素晴らしいオリンピックでした! とくに女子バスケット銀メダル

開催に反対していた人のほうが多かったが、いざやってみると、やって良かった、感動した、の声のほうがずっと多数になった。もちろんそれは、日本選手が金27個(アメリカ中国についで3番目である)という大活躍をしてくれたことが大きかった(「参加することに意義がある」は建前であり、本心でそう思っているわけでは決してない)。コロナ禍下での延期・開催という未曾有の試練の中、無事開催そして閉会まで滞りなく完遂された大会関係者・ボランティアの方たち、そして医療関係者に心から感謝する次第である。

柔道のメダルラッシュに続いて、私の一番好きな男子体操では、内村航平の後継者になると思われる橋本大輝選手19歳が、見事個人総合金、そして種目別鉄棒金の二冠に輝いた。彼は今春日本一になったばかり。以後試合毎に長足の進歩を見せてきたのであり、たぶん1年前の開催だったならばこの結果は難しかったであろう。4人全員オリンピック初出場、平均年齢22歳に満たない若いチームが団体銀となり(金ロシアとは僅かに0.1点差)、体操日本の将来は本当に明るいと思われる。女子も村上選手が床運動銅メダルを取り、これが日本の女子体操初の個人メダルとなった。指導者はたくさんいるのだから、今後どうか女子体操にも世界レベルで活躍できる選手が続いてほしいと願っている。

実は一番感動したのは、女子バスケットボールの躍進であった。下馬評でも把握しておらず、最近バレーボールもサッカーも全く駄目なので何も期待せず、たまたまテレビをつけたら、日本対フランスの準決勝戦だったのだ。まさか、準決勝なの!? ということは準々決勝戦を勝ち上がり(この競技、男女ともそんなことは一度もない)、メダルを狙える位置にいるのだ。見ていると、日本勢は小さいながらずっと走り回って、絶妙のパスワークをし、シュートをばんばん決め、なんとフランスをリードしている!? そして勝利。決勝戦は絶対女王アメリカと対戦だ。負けても銀。でもせっかくここまで来たのだ、是非金を取ってほしい…。

そして、8日(日)午前11時半~の試合。緊張しているのか、アメリカにうまく阻まれているのか、これまでの試合と違いシュートがあまり決まらず、一時は20点以上の大差をつけられたが、なんとか持ち直して最後は15点差であった。調べてみたら、オリンピック今回で7連覇のアメリカは、リオの時の決勝戦はスペインに、ロンドンの時はフランスに、いずれも30点差をつけている。日本、大健闘である。12人の平均身長は日本176センチ、アメリカは8センチ上回る184センチ(2メートル超えもいる)。ちなみにフランスは185センチであった。

団体球技の中でも、バスケットボールはサッカーと違い、高身長が必要とされる競技である(メッシは170センチしかない)。バレーボールもネット際を考えれば条件は同じだが、直接の身体的コンタクトがない分、バスケットボールよりうんと楽なはずである。そもそもバスケットボールが19世紀後半にアメリカで生まれ、しかしバスケットが出来ない人たちが一定数いて(高齢者や体が丈夫でない人などには無理である)その人たちのためにバレーボールがやはりアメリカで考案されたと聞く。二つとも今や世界中で最も広まっている団体球技であり、オリンピックに出場するためには各地での厳しい予選を勝ち抜いてこなければならない。バレーボールは「鬼の大松監督」の下、前回東京オリンピックで「東洋の魔女」が金メダルを取ったものの、そのあとはどうも注目度に比して、あまり成績が芳しくない。そして今回、あまり注目もされていなかったと思われるバスケットボールで、「東洋の魔女」が誕生したのである!

この誕生に力があったのは、トム・ホーバス監督であろう。アメリカ出身54歳、2メートルを超える彼は、日本の実業団でバスケット選手をして日本に長く、日本女性と結婚していて日本語も堪能である。普通であればどうやって身長の高い、身体能力の高い女子をスカウトしてくるかといった視点に限られそうなのを、彼は、日本人選手が厳しい練習を厭わず、規律正しいことに目をつけ、その長所を生かしたバスケットボールを作り上げていくのだ。4年前の就任時の挨拶、「夢・目標は東京オリンピックで米国に勝って金メダルを取ること」は当時笑っていた人が多かったと思うが、彼は本当にそう考えていたのである。スピードをもって、機敏に、常に走り回る。中に入ると身長差で拒まれがちなシュートより、外からの3点シュートを多く試みる。その成功率、脅威の40%。それは毎日のタフな練習によって全員が習得したものである。

まるでその動きはなでしこの澤選手のように、全体を俯瞰する目を持っている町田瑠唯(るい)選手は、162センチしかない。ポジションはポイントガード、司令塔だ。見もせずに素早く的確にボールをパスし、受けた選手が確実にシュートする。アシスト数は毎試合二桁を超え、準決勝戦では実に18アシスト、オリンピック最多記録をマークした(最後10分はベンチにひっこんでいたので、もしコートにいればもっと多くなったと思われる)。今回ベスト5に選出(アメリカ2,フランスとベルギー各1)。アメリカのプロバスケットチームから勧誘があるらしく、日本女子ではこれまで3人の先達がいるが、どれも長くは続いていない。町田が澤のように、世界にもまれてさらに成長し、日本のレベルを引き上げてくれるのが本当に楽しみだ。感動を与えてくれた皆さんに心から感謝である。

