッパの国々で、右派政権が誕生する可能性も極めて高くなってくる。世界は今、かつてないほどそれぞれに連動しているように見える。

戦争は往々にして、内なる非難を外に向けさせるために、為政者によって敢行されるものである。2度にわたる入国制限大統領令はいずれも、裁判所によって無効とされた。同様に選挙公約だったオバマケア廃止も議会で通らず、自ら取り下げた。失策続きで、100日のハネムーン期間だというのに、支持率が40%を割り込むほどの大統領にとっては、これは起死回生のヒットだったのではないか。実際、アメリカの世論は大きく支持しているという。と同時に、暴発する北朝鮮に対して、かつ北朝鮮への働きかけに弱腰の中国に対して、シリアと同じようになるよという、明らかな威嚇にもなる。

強いアメリカ、高い支持を受ける強い自分、それはどれほどか昂揚感をもたらすであろうか。味を占めた大統領は、今後第二第三のシリア攻撃はもちろん、中国の頭上を飛び越え、単独で北朝鮮攻撃に踏み切るおそれもある。米中が決定的に対立することになれば、第三次世界大戦に突入するかもしれない。それは究極のところ、恐ろしい核戦争を意味する。核のボタンはそれぞれ独裁者に握られているのだ。世界は終わってしまうのではないか。当たり前のように平和を享受してきたが、俄かに怖い現実が見えてきた。

カテゴリー: 最近思うこと | コメントは受け付けていません。