熱いオリンピックが終わって

いやあ、こんなにオリンピックに熱中し感動したことは、かつてなかった。もしかしたら52年前の東京オリンピック以来かも。周りでも同じようなことを言っている人が多い。

金12個、銀8個、銅21個──史上最高の計41個。数だけではなく、中身が濃かった。柔道、体操、競泳、レスリング、卓球、バドミントン、シンクロ、そして何よりも男子陸上400㍍リレーでの銀! ただの1人も決勝進出した者、10秒を切る走者がいないのに、なぜ37秒台の記録が出せる!? 謎はアンダーハンドでのバトンパスにあったようだが、とにかくアメリカやカナダをも上回った。ボルトがいなければ、日本チームこそが金だったかもしれない。日本がよもやマラソン以外の陸上でこんな快挙を成し遂げられる日が来るとは思わなかった。4人の若者たちよ、万歳!

片や、ロンドンで銀だったなでしこは予選落ち、かつて日本が栄光を浴びたバレーもマラソンも低迷したままである。4年後の東京オリンピックに向けて、やるべきことはあまりに多い。イギリスはロンドンオリンピックに向けて大強化をし、今回も素晴らしい成績である。見習うところが多々あるはずだ。

それにしても(こんなことを言うと変わり身が早いと言われそうだけど)都知事が小池さんになっていて、本当に良かった。見栄えのする女性であることに加え、準備も大変なのを厭わず、着物を持っていってくれて実際に着てくれて、本当にありがとう。着方がもう一つだったのが残念ではあったけれど、場を弁えた素晴らしい着物・帯だったし、世界中が注目する最後の場面で、着物も日本も発信できたことに心よりの感謝をしたいと思っている。

カテゴリー: 最近思うこと   パーマリンク

コメントは受け付けていません。