今日から甲子園が始まった。朝は早めに家を出るからよいけれど、お昼ちょっと外に出たら、倒れそうな熱暑だった。37度。体温より遙かに高くては命に危険が及びそうだ。甲子園球児たちは大丈夫かなと思う。オリンピックもそう思ったが、夏の戸外スポーツはもう止めたほうがよいのではないだろうか。

カテゴリー: 最近思うこと | コメントは受け付けていません。

オリンピックに嵌まっています,若い力の凄いこと!!

23日夜の開会式はいい加減にしか見なかったが,24日以降はよく見ている(居間の大型薄型テレビが急にうつらなくなったので,買いに行かなくてはいけない。もう1台ありはするのだが)。

まずは柔道。48キロ級渡名喜選手は帝京大学出身だ(私はなぜだか帝京大学柔道部の部長である)。世界選手権金の逸材であり,東京オリンピックの代表になることは早くから信じていたが,若いビロイド(ウクライナ)が俄に頭角を現し(この階級では珍しい172センチの長身),彼女に負け続けていたのを,今年初めて勝ち,そして今回準決勝戦で当たり,延長の末一本勝ちを収めた。残念ながら決勝戦でコソボの選手に負けてしまったのだが,この銀メダルが日本選手初のメダルとなった。おめでとう,本当に嬉しいです。

翌25日は阿部兄妹が同日金メダルを取り,昨日26日は大野選手がリオに続く連覇を成し遂げた。勝ってあくまで冷静沈着な態度は柔道家の鑑であろう(大相撲も本来,こうでなくてはいけないのである!)実況解説の穴井隆将氏は天理大学監督で,大野の師匠に当たる。彼は世界選手権で金を取り,ロンドンオリンピック100キロ級でも金を期待されたが,2回戦敗退となったので,オリンピックへの思いはひとしおであろうと思われる。ちなみに,この時のオリンピック,日本柔道の金は57キロ級松本薫(帝京大学)のみ,男子は一つも取れず,後に井上康生が監督となって抜本的な立て直しを図った成果が,今の隆盛に繋がっている。ちなみに穴井氏の妹穴井さやかは帝京大学女子柔道部の監督だ。177センチの長身であり,168センチの私が身近で唯一,大きい!と感じる女性である(笑)。武道家でありながら字がうまく,事務能力も高くて,大変助かっている。

そしてそして…なんと言っても私が昔から一番好きな競技は,体操である。ことに男子体操。スーパースター内村がいなくなっては,たぶん日本ももう残念ながら大したことはないのだろうと思っていたのだが,なんのなんの,橋本大輝というスーパースターがいつの間にか成長していたのである。そして,日本人選手4人で,団体・個人共に予選トップの成績を収めたのである!

昨日の団体戦はロシア,中国と三つ巴で鎬を削り,はらはらどきどきしながら見ていたが,日本人選手最後の演技となった橋本の鉄棒は,内村と見紛うばかりの完成度難度の高い演技で,見ていて鳥肌が立った。見事な着地に大拍手を送る。15.1点。ロシアは最後,エースの床運動が素晴らしい出来で,日本はわずか0.1点差で及ばず2位だったが,一度は3点差に開いていたのをよくぞまあここまで詰めたものである。本当に素晴らしかった。18歳,19歳,あとの2人も24歳・25歳。全員オリンピック初出場だが,そうは全く思えないほど,ミスなく,それぞれのベストの演技をやり終えたのである。

日本の体操はずっと世界一と感じていたのだが,そうではなかった。世界一は内村個人であり,団体では2位だったのである。北京オリンピック(内村が日本人選手中最年少の19歳で個人総合銀メダルを獲得)の時1位は中国,続くロンドンオリンピックもそうだったのだ。内村が団体での金メダルをと言い続け,リオでようやく団体金を成し遂げた。今回感想を聞かれて橋本が「航平さんですら1度しか手にしていない」と言ったのはそういう意味である。今回また2位(ただし1位はロシア)。次はきっと…金が取れる。なにせ圧倒的に若いのだ。そして,内村ら指導者に恵まれ,どんどん新しい才能が育ってくる土壌が存在するのだ。

体操もフィギュアももともとはヨーロッパのものである。ところがどちらも日本と中国とロシアのお家芸となり,ヨーロッパの選手はメダル争いに滅多に出てくることはない。体格的なものなのかなんなのか。もちろん野球やテニスやサッカーに行ったほうがお金は稼げるだろうから,稼げもしない競技に興味が湧かないのかもしれないが,しかし体格的にそうした球技には向いてない人もいるはずだし,体操やフィギュアが好きな人もいるはずなのだ。それなのに,いつもいつも日本中国ロシアで上位を争い,参加こそしているが,アメリカ(女子は強いが),イギリス,ドイツ,フランスなどはその下で争って,嬉しいのかなあという感じが,失礼ながら拭えない。

