秋の気配…国葬問題,そして高槻保険金殺人容疑者自殺について思うこと

夜の寝苦しさがだいぶ軽減した。着実に秋が来ている(湿度が高くて蒸し暑くはあるけれど)と感じるこの頃である。

昨日自民党各種女性団体の理事会が党本部であり,久々永田町に行ってきた。国葬ありですかねえ,法的根拠はないでしょう? そもそもこういう形で突然亡くなることがなければ国葬にはしなかったでしょう? そうなのである。在任期間が最も長いという事実自体は変わらないが,もし普通に病気などで亡くなったとすれば,もちろん国葬という話にはならなかった。同様に在任期間が長くノーベル平和賞まで受賞した佐藤栄作氏ですら国葬にはなっていない。ひとり吉田茂氏のみで以後はないのだ。国葬は全額国費負担である。それが統一教会絡みの銃撃死故であるとすれば,その国費は被疑者及び統一教会に求償しうるのか,という理屈にもなってこよう。

岸田さんの支持率が急に,かつ大幅に落ちたのも,むべなるかな。実行力をもって(?)人の話に耳を傾けて(?)すぐに決めたのは国葬と早々の内閣改造のみ。国葬は外交に資すると考えたのだろうが,そうなのか? 葬儀を利用して海外の首脳陣と外交問題を話し合うわけにはいくまい(そもそもそんなに出席者がいるのか?)。統一教会を払拭するための内閣改造だったらしいが,改造後に閣僚たちの関わりがさらけ出されてきた。極めつきは,夏休みをきちんと取って,ゴルフや会食を続けてのコロナ感染である。自然災害が続いていることもあり,首相たるもの,遊びも休養も二の次にして視察に行けばよいのだが,国民と共にあるという姿勢がそもそも欠如しているのだろうなあ。残念。民意が離れるのはあっという間のことである。

ところで,私的に最近の一番のがっかりは,高槻の資産家女性殺害事件の被疑者が亡くなったことである。高槻の女性50代前半は一人娘で独身,一軒家に住んでいた。被疑者20代後半は関西の名門大学を卒業後保険関係の仕事に携わっていた。そこで接点が出来,彼は彼女を顧客にして総額1億5000万円の生命保険を結ばせた。受取人は母親だったが,母親が亡くなった後であろうか,受取人を自分に変更させている(書類は偽造らしい)。彼は彼女と養子縁組届を出していて(これも偽造だそうだ),姓を変えている。なぜ婚姻届ではなく養子縁組届だったのかといえば,すでに結婚していたからであろう。

養子縁組を出したり,保険の受取人を変えたり…もちろんその意図は遺産を受け取ることであり,保険金を受け取ることであり,相手が死ぬことが当然の前提となる。余命幾ばくもない女性が相手であればいざ知らず,普通の50代が死ぬのは何十年も先になるので,事故を装って殺害する予定なのである。それで,殺し屋を探しているとあちこちに声をかけていたらしい(ずいぶん頭も口も軽い男である)。それが見つからなかったからか,結局自分で変装したうえ東京の住所から新幹線に乗って被害者宅を訪れ,風呂場で殺害した。被害者が会社を無断欠勤したので,親族が訪れて発見。被害者は全裸で水に浸かっており,死因は溺死だったという。右手には結束バンドが巻かれ,殺害が強く疑われた(なぜ外さなかったのだろうか?)。不審な男が防犯カメラに映っており,何より養子縁組届が出ていては(遺産の総額1億円程度をせしめたらしい)第一容疑者に挙がるのは時間の問題であった。さすがに保険金は下りていない。

大阪府警はまずは偽造で逮捕し,別件の詐欺でも逮捕し,そして肝心の殺人容疑で逮捕したが,男は黙秘していたという。そして留置場で首つり自殺をした。自殺を匂わせるメモがあったというし,破って首を吊る布切れにしたTシャツは他の場所で保管中だったというから,警察の大失態もいいところである。捜査において,被疑者の自殺は最も避けなければならないことである。被疑者を勾留するのは「証拠隠滅」と「逃亡のおそれ」を避けるためなのに,自殺はそれだけでそのどちらをも直ちに満たしてしまう。捜査はそれなりに続けるし,送検のうえ,検察は「被疑者死亡」として不起訴裁定をするけれど,それで終わりである。被疑者が被告人として法廷に立つことは永久にないし,その口から何かが語られることもなく,事実認定もないし,判決もない。

保険金殺人は,認定されれば死刑必至ではあるが,とにかくこれで真相が藪の中になってしまった。もちろん本人が生きていても喋らなければ真相は分からないし,喋ってもそれが真相とは限らず,どころか,自己弁護の虚偽だらけのことはよくあるが,しかし被害者はいない,被疑者もいないとなれば,この先未来永劫,この事件は完全に闇に包まれたままである。全くの部外者である私ですら残念で仕方がないのだから,被害者に近しい人はどんな気持ちであるだろう。

「国民が刑事司法に「真相究明」を求めることへの一考察」なる論考を書き,このブログにもアップしたが,書いた後に閃いたことがある。そうだ,忘れていた…。「世間様」「ご先祖様」に申し訳ない,恥ずかしくないように,という日本人独特の感性があることを。これはおそらく,事件の真相究明要請に結びつくものなのであろうと。

カテゴリー: 最近思うこと   パーマリンク

コメントは受け付けていません。