暑くなってきました、まもなく6月

連休が明けて、毎日何やかややっているうちに、まもなく6月、梅雨入り間近である。気温の変動が激しく、今日は30度を越えるとか。季節の先取り?ですでに格好は夏である。

ネットでニュースを読んでいると、知らないメーカーの夏服が横に勝手に出て来て(これって、読者の興味を自動的に分析しているのですよね?)、それが結構トレンディなうえ手頃な値段なので、気に入った服のブランド名と店舗を調べて、いくつか行ってみた。いつも思うが、人間って(私って?)好きなことには、感心するほど(呆れるほど)熱心である。寸暇を惜しんで、というのはまさにこのこと。服を選ぶ一番のポイントは素材の良さである。気に入れば、即決。あっという間にいくつも買うことがあり、本当に自分でも言うのもなんだが、いい客である。夏服にお金をかけても2年もすれば駄目になるし、スーツは暑いので、手頃な価格のもので十分である。でこの夏は、お洒落なクールビズ路線で行くつもり。

さて、連休明けからこの方、フランスでは39歳の中道マカロン氏が大統領に当選。隣の韓国では革新系大統領の誕生である。イギリスではメイ首相がブレグジットの大きな権限を国民から委ねてもらうために、めったにやらない下院解散に踏み切って大勝を当て込んでいたが、なんと最近労働党が追い上げているという。コンサート会場での悲惨なテロの影響もあるのかもしれない。また、トランプ大統領絡みではもう毎日いろいろなことが起こっていて、予測の出来ない時代に入ったことは確実である。

ニュースを追いかけていると切りがないので、せっかくの大事な毎日、もっとじっくりと過ごせないものかと思うことがある。そもそも自分が落ち着いていても慌てていても世界は何も変わらないのだ。もちろんそれは自分の心持ち次第なのだろうけれど、こう世の中のテンポが速くなってくると、泰然自若でいるのはなかなかに難しい。手紙をゆっくり書くこともなくなり、ラインやメールやツイッターの時代なのである。トランプ大統領など、一方的なツイッターばかりで記者会見にすら応じない。こういうのが人類の進歩だとはとうてい思えないのだが。

私自身の最近の大きなニュースは(本当につまらなさすぎて恐縮だが)お腹周りに肉がついてきたことである。冬の間は気がつかなかった。だが、春のスーツがうん?ちょっときつい?…疑惑を決定的にしたのは、1年ぶりに穿いたジーンズだった。入らない…まさか。息を大きく吸い込んでなんとか入りはしたが、苦しい。まずい。何年もの間、体重も体型も大して変わらない、食べても飲んでも太らないと、密かに自慢にしていたのだけれど、事態は急激に変わっていたのである。

原因は分かっている。ずばり、甘い物の食べ過ぎである。日中ならまだ良いのだが、寝る前にいくら美味しいからといって、調子に乗ってチョコレート2箱とかアイスクリーム3個とか食べていたら、そりゃあ太らないほうがおかしかった。あさって、大学で年に一度の健康診断がある。体重測定も1年ぶり。見苦しい数値は避けたいので、決心して、お酒も間食もばたっと止めた(飲み会の時は飲むが、量を減らした)。そして、半月。暑い日にビールなしで大丈夫か?こりゃあ戦いだわと覚悟していたが、拍子抜けしたように、まるで飲みたいとは思わなくなっている。つまり、これって、ただの習慣だったわけだ!? ちょうどうまい具合に、グルメ熱は止んでいる。グルメかファッションかどちらかを選べと言われれば、もちろん後者である。良い体型なしに良い服を着ても映えないし、服がきついのはとにかく不快である。快適な日々を過ごすために、食の節制にこれ努めようと思っている。

カテゴリー: 最近思うこと   パーマリンク

コメントは受け付けていません。