あといろいろな競技で日本人選手が頑張って結果を出していて,やっぱりオリンピック,やってよかったよなあと思っている(単純な日本人の典型!?)。少なくとも選手たちはそれを目的に毎日を励んでいるのだから,貴重な機会が飛ばされることは絶対に避けてもらいたかったはずだ。始まった以上,あとは大きな事故もなく,コロナが猛威を振るうこともなく,関連の重症者死者が出ることもなく,成功裏に終えてもらえたらと切に願う次第である。政治がどうなるのか…それはその次のことである。

カテゴリー: 最近思うこと | コメントは受け付けていません。

『嫁と離婚したい息子。合意してもらえず、困っています』

自由民主党月刊女性誌「りぶる8月号」
カテゴリー: 執筆 | コメントは受け付けていません。

夏本番、オリンピックが始まります

ずいぶん長い間書いてないような気がしていたが…やっぱり、1ヶ月半の経過である。この間私は(去年と違い対面授業に戻って)週1日大学に通っていたが、明日(祝日であるが)大学に行って前期の授業内試験を実施したあと採点をすれば、前期は終る。

今や巷の話題に事欠かないワクチン接種は、居住する港区に加え、勤め先の帝京大学からも案内があったが(医学部のある大学は接種態勢が万全なのである)、家から近い接種会場にした。副反応がひどいとの話が身近にも結構あり、丸3日仕事が休めるときに接種すべきだとのアドバイスを容れて、先週末土曜午前に第1回目の接種(ファイザー)となったのだが、接種箇所が少し痛くなったくらいで済んだ。3週間後に2回目の接種予定だが、今や主流は感染力の極めて強いデルタ(インド)株であり、既成のワクチンがどこまで効くのか、これで本当に大丈夫か?と思ったりもする。ワクチン接種が行き渡って社会に集団免疫が出来れば、個々の重症化を防ぐことができ、医療崩壊が起こるのを防げるのだが、その単純な理念の割に、実施はやたら遅れている。自前のワクチンがこれまでなかった、にしても、それくらいはすぐに開発できそうなものだと思ってしまうのだが…。

オリンピックは絶対にやる!との結論先にありきで、結局無観客開催になってしまった。無観客でやるのならば、東京でやる必要はあっただろうか。放映を見るだけならば、選手たちにはどこか涼しい所でやってもらえばよかった。そもそも7~8月という、耐えがたい猛暑であることを知悉しながらオリンピックを誘致したときから、大丈夫なのか、騙したと言われて日本の評判を著しく落とすのではないか、と気になって仕方がなかった。1964年の東京オリンピックは、日本が最も過ごしやすい10月に開催された。当時は8月でもたまに30度になるくらいだったが(「今日は30度を超えました」と小学校の日記に綴っていた)、環境破壊・地球温暖化に伴って毎年恐ろしく暑くなる一方である。今や7月の梅雨明け以降35度は常温、夜も25度以下に下がらない熱帯夜が続く。世界各地からわざわざ見えられる選手団も唖然としておられるのではないだろうか。どうぞ体調を崩さず、最善の競技結果を出されて、満足して帰国の途について頂きたいと切に願うものである。

さて、菅さんの総裁任期は(前任者の残りである)9月末日までである。そしてご本人は次もやろうと決めておられるようだ。都議選に勝利して(ホップ)、オリンピックを成功させて(ステップ)、解散総選挙を打って完勝すれば(ジャンプ)、総裁選は無投票当選になると踏んでおられたようだが、その目論見はすでに外れ、ワクチン接種が順調には進まないことも手伝って、支持率もだだ下がりである。無観客なりに、始めた以上はオリンピックの成功を願ってはいるが、結果次第では、菅下ろしが活発化するのかもしれない。

10月21日には衆院任期が来るので、最も遅くても11月中には総選挙があるのだが、支持率の上昇を期待して、そちらの方向にするかもしれない。総裁選はその前にあるのだが、無投票再選はないし、前回のように事実上国会議員投票にのみ拠った簡易な総裁選をまたやるわけにもいかず、全党員・全都道府県を巻き込んだ通常の総裁選が行われると思われる。一体誰が立候補して、どんな結果になるのか。

小選挙区制度では公認は党本部が決めるようになり、注目の山口3区はじめ、公認が問題になっている選挙区がいくつもある。いずれも例外なく、二階派議員が絡んでいるのだが、そもそも派閥の長が、公党幹事長の公的な立場を兼ねるのがおかしくはないのだろうか? 万一兼ねるとすれば、派閥の長の立場は引っ込めるべきである。そういう基本が出来ていないから、無用な争いを招き、マスコミを姦しくしている。ある所では現職(自派)優先といい、またある所では、現職がいながら自派議員が公認されるべきだとする。まさにダブルスタンダード。今更ながら、どうか真っ当な自民党に戻って欲しいと心より願うものである。

カテゴリー: 最近思うこと | コメントは受け付けていません。

『知らないうちに、兄が母の預金を引き出していました』

自由民主党月刊女性誌「りぶる7月号」
カテゴリー: 執筆 | コメントは受け付けていません。