とにかく皇室には失望です

どうせきっと諦めはしないのだろうと思っていたが、眞子さんの、この結婚は「生きていくために必要な選択」とのメッセージは強烈過ぎた。国民たち、あなたらに関係ないでしょ、これは私自身のこと、私がしたいようにするわよ。邪魔しないでよ。まあ、そういうことだ。しかし、生きていくために必要なことはまずはお金だし、無職の男との結婚などそもそもありえないのだが、どうやらお金など勝手に湧いてくるものと思っておられるようだ。立派な躾の賜であろう。

このブログで「眞子」と検索したら、4回も書いていた。もちろん小室との婚約騒動が起こってからのことである。普通の親ならば、普通の家庭ならば、決して認めない結婚である。これは例の、400万円の支払い云々といったレベルの話ではない。それに見える、母子ともどもに他人を利用し、徹底的にたかって恥じない姿勢、そのうえ父と祖父母は自殺していて、これは母親が追い込んだ可能性が高いのである! 結果祖父の遺産を孫は代襲相続し(代理人として、その筋の人を使ったとも言われている)、人としての情を完全に欠くが故、墓参りにも一度も行った形跡がないという。当然ながら亡父親戚とは一切の縁が切れている。

付き合う男たちに金をせびり(後妻業?)、メールで、「遺族年金が入らなくなるので私と婚約していることは秘密にしていてください」(遺族年金詐欺だろう)、「生命保険にはいくら入っていますか? (500万円とは)少ないですね。受取人は(娘さんから)私に変えてください」(それは自分が受け取れる状況にするということですね? 恐ろしすぎる)といった風に、犯罪レベルなのである。皇室の、しかも天皇の近い縁戚に、こういう母子が入ってきて、いいのですか? いいはずがないのだ。

そもそも娘の選択を尊重するとばかり、連れて来られた相手の身元も一切調べず、付き合いを認めてきたこと自体が信じられないことなのだが(自由と規律、権利と義務は表裏一体関係にあるのだが、そんなことも教えられていないのですね?)、婚約内定記者会見後に文春砲で様々なことが露わになってもなお、眞子さんは決して諦めず(本当に、親友とかいないのですねえ。真っ当な親友がいれば、こんな人止めなさいと言ってくれるはずですが)、親も止められず(真剣に止めようとしたのか?)、皇室の主要なメンバーたちもまるで我関せずのようである。ただでさえメンバーがいなくて存続の危機なのに、なぜ誰も命がけで止めないのだろうか。情けなさすぎる。

秋篠宮の会見は聞いていない。この結婚を認めることの理由として、憲法24条、つまり「婚姻は両性の合意のみに基づいて成立する」を3度も引用したと知ったときは、ただ恥ずかしかった。そんな馬鹿なことを、一体誰が教えたのか? 憲法はそもそも私人間に直接に適用されるものではない。民法や労働法などその他、下位規範である数多の法律を通して具現化されるものなのだ。憲法は為政者を縛る規範。法を作り、執行し適用する、立法・行政・司法に対する規範なのである。

まして、第1章「天皇」(1~8条)、第2章「戦争の放棄」(9条)、と来て第3章「国民の権利及び義務」(10~40条)と続く(第4章以降は国会、内閣、司法…と統治機構である)。天皇及びそれを支える皇族方には皇室典範がある。皇族に「選挙権」(15条)がありますか?「居住移転、職業選択の自由」(22条)がありますか?「納税の義務」(30条)がありますか? あるはずがない。これらはすべて「国民」(国籍法でその要件は定められる、10条)を対象とするものなのだ。憲法24条の定めにより、親である自分は結婚に反対出来ないって?! 馬鹿げている。では、子供の結婚に反対する親はすべからく憲法違反であって、それが故に子供の幸せを願う親としての責務は放棄してもなお、反対出来ないということになるのか。親に結婚を反対された子供が以後、それは憲法24条違反です!と抵抗するという、漫画のような事態が起こるのだろうか。

この秋篠宮発言に正面切って反対している人はあまりいないようで、そのことにまたびっくりする。唯一、伊吹元衆院議長が異論を唱えられたのが広く報道されたが、それは派閥(二階派)の定例会合の冒頭挨拶(たぶん)の際であった。皇室を悪く言うことはタブーなのか!? そして、そのうちに、問題の小室らもこのタブーに触れることになって、みな何も言えなくなるのだろうか。

イギリスのように直近の王位継承者だけでもたくさんいるのならば、1人や2人、脱落する人があってもいいだろう(ヘンリー王子が悪妻メーガンに引きずられて王室を離脱したが)。しかし日本の皇室は、そうでなくてもメンバーがおらず、今回の件も海外ではそちらに重点を置いて報道されているようである。故に女子にもいずれ皇位継承させねばならなくなるだろうが、皇嗣殿下に就任された秋篠宮が天皇に即位すれば、順序として(もちろん皇室典範の定め方次第だが)愛子さんより眞子・佳子さんのほうが順位が高くなるかもしれないのである。眞子天皇も圭殿下も止めてほしい、そうなるくらいなら、天皇制がなくなるほうがよほどましだとさえ思える。

カテゴリー: 最近思うこと   パーマリンク

コメントは受け付けていません。