ロシアとプーチン

侵攻から今日で12日が経つ。戦火のウクライナの人たちのことが、片時も頭から離れない。コロナも飛んでしまい、ニュースはそればかりを探している。ロシアは、ウクライナが中立(西側につかない)かつ非軍事化を約束しない限り停戦合意はしない、と盗っ人猛々しいことを言っているので、停戦などとうていありえない。いつまでこの戦火が続くのか…?

それでも盗人にも三分の理、というのだから、ロシア側にも少しの理はあるのだろう。と考えたら結局、ウクライナは歴史的にロシアの一部であり、そもそも独立した国家ではない、ということではないのか。ましてやロシアを裏切って西側につくなど、ありえない!! この際、徹底的に叩き潰してやる、あとはベラルーシ同様傀儡政権を作る。そういうことなのだろうが、これはプーチンの勝手な理屈であって、一分の理にもならない…。

調べていたら、新たな発見があった。ロシアの対立軸である、アメリカの問題である。プーチンが前任者のエリツインから大統領職を引き継いだのが、2000年初頭。当時のアメリカの大統領はクリントンだ。すでにソ連邦は崩壊し冷戦は終わっているのだから、NATOを拡大させる必要などなかったのに、どんどん広げて、唯一の超大国になっていくから、もと二大国の一つだったロシアは、悔しさに臍をかんでいただろう。2001年、ブッシュ(息子のほう)が大統領に就任してすぐに9.11が起こり、ブッシュは自らの人気取りもあって(投票数が裁判に持ち込まれゴアが自主的に引いたが、本当のところはゴアが勝っていたと思われる)、「テロとの戦い」に首を突っ込んでいく。

ブッシュは大学での成績は非常に悪かったらしいが、人間としてはきっといい奴で、日本の小泉首相とも仲が良く、そのために日本はそれまで中立であった中近東に、アメリカ側として首を突っ込む羽目に陥った。ブッシュは、プーチンのこともいい奴だと思い込み、地元テキサスにも招くし、ずいぶん親しく付き合っていた。そのうちに民主化も出来ると思っていたらしい(日本の某首脳もそうだが、人がいいからか?プーチンが騙すのは訳はない。プーチンは元KGBであり、スパイは本来人たらしなのである)。ブッシュの任期最後の2008年、ロシアはジョージアに侵攻したが、自らイラクに侵攻しているアメリカは介入しないことにした。

2009年、オバマ大統領誕生。2011年には泥沼化したイラクから撤退し、アメリカはもはや世界の警察ではないとの立場に転じる。2013年、シリアのアサド大統領が国民に化学兵器を使うなどの違法行為を始めた際も出て行かなかったので、プーチンは安心して中近東にも影響を及ぼし、翌2014年、ウクライナのクリミア半島を占拠・併合する。2017年トランプ大統領が誕生した際、ロシアは情報操作をしてヒラリーが当選しないよう画策をしている。トランプはプーチン信奉者であり、NATOはじめ他国との協力を嫌っていたため、都合が良かった。そして2021年バイデン大統領が誕生して、ようやくアメリカは、20年にわたったアフガニスタン戦争から撤退するのである。アメリカはその前のベトナムもそうだが、常に敗退している。占拠政策が成功した例は唯一日本なのだが、日本はもともと教育水準が高くて国民が素直、ややこしい宗教もないのだから、比較の対象にはならない。

プーチンはベレンスキー大統領がナチだとか、核兵器を製造している疑惑があるとか言い、国民を扇動している。国民は情報を遮断され、自国がウクライナの民間人に無差別攻撃を仕掛けているといったことは知らされていない。知れば、誰だって反対するだろう。無知蒙昧な民ほど統べるに容易いことはない。人は最後は民主主義を選ぶ、と先日書いたが、自由とは、規律なり責任と一体でもある。自分で考えるのが面倒だ、言われた通りにやるほうが楽でよいと考える人が多数であれば、民主主義にはなりえない。プーチンは旧ソ連への回帰を、もっと言うならば自らが帝政ロシアのツアーリ(皇帝)であることを夢想しているのであろう。

しかし、ウクライナは結構手強いし、各国からの経済制裁が思いの外強硬で、ロシア国内も大変なことになっているらしい。物資は滞るし、1ルーブルが1円にも満たない超インフレだという。多くの都市で抗議行動が起きており、その数も増えれば増えるほど警察も全員を拘束して…というわけにはいかなくなるだろう(聞くところによると、大金を払わせて釈放しているらしい)。いくら無知で従順な国民といえどもそのうちにきっと分かってくるのではないか。前世紀ではヒトラーがポーランドに侵攻した。ヒトラーがプーチンにだぶって見える。

カテゴリー: 最近思うこと   パーマリンク

コメントは受け付けていません。