日大アメフト事件に思うこと

もうずいぶん日にちが経ったように感じる。多くの記者の前で単独会見に応じた宮川選手は,その真摯な受け答え,逃げない態度で,日本中の共感を得た。まだ20歳(私の周りには(反則だとすぐに分かる)あんな下手なタックルをして,と非難していた変わり者が約1名いた)。

どう考えても,直ちに記者会見に応じるべきは監督なり大学側であって,学生(=顧客)を守ることこそが彼らの使命である。それを放棄し,学生を単独で会見に応じさせるなど,一体頭の回路はどうなっているのだ!? そのあとようやく会見に応じた監督とコーチの一部始終は,聞くに耐えなかった。学生が指示を取り違えたとの弁解は,客観的事実とまるで合わないし,醜い責任回避であるのが明瞭に見て取れる。もし万歩譲って事実がそうであったとしても,自らがひとり被り,一切の責任は自分にあると言い切るのが上に立つ者の流儀である。まあもちろん,そんな人たちであったならば,こうした反則行為及びその後のひどすぎる対処は起こりようがなかったのだが…。

今に至るも理事長は雲隠れしたまま,一言の発言もない。会社が不祥事を起こした際,もし当の課なり部が対応するだけで社長が表に出てこなければ,あるいは出てきてもその対応を間違えれば,その会社は潰れる。そんなことは今どこでも常識だが,この大学には組織としての危機管理能力が完全に欠如している。日本の大学で初めて危機管理学部を作ったと喧伝されていたが,今となっては悪いジョークにしか聞こえない。

日大は,今流行りの第三者委員会に事実調査を委ねることで(内田監督・井上コーチが告訴されたので,警視庁による捜査もあるが),当座の責任逃れをし,時間稼ぎを意図している。監督が大学の経営権を握っているという事態はよく分からないのだが(通常の大学ではそんなことはないはずだ),内田前監督は理事長に次ぐナンバー2の常務理事であり,田中理事長は相撲部総監督でもある。彼らが膨大な日大予算を握り人事権も握っているようでは,周りはイエスマンばかりになり,どんな不正行為もまかり通るようになっていたであろう。国からの多額の私大補助金は適正に使われていたのだろうか。私腹を肥やしていたのではないだろうか。

宮川君を含む多くの日大生,同窓生,関係者が気の毒で仕方がない。就職戦線で,日大の学歴が不利に働くことは大いに考えられる。でなくてもあちこちで,日大卒です,と胸を張って言えない事態を招いた責任をどう考えるのだろうか。いずれは日大経営陣は総取っ替えされるのだろうが,その後はどうなるだろうか。

しかし,宮川君の勇姿を見て,改めて思うことがあった。20歳の学生が「加害者」として顔と名前を出して堂々と受け答えをしたのに,なぜ,福田事務次官のセクハラ「被害者」は記者という立場でありながら,なぜ堂々と顔と名前を出して,思うところを述べないのか。アメリカで今にわかに流行になっている?セクハラ告発運動は当然ながら,実名で名乗り出ている。自らはリスクを取らない,蚊帳の外にいたまま相手を一方的に論難,告発できるというのがフェアでないことは普通の人であれば分かるはずである。女性だから保護されて当然と思うのだとしたらそれは甘えであり,そもそもが自らを男性に劣後させている証左である。女性であることを利用してネタを取るのはOK,その際卑猥なことを言われるのはNG…そんな勝手な理屈は通らない。

さて,ワイドショーを見るのは,よほど興味のある事件があった時だけだが,今は和歌山のドンファン,77歳富豪の怪死事件である。死因は覚せい剤服用による循環器不全。注射痕がないので致死量が服用されたと見るべきだ。少し前に,彼が全遺産を譲ると言っていた(遺言書はない)愛犬が急死しているが,これも覚せい剤服用だった可能性があるだろう(検視・解剖はされていない)。自死ではなく殺人だろうし,となると,その動機はもちろん金であろう。この2月に入籍していた22歳の若妻と家政婦はいずれも東京に家があり,互いに親しいらしい。死亡当日も両者家にいた。和歌山といえば,例のカレー事件だ。警察も鋭意,真実を明らかにしてほしいと切に願う。

カテゴリー: 最近思うこと   パーマリンク

コメントは受け付けていません。